これは悪質!呂蒙が仕掛けた性質が悪いドッキリ


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

勉強に励んで文字も読めて賢くなる呂蒙

 

元々は、無学文盲な低い身分に生まれながら、孫権(そんけん)の学問をせよの一言で発奮(はっぷん)して、文武両道の名将になった呉の大都督呂蒙(だいととくりょもう)。ついには、策謀によって三国志のレジェンド関羽(かんう)を討ち取るという大金星を挙げ、荊州南郡を呉にもたらします。しかし、この呂蒙、性格はというとかなり意地悪な性質が悪い人物だったようです。

今回は、正史三国志から呂蒙が仕掛けた性質(たち)が悪いドッキリを紹介します。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:関羽を倒したのは呂蒙ではなく于禁だった!関羽に致命傷を与えた于禁の戦略とは?

関連記事:呂蒙はどうして関羽を殺したの?最初から関羽を殺害する目的だったの?


零陵を攻めあぐむ呂蒙

洛陽城

 

建安十九年(西暦214年)益州を平定した劉備(りゅうび)は、郝普(かくふ)という人を零陵太守に任命します。ほどなく孫権(そんけん)は劉備に「益州を得たんだから荊州三郡を返せ」と言いますが、劉備は今度は涼州を取ってからと、まともに話し合いには応じませんでした。孫権は怒り、零陵(れいりょう)長沙(ちょうさ)桂陽(けいよう)に太守を派遣しますが南郡を守備する関羽に追い返されます。

劉備と孫権

 

孫権「上等だ!狼中年め、目にモノ見せてやる」

 

激怒した孫権は秘密兵器の呂蒙を出撃させ、三郡を攻め取らせようとします。呂蒙は首尾よく長沙と桂陽を落としましたが、零陵では郝普がふんばり、なかなか落ちませんでした。

孫権の後継者になりたい孫覇

 

その間に、劉備は益州から戻り、公安にやってきたので、関羽は荊州二郡を奪回すべく、益陽に駐屯する魯粛(ろしゅく)の所へ進軍してきます。

「まずい、魯粛がヒゲのやつにやられそうだ、子明援軍に行ってくれ」

 

孫権は、飛書(ひしょ)(速達)を呂蒙に送って、零陵は捨て置くように命じます。しかし、呂蒙は残念でなりません。そこで、陣内に鄧玄之(とうげんし)という郝普の知人を呼び、ひとつドッキリを仕掛けようと考えたのです。


不安を煽り郝普を降伏させる呂蒙

勉強する呂蒙

 

呂蒙は、鄧玄之に次のような嘘話を吹き込んだそうです。

 

郝子太(かくしたい)は、忠義一徹で世間に聞こえ、同時にいつもそうありたいと思っているとか誠に立派だと思うが、惜しいかな時勢を知らないようだ。

劉備はまだ漢中にあり、夏侯淵(かこうえん)に包囲され、南郡の関羽には我が殿の大軍が向かっている。

最近では、樊本(はんほん)の屯営が敗れて、これを救おうとして逆に孫規(そんき)に破られている。

君は、劉備か関羽の援軍があると信じて守っているが、とんでもない話であって、零陵を救うどころか、自分の命を守るので精一杯だ。

例えるなら、牛の(ひづめ)に生じた水たまりにいる小魚が、いつか大河に還れる日を待ちわびるようなものだ。そんな日はついに来ず、水たまりは干上がり死んでしまうのがオチだ。

よしんば、状況がどうであろうと主君の為に忠義を貫くというのなら、それもいいだろう。私も全力を尽くして君を討とう。

だが、明朝、我が精鋭が城を攻めれば、城は呆気なく落ち、見上げた忠義も水の泡になり我が身は討ち死に、百歳の老母の白髪頭にまで、逆賊として刃物が下りてしまうのだぞ?

