髀肉之嘆の由来と経緯、そして「ひにく!」


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

苦肉の策と許褚

 

故事成語(こじせいご)やことわざというものはその由来、生まれた経緯が面白く、それだけを読んでいても楽しめるのが魅力ですね。そんな故事成語はたくさんありますが、三国志の時代に生まれた故事成語もまたたくさんあります。

 

髀肉の嘆の劉備

 

今回はその中から「髀肉之嘆(ひにくのたん)」の由来や経緯をご紹介しましょう。


知っておかねばならない劉玄徳

土いじりをする劉備

 

さて髀肉之嘆の説明の前に知っておかなければならないのが劉玄徳(りゅうげんとく)、つまり劉備(りゅうび)について。

 

蜀の皇帝に即位した劉備

 

劉備は三国志を代表する英雄の一人であり、蜀の皇帝です。しかしそんな彼が成功したのは三国志もだいぶ終盤、彼自身も年を取ってしまってから。若い頃は仲間たちと各地を放浪したことも、この「髀肉之嘆」についての重要な情報の一つなのです。


髀肉之嘆が生まれるまで

宴会をして劉備をもてなす劉璋

 

その髀肉之嘆が生まれるまでの経緯、劉備の放浪歴を少し説明すると、公孫(こうそん)サン、陶謙(とうけん
)
曹操(そうそう)袁紹(えんしょう)劉表(りゅうひょう)……と、劉備は数多くの人物の元を渡り歩いています。ただしこれも仕方のないこと。

劉備を支援する麋竺

 

劉備は地方に勢力を持てるような後援者、血縁者的な後ろ盾が殆どいなかったのです。そのため劉備の前半生と言えば放浪に次ぐ放浪、実はかなりの苦労をしてきた人なのですね。


劉表の元に来て

曹操から逃げ回る劉備

 

では髀肉之嘆が生まれた経緯について、劉備は曹操に敗れて荊州(けいしゅう)の劉表の元に身を寄せました。

 

食客に成り下がる劉備

 

この時に劉表は対曹操の最前線であった新野(しんや)に劉備を置きますが、劉備としては初めて持てた(借り物に近いですが)土地、劉表はかなり劉備に良くしてくれたようで、ここで劉備は初めて日々を穏やかに過ごしていきます。

 

劉備 髀肉の嘆 ゆるキャラ

 

しかしそんなある日、トイレに行ってびっくり!もも肉がぶよんぶよん!やだ!わたしこんなに太ってたの……!?……とまあ、自分のもも肉についた贅肉に嘆いて劉表にその悩みをこぼしたのが「髀肉之嘆」の由来とされています。


皮肉……いや、髀肉之嘆とは?

劉備の黒歴史

 

ここでちょっと髀肉について説明を。脾肉というのは腿に付いた贅肉のことです。腿に贅肉が付くほど長く穏やかに過ごしてしまった、だけど自分は何も成し遂げていない、と劉備は自分の身を嘆いたことから髀肉之嘆と言われるようになりました。

 

徐庶がいなくなり寂しがる劉備

 

これが転じて「大きなチャンスに恵まれず時間がたってしまったこと」「能力のある人物が力を発揮できないままでいること」を髀肉之嘆と言うのです。

【次のページに続きます】

次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 周瑜と孫策
  2. 新解釈・三國志 三顧の礼に秒で答える孔明 孔明、劉備
  3. 三国志大学を目指す曹操
  4. 髀肉の嘆の劉備
  5. 呂蒙を慰める孫権
  6. 苦肉の策と許褚

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

“はじめての三国志公式LINEアカウント"




PAGE TOP