実は赤壁の戦いで死んでいない蔡瑁、彼は三国志演義の被害者か否か


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

赤壁の戦い

 

三国志演義でも白熱の戦いを見せる赤壁(せきへき)の戦い。この戦いで周瑜(しゅうゆ)曹操(そうそう)と対決する中で、曹操の水軍の名将でもあった蔡瑁(さいぼう
)
をどうにかしようと策を巡らせます。

 

蔡瑁

 

そして仕掛けた離間の策(りかんのさく)によって蔡瑁は曹操によって処刑され、赤壁で曹操の大敗する原因の一つとなりました。さてこの蔡瑁は三国志演義の例にもれず、正史とはだいぶ命運が違っています。今回はこの違いに注目すると共に、果たして蔡瑁はよくある三国志演義の被害者か否か、を考えてみましょう。


正史における蔡瑁

魔のトリオ攻撃が劉備を追いつめる!01 蔡夫人、張允、蔡瑁

 

正史における蔡瑁は、父の代から古くから荊州(けいしゅう)にいる一族であり、勢いも盛んな人物でした。劉表(りゅうひょう)が荊州平定を行った後はその片腕として活躍することとなり、一族の家名も高まります。また蔡瑁の姉が劉表の後妻となったことも関係していたのでしょう。

 

劉琮

 

ただし姉が息子、(りゅう)ソウを産んだことによって劉表渦中に不穏さが巻き起こります。蔡瑁は姉や甥の張允(ちょういん)と画策して劉表や荊州臣民を懐柔、劉ソウを世継ぎにするべく行動を開始。劉キはその不穏さを避けて江東の太守となっていましたが、父が危篤で帰郷するも既に蔡瑁らに家中は掌握されており帰郷できず、後継ぎは劉ソウがなることなりました。


曹操に迎え入れられる

曹操に降伏する劉琮

 

それを見過ごさないのが曹操です。曹操は荊州侵攻を行い、劉ソウはすぐに降伏。蔡瑁は曹操と旧知であったために高官として迎え入れられることになります。

 

大船団を率いて呉を攻める王濬(おうしゅん)

 

元々荊州の地は蔡瑁にとって大きな地盤、しかも長江付近の土地に詳しく、水軍の諸法にも精通していた蔡瑁は魏にとって大きい戦力となりました。その後、蔡瑁は長水校尉(ちょうすいこうい)漢陽亭侯(かんようていこう)に取り立てられ、かなりの高位に就いたようです。


三国志演義の蔡瑁

魔のトリオ攻撃が劉備を追いつめる!05 蔡夫人、張允、蔡瑁、劉備

 

では三国志演義の蔡瑁を見ていきましょう。大まかな流れは正史における蔡瑁と同じですが、劉表の元に身を寄せる劉備を警戒し、暗殺を考える話が挿入されています。実際に暗殺を行うも、劉備は的蘆(てきろ)に乗っていたおかげでこの窮地を脱出しました。

 

周瑜

 

そして曹操配下に加えられるも、蔡瑁を警戒した周瑜の離間の策によってその最期を迎えます。因みに姉とその息子の劉ソウは曹操らに暗殺されているのですが、特に何もなく曹操に仕えているというちょっと疑問に思う展開が気になる所でしょうか。


一族まとめて引き立て役?

処刑を下す曹操

 

蔡瑁が謀反を疑われて曹操に処刑されてしまうのは前述した通りですが、これは赤壁で曹操が敗北してしまう大きな原因の一つとなっています。また蔡瑁の処刑を利用して、一族である蔡和と蔡中が埋伏の毒となって呉に投降……するも、周瑜と諸葛亮にあっさり見抜かれて逆に利用されるなど、これもまた曹操が敗北する原因の一端となっていますね。

三国志演義_書類

 

そんな蔡瑁ですが、三国志演義では悪役として描かれています。しかし蔡瑁は果たして悪役だったのでしょうか?

【次のページに続きます】

次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 過労死する諸葛孔明

    はじめての変

    諸葛亮の死因は過労死らしいけど、一体どんな仕事してたの?

    働きすぎの現代人特有の病ともいえる過労死。…

  2. 曹操議員

    はじめての変

    これはひどい。曹操の短歌行にパクリ疑惑が!?

    某、五輪エンブレムを始めとして、いわゆるコピー、盗作、パクリは…

  3. 親バカな諸葛孔明
  4. 曹操と黄巾賊
  5. 馬謖に魏打倒を叩き込む諸葛亮孔明
  6. 龐統

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

    • 名無しの日本人
    • 2020年 7月 24日

    蔡瑁は豪族です。この当時の豪族についてまともに理解してないようですね。
    豪族は王朝に対する忠誠心よりも何よりも、自分の蓄えを守る事を優先します。
    赤壁の戦いの時に豪族の連合体である呉で降伏派が多数だった事でも分かるでしょう。

    劉備を嫌ったのも、劉琦を追い出したのも、戦う気でいた劉琮を強引に説得して曹操に頭を下げたのも、
    全ては自分達の良い暮らしの為です。まぁ正史でまともに喋った記述すら残されてませんから妄想の余地はありますが。

    どうもこのサイトの方々は、知識が無いのに個人的感想をそれがあたかも『真実』であるかのように語っている方が多すぎますね。『はじめて』などと冠するなら、もう少しちゃんと調べた上で個人の好き嫌いによる妄想を省き、紹介した方が良いと思いますよ。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

ASMR

“近代オリンピック

PAGE TOP