よくよく考えよ、君は情報を遮断(しゃだん)され、ありもしない期待に縋っているだけだ」

 

華佗(華陀)と病人

 

どうやら、郝普は忠義一徹でも情報収集が出来なかったようです。本当は劉備が公安にまで迫り関羽が進撃していて、間もなく包囲が解ける事も知らず、説得に応じて城を出る事を承諾しました。

 

【赤壁を超える!魏呉の直接対決特集】
濡須口の戦い特集バナー


呂蒙は大笑い膝から崩れ落ちる郝普

赤壁の戦いで敗北する曹操

 

手筈が上手く行った事を鄧玄之が手紙で呂蒙に知らせると、呂蒙は四人の将に命じ、兵を百名ずつ伏せて郝普が城門を出たら、急いで城内に入りこれを守るように命じます。すっかり嘘を信じ込んだ郝普が城を出ると、伏せていた四将は兵士を城内に入れて、城門を閉じてしまいます。

樊城の戦い

 

変だな・・と思う郝普の前に、仕掛け人の呂蒙が登場。郝普の手を取り共に舟に乗り込みました。そして、舟が岸を離れると、呂蒙は自分の名を名乗り、やがて我慢できなくなったように、懐から飛書を取り出して郝普に渡し、大笑いして手を叩きました。何事かと思って郝普が飛書を読むと、そこには劉備が公安に迫り、関羽が魯粛と事を構えようとしているから、呂蒙に零陵を放棄して魯粛の援軍に行くように命じた事が書かれていました。

曹休

 

(だ、、、騙されたのか・・)

 

郝普は、呂蒙の嘘八百に完全に乗せられていた事実を知り、愕然として膝から崩れ落ち、地面に突っ伏して後悔しました。

やーい、やーい、引っ掛かった!ばっかでー!もう少し辛抱していれば城が守れたのによーざんねーん、おっしいなぁー

と言ったかどうか分かりませんが、呂蒙は、余りにも自分の計略がズバリ的中したので、我慢できなくなってネタばらしをしたのでしょう。


郝普は呉に降り、呂蒙は三郡を落とす

関羽と周倉05 関羽、周倉

 

知略によって荊州三郡を落とした呂蒙は、孫皎(そんこう)に後を託して益陽の魯粛を支援すべく進軍、この後に起きたのが、魯粛の単刀赴会で呉は劉備と協議し領土問題は一度は決着しました。完全にドッキリに引っ掛かった郝普は、もちろん劉備に合わせる顔もなく、仕方なく呉に仕えますが、忠義の人だけあって真面目に勤め、九卿の一つである廷尉まで昇進しています。

呂蒙

 

結果としては誰も死なないので、陰惨(いんさん)さがないのは救いですが、見せなくてもいい飛書をわざわざ郝普に見せつけて馬鹿にし、大笑いして手を叩くというのは呂蒙のガキっぽさというか、なかなかの性格の悪さを垣間見せている気がします。

 

三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

呂蒙と言うと青年期はともかく、学問をしてからは、理路整然とした大人イメージですが、やはり、ガキ大将だった昔は完全に消え去るものではなく、こうして、ふとした時に現われてしまうもののようです。

 

参考文献:正史三国志呂蒙伝

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:闇に葬られた後継者?呂蒙の後継者は陸遜ではなく朱然だった?

関連記事:呂蒙、名将になるための3ステップを公開

 

【昔の人の二次創作 民話の中の三国志】
民間伝承の三国志

 

 

関連記事

  1. 一騎当千 Animation Art Works Ⅱ 呂蒙 引用
  2. 姜維と孔明
  3. 霊感商法で信者を増やす張角
  4. 樊稠
  5. 夜の五丈原で悲しそうにしている孔明

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

    • あおい
    • 2020年 2月 25日

    学んだ知識が活かされた瞬間なのでしょうね。
    これが自信となって関羽を捕らえる事に
    繋がったのかもしれません。
    ハタから見れば悪質にも見えますが
    当人にとってポジティブな方向へと繋がったのは
    間違いないかもしれませんね(* ゚∀゚)

    ここが阿蒙から呂蒙へと進化したきっかけか!?




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

3冊同時発売




PAGE TOP