曹真の有能ポイントはどこ?「攻め」か「守り」かそれとも?


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

仕事が出来る法正に何も言えない文官たち

 

人には得意不得意があります。稀に万能の人というのも存在しますが、全ての人にそれを求めてはならず、自分の強み弱みを理解して育てていくのが重要です。

 

呉軍を撃退する曹真

 

ちょっと話がそれそうになりましたが、今回は筆者の一押し武将・曹真(そうしん)の有能さ……つまり「強み」はどこなのか、を紹介してみたいと思います。曹真のどの辺りが有能であったのか、あくまで筆者の観点で申し訳ないのですが……今回もたっぷりと語らせて頂きます。


「武勇」か?

曹休と曹丕を可愛がる曹操

 

曹真は曹丕(そうひ)らと共に曹操(そうそう)に育てられました。狩猟で馬上から虎を射たことで、曹操から直属の部隊「虎豹騎(こひょうき)」の隊長として率いさせられたことは有名です。

後ろ向きになって弓矢を放ち虎を倒す曹真 虎豹騎

 

これは曹真の武勇の有能さを表したエピソードですが、筆者は曹真の有能さは武勇だけではないと思います。このことを念頭に置きつつ、次に行きましょう。


三国志演義とは違うぜ!

バチバチやりあう孔明と曹真

 

ここで少し三国志演義の話も交えていきましょう。三国志演義の曹真は諸葛亮(しょかつりょう)司馬懿(しばい)の引き立て役であり、かなりの無能な人物として描かれています。

 

孔明の計画をぶちこわす曹真

 

しかし実際には、曹真は第一次北伐の際には趙雲(ちょううん
)
らの軍勢を撃退、天水(てんすい)三郡(さんぐん)を奪取、そして諸葛亮の再北伐を予見して陳倉(ちんそう)に軍を置いて翌年の防衛に成功するなど、諸葛亮とのやり合いに勝利しているほどです。このことから、正史の曹真は諸葛亮に肉薄(にくはく)するほどの統率力があったと言えるでしょう。


攻め手は苦手だったのか?

雨の中進軍する曹真

 

その一方で、蜀に攻め込んだ時には成果を挙げることは敵いませんでした。このことから曹真は攻め手は苦手と言われることもありますが、この時の撤退は秋の長雨によって補給が上手くいかなかったためであり、敗北したというよりは撤退、被害を甚大にする前に「上手に引いた」と言うこともできます。つまり曹真は状況を上手く見てまとめられるだけの力があったと思うのです。


鎮圧面でも

進軍する兵士b(モブ用)

 

因みに曹真は220年に起こった張進(ちょうしん)の反乱に配下を派遣して平定するなど、鎮圧の手際も中々です。これより以前にも曹操の平定(へいてい)に同行して出世するなど、手柄も挙げています。なので決して守りだけの人ではありません。

キングダムと三国志 信と曹操のはてな(疑問)

 

では曹真の強み、有能さはどこなのか?

いよいよ筆者の真意に迫って頂きましょう。

【次のページに続きます】

次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 赤壁の戦い
  2. 夏侯覇の妻は誰?
  3. 司馬懿
  4. 法正と張松
  5. 郭嘉の本
  6. 趙雲

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

“はじめての三国志公式LINEアカウント"




PAGE TOP