関羽と呂布と時々赤兎!呂布と関羽はどっちが強い?


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

最後まで戦い抜く張悌(ちょうてい)兵士モブ

 

三国志には色々な人物が登場……するとなると、誰が一番強いのか?という議論が始まるのはある意味当然とも言えますね!

 

桃園三兄弟 vs 呂布の一騎打ち

 

そして「最強の武将」と言われて良く名前が挙がるのが呂布(りょふ)、それから関羽(かんう)。この二人ってどちらが強いんでしょうか?

 

呂布、黒山賊

 

三国志ファンなら気になりますよね。そこで今回は筆者なりにこの二人の「強い要素」を比較してみることにしました。

 

自称・皇帝
当記事は、
「関羽 呂布」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 


三国志演義ならば呂布に軍配が上がる?

成廉、魏越、呂布

 

いきなり三国志演義を引き合いに出しますが、三国志演義を見るとやはり呂布の強さは別格として描かれていると思います。もちろん三国志演義では関羽の凄さ、忠義心も全編を通してかなり描写されてはいますが、何よりも記憶に残るシーンとして虎牢関(ころうかん
)
の戦いが挙げられると思うのです。

呂布VS劉備三兄弟

 

三国志演義ではこの虎牢関の戦いは呂布(りょふ)の凄さ、圧倒的な敵というシーンを読者に見せつけ、認識させるというシーンでしょう。三国志演義を代表すると言ってもいい三英雄、劉備(りゅうび)関羽(かんう)張飛(ちょうひ)の三人と戦う呂布の姿、その凄まじい武勇は圧倒的な存在として読者の心に植え付けられます。

矢を当てる呂布 呂布、紀霊

 

呂布は正史三国志でも弓馬に優れる、敵なし、と言われますが、三国志演義ではそれが更に顕著になっていると思います。


正史の記述を見ていくとやはり関羽か

顔良と関羽

 

対して正史三国志を見ていくと、やはり関羽の方が上ではないか?と思わせられます。白馬(はくば)袁紹(えんしょう)軍と対峙し、顔良(がんりょう)を切り伏せるなどの働きをした関羽は曹操(そうそう)がぜひ手元に置きたいと思ったほど。

関羽に惚れる曹操

 

そして曹操が自分の下に迎えたいと思いながらも、関羽はあくまで劉備に仕え続けたこと。武勇だけでなくその忠義心も関羽は称えられている武将ですね。また正史三国志を見てみると、関羽の記述はとても多いです。

父・関羽とともに亡くなる関平

 

それだけ色々な出来事を経験した人物である、そう考えると荊州(けいしゅう)で関羽を失ったことがどれだけ痛手だったか分かるというもの。やはり関羽は蜀の中でも欠けてはいけない武将の一人だったのでしょう。


民間の人気を考えて見る

関羽の青銅像

 

さてここまでに比較してみましたが、敢えて言うなら三国志演義ならば呂布、そして正史三国志だと関羽に軍配が上がりますね。そこでもう一つ比較してみたいのが、民間での人気。この点を踏まえて考えると、関羽の圧勝とは言えないでしょうか?

 

関帝廟 関羽

 

なぜなら関羽は三国志の本場と言える中国で「神」となっている、信仰の対象となっている関羽の人気はやはり凄いものだと思います。というのも、中国では近年まで呂布は中国では「裏切り者」「自分の欲で動く」というイメージが強く、儒教思想(じゅきょうしそう)とは相容れない存在だったのですね。

 

野球をする呂布、孔明、劉備

 

しかし日本では数々の三国志を題材にした作品で新しい呂布の姿が描かれたことで、呂布の人気は結構高く、またその呂布のイメージが逆輸入される形となって現在では中国でも再評価されているそうです。しかしやはり関羽の人気の高さ、忠義心までも含めて考えると、筆者の個人的な判断では「強い」のは関羽、だと思いました。


呂布と関羽、両方に関係がある赤兎

赤兎馬

 

さて呂布と関羽ということでもう一つ気になるのが、愛馬赤兎馬(せきとば)の存在。三国志演義では呂布亡き後は関羽に譲られたとなっていますが、これについては正史ではどうなっているかは定かではありません。

 

赤兎馬と呂布

 

というのも呂布が赤兎馬にのっていたのが192年前後、関羽が死ぬのが219年。この間ずっと現役となると、約27年、乗り始めた頃には既に3歳付近とすると30歳ほどになります。3歳というのは現在の競走馬のデビューの年齢ですが、この競走馬の寿命が25年ほどだそうです。

 

関羽に見惚れる赤兎馬

 

が、三国志の時代ではまだ医療も発展しておらず、そこまで寿命が長くないとも考えられます。それを踏まえると関羽が呂布の乗っていた赤兎馬をそのまま譲り受けたとは考えにくいので、演義の創作ではないかと言えますね。

 

同年小録(書物・書類)

 

因みに北方三国志では関羽の赤兎馬は呂布の赤兎馬の子供となっていましたが、これなら年齢的にもだいたいつじつまが合うと思われます。何にせよ二大英傑に絡んだ馬、そう思うだけでロマンがあるのは否定できない。魅力のある馬ですね。

 

三国志ライター センのひとりごと

三国志ライター セン

 

今回は呂布と関羽、三国志を代表する武将である二人を比較してみましたが、調べていて分かるのは二人とも本当に強かったんだなということ。そして皮肉と言いますが、その最期には何か通じるものがあるのでは、と感じました。

 

関羽に無視される孫権

 

三国志演義を見ていると、最初は忠義、武勇、真面目さなどが目立っていた関羽が、樊城の戦いが近付いてくるとどこか傲慢さを感じさせるようになっているんですね。そういう面でも関羽と呂布の共通点、というよりも武将たちの最期に対する共通点みたいなものも見えてきて面白かったです。皆さんも関羽と呂布に限らず、色々な武将たちを比較して楽しんでみて下さいね。

 

関連記事:関羽が財神?軍神がどうして商売の神様になったのか調べてみよう

関連記事:孟達と関羽がいなくても劉封は劉備に処刑される運命だった?

 

【樊城をめぐる劉備・曹操・孫権の軍事衝突】
樊城の戦い特集

 

 

関連記事

  1. 黄月英
  2. 酔っ払う関羽
  3. 曹操と夏侯惇
  4. 関羽の呪いで殺される呂蒙
  5. 公孫サンは英雄劉備が真似した人物

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“二宮の変

“三国志データベース"

“三国志人物事典

3冊同時発売




PAGE TOP