三洞元帥とは?諸葛亮に捧げる生贄として生まれた南蛮王・孟獲配下たち

はじめての三国志_ページネーション

こちらは2ページ目になります。1ページ目から読む場合は、以下の緑ボタンからお願いします。

三洞元帥とは?(1P目)




「この恩知らずめ!」

董荼那(南蛮族)

 

釈放され、命に情けをかけられた董荼那と阿会喃。ですが蜀軍とはまだまだ敵対、南蛮軍に返ると再び孟獲に出撃を命じられます。歯切れ悪く出撃した先で更に二人の心を攻めたのが蜀軍武将、馬岱(ばたい)の言葉。

 

「一度は捕縛され丞相によって逃がされたというのにまだ武器を向けるのか、この恩知らずめ!」

 

馬岱

 

従兄弟の馬超と同じく放浪に次ぐ放浪から蜀へと身を置いた馬岱のこの言葉、中々重い言葉です(今後を考えると特に)。その言葉にショックを受けたのか、董荼那と阿会喃はそのまま撤退をしてしまうのでした。

 

関連記事:都会っ子・馬岱を考察!最後は平北将軍にまで出世

関連記事:魏延と馬岱は被害者!横山光輝『三国志』の魏延排除計画を考察




揺れた心の先

朶思大王、孟獲

 

その後、一度諸葛亮に敗北するも釈放された孟獲。孟獲は各地の洞主たちを集めて諸葛亮に対抗しようとします。

 

孔明に惚れる阿会喃(あかいなん)

 

ここで集められた董荼那、そして阿会喃は既に諸葛亮に心を折られていたのでしょう。二人は手を組んで孟獲を捕縛、蜀軍に身柄を引き渡しました。が、孟獲は諸葛亮によって釈放されてしまいます。

 

阿会喃(あかいなん)と猛獲

 

帰ってきた孟獲が裏切り者である董荼那、阿会喃を許すはずはなく、二人は裏切り者として孟獲によって殺されてしまったのでした。

 

関連記事:七縦七擒とは何?孟獲は不死の術を使って諸葛亮と対決した?

関連記事:七縱七禽は自作自演!蜀のズッ友・孟獲は最初から諸葛亮と組んでいた




「失望しました!丞相のファン止めます!」

 

ここで少し気になるのが、董荼那、阿会喃が孟獲を裏切るかどうかは分からずとも、裏切った二人の元に孟獲を釈放すればどうなるかくらいは諸葛亮にも分かっていたはずです。

 

孔明

 

とは言えここで二人を孟獲が裏切り者として処理しても蜀軍は困らない、むしろ敵が減って、しかもこちらの手も煩わせずに良かった……と思う場面ですが、言ってしまえばこれは「見殺し」!

 

 

サラリと流されていますが、あくまで三国志演義では正義として描かれている蜀の、それも諸葛亮がやった行動としては黒すぎないでしょうか?

 

朶思大王、孔明

 

これには流石にゲンメツ!シツボウ!これは人柄に優れている魏の曹真殿のファンになるしかない!というのは冗談としても、策とは言えもう少しアフターフォローが欲しかったと思う盤面です。

 

7回捕まり孔明にボコボコにされる孟獲

 

これも戦争、まだまだ南蛮編は始まったばかりですが、それでも三洞元帥らは諸葛亮の孟獲の心を折るための(そしてついでに趙雲と魏延が暴れたかったからという理由での)犠牲にされたのではないか……と、この場を借りてツッコミさせて頂きました。

 

三国志ライター センのひとりごと

三国志ライター セン

 

三洞元帥は南蛮編での先鋒とも言える存在です。悪い言い方をすればあくまえ前座、サラリと状況の説明とこれからの説明を含ませて終わりと言った所でしょうか。

 

孔明

 

それでもこの後で「たくさん犠牲者を出しちゃった……こんなに犠牲を出したんだからもう長生きできないわ……」と嘆くならもうこのタイミングで言ってあげてよ、なんてちょっとツッコミどころが多めな南蛮編の始まりのご紹介でした。

 

参考文献:三国志演義

 

関連記事:あの諸葛亮も敬意を表した南蛮族・孟節が傑作な件

関連記事:赤兎馬(汗血馬)は西域産?それとも南蛮産?赤兎馬の産地考察

関連記事:南蛮にはどんな部族がいたの?リアルな南蛮を分かりやすく解説

 

【南蛮征伐特を思いっきり楽しむ特集】
南蛮征伐特集

 




< 1

2

関連記事

  1. 日本に目指さした孫権
  2. 荀彧に手紙を書く曹操
  3. 五斗米道(はじめての三国志)
  4. 曹操 五胡十六国
  5. 三国志ライター黒田レン

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

“はじめての三国志公式LINEアカウント"




PAGE TOP