許褚とはどんな人?曹操の命を2度も救った親衛隊長【年表付】

はじめての三国志_ページネーション

こちらは2ページ目になります。1ページ目から読む場合は、以下の緑ボタンからお願いします。

許褚とはどんな人?(1P目)


潼関で馬超の奇襲から曹操を救う許褚

蜀馬に乗って戦場を駆け抜ける馬超

 

西暦211年、許褚は曹操に叛いた馬超(ばちょう)韓遂(かんすい)の関中軍閥を討伐する為に潼関(どうかん)の戦いに従軍します。ここでは、曹操が黄河を北に渡って関中軍閥を叩こうとし、先に精鋭を渡河させて曹操が殿を務める事になりました。そして、全ての将兵が黄河を渡り終え残るは曹操と許褚、虎士百名あまりになった時に、最悪のタイミングで馬超の騎兵が曹操に襲い掛かったのです。

暴れる許チョ

 

雨のように降り注ぐ矢に曹操軍は大混乱しますが、許褚は冷静に曹操を僅か1隻残った舟に放り込むと自らも舟に乗り込みました。しかし、たった一隻の舟には我も我もと虎士が乗り込もうとし、その重さで沈没寸前となります。そこで許褚は鬼の形相で、舟に上ろうとする味方を斬り捨て左手で馬の鞍を掲げて曹操を矢から守りました。

 

この後、運悪く船頭まで流れ矢に当たり死亡すると、許褚は自分の身を守る事なく、左手で曹操を矢から庇い、右手で舵を切り、何とか北岸に辿り着く事に成功します。さすがの曹操も、この時ばかりは許褚がいなければもうダメだという危機一髪でした。


馬超を睨みつけビビらせる

徐晃と許チョと曹操

 

潼関の戦いは、その後膠着状態に陥り曹操は馬超や韓遂と単騎で会談する事になります。誰も供はつけない曹操ですが許褚だけは万が一の為に率いていました。

 

馬超は自身の武力と勇気を自負していたので、隙を見て曹操を刺そうと考えていましたが、かねて許褚の武勇を聞いていたので、曹操の隣にいるデカブツが、その許褚ではないかと疑いました。

馬超をフルボッコする閻行

 

そこで、「公には虎侯(ここう)なる者がいると聞くが、いずこにいます?」と聞くと曹操は顧みて許褚を指さしました。許褚は目を(いか)らせて馬超を(にら)み、その形相の凄まじさにビビった馬超は曹操に手出し出来ずに空しく引き上げたそうです。


いつも曹操ファーストな許褚

曹仁

 

許褚は戦争の時以外はボーッとした人物でしたが、性格は慎ましく礼儀正しく、素朴で寡黙な人物でした。ある時、曹操の宗族の曹仁(そうじん)が荊州から鄴までやってきて、曹操が出てくる前に許褚と宮殿の外で出会い、宮殿の中で雑談をしようとします。

 

すると許褚は「王は間もなく出御されましょう」と言うや、曹仁を置いて宮殿に戻ってしまいました。

長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市)

 

曹仁は、ボディーガード風情にバカにされたと思い誰かに恨み言を言ったようで、それを聞きつけたある人が許褚に注意します。

「曹仁将軍は、王の宗族であるのに臣下に過ぎない君に気を使い、(へりくだ)って談話しようと言ったのだぞ。それを無下に断るとは失礼ではないか?」

 

しかし、許褚は少しも顔色を変えず

「彼は王の一門で重鎮(じゅうちん)ですが、所詮は外様(とざま)です。私は内廷の臣で王に直接お仕えしている身の上で立場というものが違います。会話がしたければ集会の雑談で充分、それをわざわざ宮殿の中で私的に交流してどうするのです?」と答えました。

 

曹操は、相手が曹仁でも媚びたり忖度しない許褚の心がけを増々気に入り、中堅将軍に昇進させました。


曹操の死後、血の涙を流す許褚

許チョと曹操

 

西暦220年正月に曹操が死去すると、許褚は号泣して血を吐き悲しみを表しました。その後、後漢が滅び曹丕(そうひ)が魏の文帝として即位すると許褚は武衛将軍(ぶえいしょうぐん)万歳亭侯(ばんざいていこう)に昇進します。

 

文帝もまた許褚に近衛軍を率いさせ、近くに置いて身辺の事を任せました。許褚の没年は不明ですが、明帝が即位して牟郷侯(ぼうごうこう)に進封し食邑(しょくゆう)七百戸として1人の子に爵関内侯を賜っているので、西暦227年頃までは存命だったのでしょう。裏表がなく誠実で曹操が好きだった許褚は、最強のボディーガードとして多くの味方に慕われて天寿を全うしたのです。


許褚(きょちょ)・年表

許チョと曹操

 

・中平元年頃(西暦184年)黄巾の乱の政情不安の中で若者や一族数千家を糾合して砦を固めて自衛する

與平(よへい)元年頃(西暦194年)汝南、淮南を巡っていた曹操に帰順してボディーガードになる

・建安2年(西暦197年)張繍征伐に従軍して先鋒を務め校尉に昇進

・建安5年(西暦200年)官渡決戦に従軍。従士の徐他の一派が曹操暗殺を企ているのを察知して撃殺する。

・建安9年(西暦204年)鄴の包囲戦に従軍して功績があり、関内侯に封じられる

・建安16年(西暦211年)潼関の戦いで殿を務めていた曹操に襲い掛かった馬超の騎兵を防ぎ、曹操を無事に黄河北岸まで送り届ける

黄初(こうしょ)元年(西暦220年)万歳亭侯、武衛将軍に昇進。

大和(たいわ)元年以後(西暦227年)死去し、壮侯と諡される。

 

三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

許褚はよほど曹操が好きでウマが合ったんだろうと思います。タイプは違いますが、許褚のポジションは劉備における趙雲と同じで常に旗本として主君を守らないといけないので、手柄が立てづらく、逆に何かあれば一命を賭して主君を逃がさないといけないという重責を背負う仕事でもありました。

こんな大役は、待遇うんぬん以前に、主君に()れ抜いていないと出来る事ではありません。曹操が死んだ時、泣き明かして血を吐いた許褚は、やはり曹操が好きだったんだろうなと思います。

 

参考文献:正史三国志

 

関連記事:虎痴と呼ばれた男・許チョは本当にボーッとしていたのか?

関連記事:馬超は許チョにビビって何にもできなかった!?一騎打ちもウソ?

関連記事:「わしの樊噲じゃ」盗賊達を震え上がらせ、曹操の命を救った許褚の武勇とは?

 

覇を競う乱世に新たな秩序を打ち立てた曹操の生涯
曹操孟徳

 

 

< 1

2

関連記事

  1. 棗祇(そうし)食料・兵糧担当
  2. 魏の諸将を恐れさせた楊沛(ようはい)食料(桑の実)
  3. 曹休
  4. 曹操と郭嘉

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

“はじめての三国志公式LINEアカウント"




PAGE TOP