広告

え!張飛が主人公?三国志平話はどうやって日本に伝わってきたの?


はじめての三国志_ページネーション

こちらは2ページ目になります。1ページ目から読む場合は、以下の緑ボタンからお願いします。

三国志平話はどうやって日本に伝わった?(1P目)

 

監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



【レポート・論文で引用する場合の留意事項】 はじめての三国志レポート引用について



三国志演義までの流れ

晋蜀の産まれ 陳寿

 

ここで少し、時系列的に三国志を見ていきましょう。まず中国統一後の280年以降とされる時期に、正史「三国志」が陳寿(ちんじゅ)の手によって編纂されます。

 

歴史書をつくる裴松之

 

そして五胡十六国時代(ごこじゅうろっこくじだい
)
から南北朝時代(なんぼくちょう じだい
)
頃に裴松之(はいしょうし
)
が注釈を入れました。

 

三国志(歴史)を誇張しまくる羅貫中

 

そして(みん)の時代頃に、羅貫中によって正史三国志を元にしつつ、三国志平話を併せた「三国志演義」が生まれたのです。

 

裴松之(歴史作家)

 

このことから考えると、裴松之が注釈を入れた頃にはいくつか民間で娯楽とした三国志が生まれており、三国志平話が生まれたのだと思われます。民間娯楽とあって、親しみ深い張飛の出番が多かったのかもしれませんね。

 

関連記事:え?曹操が荀彧に三顧の礼?民間伝承の三国志が面白い!

関連記事:関羽の逸話は民間伝承の影響でキャラがブレた?死後の怨念がド迫力すぎる件

 

正史三国志寄り?三国志平話寄り?

正史三国志_書類

 

ただ三国志演義は、三国志平話の原型といいつつも、正史三国志の注釈、記述などが大量に含まれているのもポイントです。というよりも、かなり正史三国志を取り込んで書いていると言っても良いでしょう。

 

四輪車に乗る孔明

 

なので原型といっても丸々そのままではなく、かなり歴史に沿って書かれている部分が大きいですね。ここら辺のこともあって、張飛の出番ではなく諸葛亮(しょかつりょう)の出番が増えたのではないかと思います。

 

諸葛孔明を自分のもとに入れたくて堪らない劉備

 

もしかしたら時代は荒っぽいけど良いやつ系よりも、クレバー何でもできちゃう系を好んでいたのかもしれない……と妄想すると、時代の移り変わりも見えて面白いところ。とは言え三国志平話の要素は色々と三国志演義に取り入れられており、ぜひ一度は見てみて欲しい作品です。もし興味を持たれましたら、翻訳された本を一読されて見て下さいね。

 

日本への浸透

日本に目指さした孫権

 

ちょっとここで今回の小話を。歌舞伎の演目に、白波物(しらなみもの
)
、という分類があります。これは盗賊を主題にした演目であり、白波というのは盗賊のことです。

 

黄巾賊

 

そしてこちらがどこから来たかというと、黄巾賊の残党が立てこもったのが「白波谷(はくはこく)」であるとして生まれた言葉。これは「通俗三国志(つうぞくさんごくし)」という元禄初年に刊行された三国志演義の訳本から生まれました。

 

にぎわう市(楽市・楽座)

 

そう、江戸時代から既に三国志は日本に浸透していたのです。こう考えると日本での三国志人気、決して昨日今日始まったものではないんだなぁ、と、改めて思いますね。

 

関連記事:かつて日本で大流行したカリスマコメント付き三国志が存在した!

関連記事:三国志はなぜ日本で人気なの?中国人も驚く日本国民のヒーロー論に迫る

関連記事:魏志倭人伝とは何?陳寿に感謝!三国志時代の日本がわかる

 

三国志ライター センのひとりごと

三国志ライター セン

 

今回は三国志平話、三国志演義の繋がりについて拙いながらご紹介させて頂きました。序盤から飛ばしてくる三国志平話ですが、後の展開は結構するすると頭に入ってくる内容です。原型とはしても、その魅力は三国志演義のものとはまた別の魅力。三国志の世界をより深めてくれる作品です。

 

参考文献:三国志平話 立間 祥介「全相三国志平話」

 

関連記事:『三国志演義』の原典?『三国志平話』とは?

関連記事:三国志平話って何?三国志演義の元ネタ

関連記事:【三国志平話】諸葛亮が鬼謀神算じゃなくて親しみやすい

 

三国志平話

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
セン

セン

両親の持っていた横山光輝の「三国志」から三国志に興味を持ち、 そこから正史を読み漁ってその前後の年代も読むようになっていく。 中国歴史だけでなく日本史、世界史も好き。 神話も好きでインド神話とメソポタミア神話から古代シュメール人の生活にも興味が出てきた。 好きな歴史人物: 張遼、龐統、司馬徽、立花道雪、その他にもたくさん 何か一言: 歴史は食事、神話はおやつ、文字は飲み物

-三国志平話
-, ,