故事成語のお話「諸葛亮も感動した、三顧の礼」




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

曹操と荀彧の三顧の礼

 

昔、中国であった出来事から生まれた教訓、故事成語。こういった故事成語は生まれた経緯も含めて面白いものです。そこでいくつか紹介したいと思いますが、今回はその中から、三国志の中でもトップクラスの有名故事成語、三顧の礼(さんこのれい)についてご紹介していきましょう。




三顧の礼のスタート

三顧の礼 ゆるキャラ 孔明

 

三国志に出てくる故事成語の中でも一、二を争う知名度の故事成語、三顧の礼。それは三国志の英雄の一人、劉備(りゅうび)諸葛亮(しょかつりょう)の元を訪れて勧誘した時に生まれた故事成語です。

 

人質にされる徐庶の母親

 

劉備が諸葛亮の元を訪れて勧誘するまでのエピソードとして、元々劉備に仕えていた徐庶(じょしょ)が劉備の元から離れる際に諸葛亮を推薦したという話が有名ですね。この推薦を受けて劉備は諸葛亮の元を訪れることになります。

 

関連記事:徐庶はどこに消えた?影が薄い天才軍師を紹介

関連記事:【意外】徐庶と劉備はご近所さん!三国志登場人物の住所の不思議




訪問面接(?)

孔明

 

諸葛亮は当時としても有数の有能な人間でしたが、その優秀さを見抜いている人間もまた少なく、当時は誰にも仕官せず毎日を過ごしていました。

 

諸葛瑾に無茶振りを言う孫権

 

筆者はお兄ちゃんの諸葛瑾(しょかつきん)孫権(そんけん)の所で好待遇で迎えられていたので特に働かなくても何とかなったのかなーとか思っています(偏見)。そんな誰とも知れない人物であった諸葛亮の所に来たのが劉備、今で言うならそこそこ名前が知れた会社の方からごく普通の人物をスカウトに来たのですが、諸葛亮はこれを断ります。

 

関連記事:諸葛瑾はどうして弟・諸葛亮よりも影が薄いと言われるのか

関連記事:諸葛瑾はイメージに反して軍事のトップだった!?

 

何度も何度も訪れること(違います)

3000人の配下で孔明の庵を包囲する武闘派な劉備

 

しかしそれでもなおめげずに劉備は諸葛亮の所を訪れてはスカウトを繰り返しました。訪問も三回目になり、諸葛亮は劉備に仕えることにしました。ここから「三顧の礼」が生まれたのです。この事から「目上の人が目下の人に礼儀を尽くして迎えること」を三顧の礼と言います。当時の身分差や礼儀を考えるとこれは凄いことであり、そこまでして迎え入れられた諸葛亮、そしてそこまでして迎え入れた劉備も凄い人物だと思います。

 

関連記事:『新解釈・三國志』三顧の礼に秒速でOKと応える孔明は実話だった!

関連記事:【三顧の礼】Three Kingdomsの諸葛亮が一瞬で張飛のハートをキャッチ!

 

出師表にも出てくる

孔明による出師の表

 

この三顧の礼は正史三国志において、もう一度出てきます。それが諸葛亮が書いた「出師表(すいしのひょう)」です。「先帝不以臣卑鄙、猥自枉屈、三顧臣於草廬之中、諮臣以當世之事。由是感激、許先帝以驅馳」これは「先帝は私の身分が卑しいものであるにも関わらず、何度も頭を下げ、三度私の元を訪れて下さいました。

 

孔明

 

私はこれに感動して先帝にこの恩返しを致すこととしたのです」と言った感じになります。この記述から如何に諸葛亮が劉備の行動に感動していたのかが分かりますね。

 

関連記事:出師の表が広まった理由は劉禅がおバカだったから?

関連記事:劉禅を泣かせた出師の表のこぼれ話

 

【次のページに続きます】




次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 三国志大学を目指す曹操
  2. 呂蒙を慰める孫権
  3. 髀肉の嘆の劉備
  4. 苦肉の策と許褚

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“二宮の変

“三国志データベース"

“三国志人物事典

3冊同時発売




PAGE TOP