趙雲の年表を見てみると分かる!趙雲が諸葛亮に重宝された理由


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

趙雲

 

本日のテーマは、趙雲(ちょううん)の生涯を正史で追っていこう、というものです。趙雲は三国志演義では五虎将軍に任命され、関羽(かんう)張飛(ちょうひ)馬超(ばちょう)黄忠(こうちゅう)らと肩を並べて評価された名将。

趙雲と劉備が初めて出会うシーン

 

劉備(りゅうび)に長く仕え続けた忠義の将を、年表を追うように見ていくというのが今回のテーマです。では早速、まず前半生から見ていきましょう。

 

自称・皇帝
当記事は、
「趙雲 年表」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 


趙雲の前半生

公孫サンに味方をする趙雲

 

趙雲は公孫サンの配下から、青洲での袁紹(えんしょう)との戦いの際に劉備と合流してその後は劉備に付いていくことになります。この際に趙雲が公孫サンの配下から劉備の配下になった理由は、詳しく説明されてはいません。

 

阿斗を劉備まで届ける趙雲

 

なぜならこの時から次の趙雲の歴史は大きく長坂の戦いまで飛び、劉禅(りゅうぜん)甘夫人(かんふじん)の保護した、という場面まで飛びます。三国志演義では趙雲の単騎駆けが有名な長坂の戦いですが、正史三国志演義では趙雲の単騎駆けのシーンはなく、ただ保護したと記されるのみです。

 

五虎大将軍の趙雲

 

また入蜀の際には荊州に留まり、後に張飛らと一緒に入蜀、江陽攻略に参戦したと言います。ここまででも正史を見たことがないと少し驚くと思いますが、何と次は劉禅の代に続きます。その後半生をざっくりと見ていきましょう。


趙雲の後半生

曹操軍の輸送車を襲う趙雲

 

劉禅の代になってからは北伐に参戦し、曹真(そうしん
)
に敗北しました。しかし趙雲の働きにより被害は少なく抑えられたとされています。そして驚くことに、趙雲の歴史はここで終わります。

 

孫夫人と趙雲

 

実は趙雲の正史に置ける記述は、非常に少ないものなのです。三国志演義での趙雲の活躍を見ているとその簡素な記述に驚くことでしょう。ではどうしてあんなに三国志演義での活躍が描かれたのか?

 

周瑜、孔明、劉備、曹操 それぞれの列伝・正史三国志(本)

 

それは趙雲別伝にあります。


趙雲別伝と三国志演義

歴史書をつくる裴松之

 

正史三国志には、他の書物などから注釈がいくつか引かれていることがあります。そして趙雲に関しては、この他の書物、趙雲の活躍を記した趙雲別伝という書からの注釈がとても多く引かれているのです。

京劇コスチューム趙雲

 

このため注釈部分を除くととても簡素なものになるのです。とは言えこの注釈に関しては趙雲だけでなく、他の武将に関しても多く引かれていることがあるので別に趙雲だけが特別記述が少ないという訳ではありません。

劉備軍で出世する魏延と黄忠

しかし趙雲の地位ですが、劉備が蜀の地を手に入れた際にはなんと魏延(ぎえん)の漢中太守よりも下の位置であり、とても演義で五虎将軍に任命された時期と同じとは思えないほどです。その一方で趙雲は諸葛亮に良く評価されていたとも言われていますが、これについて少し考えてみました。


趙雲がどうして諸葛亮に評価されていたのか?

劉備が大好きな魏延

 

趙雲と肩を並べる武将たちを振り返ってみると、関羽や張飛は趙雲よりも長い付き合いの人物で、対する黄忠(こうちゅう)や魏延は新参でありながら蜀の地を手に入れる際に功績が大きい。

馬超の兜にフォーカス

 

馬超(ばちょう)は地方とは言え元君主……つまり評価がしにくい人たちばかりです。

不満が溜まる魏延

 

古参を評価すれば新参が重用されないと言われ、新参を評価すれば古参が重用されないと言われる。人事とはいつの世も難しいものです。そこを考えてみると、趙雲にそのしわ寄せが行ったのではないか?と思ってしまいます。

 

男気溢れる趙雲

 

そういった点から劉備がいなくなった後の難しい時期の諸葛亮にとっても、それまでの難しい人事からしても、趙雲は蜀にとってとてもありがたい存在であったのだと感じました。

 

孔明(諸葛亮)から重宝される趙雲

 

そんな趙雲だからこそ、後の世で忠義の人とされたのかもしれませんね。

 

三国志ライター センのひとりごと

三国志ライター セン

 

趙雲は忠義の人と良く言われます。趙雲の歴史を追っていくと、実際は三国志演義ほど華々しく評価されていない所から、もしかして趙雲は蜀の人事において少し割を喰っていたのでは……と思いました。

 

寿命を全うした70歳の趙雲

 

ですがそんな不満がでそうな用い方をされていたとしても、変わらない趙雲の忠義の深さは、諸葛亮にも、そして劉備にもありがたかったのではないでしょうか。だからこそ趙雲は趙雲別伝や三国志演義でしっかりとその忠義を描写されたのかもしれません。そう思うと正史の記述の少なさもその飾らない、実直な趙雲の人柄が読み取れるような気がしてきますね。

 

参考文献:蜀書趙雲伝 趙雲別伝

 

関連記事:孫軟児とはどんな人?趙雲の妻、名将を支えた奥さん

関連記事:もしも趙雲が劉備の配下じゃなかったら?if三国志を考察してみる

 

【古今東西の英雄達が愛用した武器・装備】
英雄の武器特集

 

関連記事

  1. 愛馬に乗る張遼
  2. 曹操
  3. 于禁を虐める曹丕
  4. 孔明による出師の表
  5. ヘソにろうそくを刺される董卓
  6. はじめての三国志 画像準備中

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“二宮の変

“三国志データベース"

“三国志人物事典

“はじめての三国志公式LINEアカウント"




PAGE TOP