三洞元帥とは?諸葛亮に捧げる生贄として生まれた南蛮王・孟獲配下たち




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

阿会喃(あかいなん)

 

今回は南蛮編の架空武将の一人でもある、三洞元帥(さんどうげんすい)たちについてご紹介しましょう。

 

孔明君のジャングル探検

 

彼らは諸葛亮(しょかつりょう)の南蛮平定に出てくるキャラクターの一人(三人)であり、そして(ある意味では)諸葛亮の犠牲になった一人(だから三人だって)……と筆者は考えています。そんな南蛮編の登場人物、先鋒部隊にについて、色々とお話しましょう。




三洞元帥とは?

三国志演義_書類

 

さてこれからお話する董荼那(とうとな
)
、そして阿会喃(あかいなん
)
金環三結(きんかんさんけつ
)
らは正史三国志では出てきません。あくまで三国志演義の登場人物です。

 

帯来洞主(南蛮族)

 

そんな彼らは諸葛亮の南蛮平定で登場する、ユニークな南蛮編のキャラクターたちです。

 

阿会喃(あかいなん)

 

そしてこの三名はその南蛮平定での先陣武将とも言える存在であり、諸葛亮と最初に矛を合わせるキャラクターたちでもあります。




独断による無断出撃する趙雲と魏延

挑発する諸葛亮孔明

 

では彼らについて順を追って話していきましょう。南蛮軍の先鋒相手に、諸葛亮は南蛮王・孟獲(もうかく)の心を折る作戦を考えます。そこで王平(おうへい)を始めとする諸将に攻撃を命じ、三洞元帥を生け捕るようと指令が下されました。

 

蜀の魏延

 

しかしここで不満に思ったのが趙雲(ちょううん)魏延(ぎえん)。彼らは色々な理由から先鋒を外されていたのです。しかしまだまだ働き盛りの魏延と老いて増々盛んな(?)趙雲、手柄さえ立てれば良いんだから!と何と無断で出撃してしまいます!

 

関連記事:趙雲が評価されたのは劉禅の代になってから?趙雲の評価を解説します

関連記事:趙雲が万能として劉備や諸葛亮に愛されたわけ

 

趙雲、討ち取ったり!

呉南蛮異民族をボコボコにする潘濬(はんしゅん)

 

そして敵軍に奇襲をかけた二人、歴戦の猛者相手に南蛮軍も大パニック!

 

金環三結 三洞元帥(南蛮討伐)

 

何とか体勢を立て直して応戦しようとした金環三結でしたが、一騎打ちを挑んだ相手はあの趙雲。一撃で敗北して馬から落とされ、そこでこの正式な名前なのかそれとも役職なのか良く分からない名前の金環三結は、南蛮軍初の退場となりました。

 

関連記事:金環三結とはどんな人?三洞元帥の語源は古代インド神話だった?

関連記事:【保存版】三国志演義の架空人物一覧!この人も実在しなかった!

 

一方その頃……

阿会喃(あかいなん)と孔明

 

金環三結が趙雲によって(独断)無念の退場をさせられている中、諸葛亮の命を受けた(正式)王平・張嶷(ちょう ぎょく
)
張翼(ちょう よく
)
馬忠ばちゅう
)
らも敵を生け捕りにするべく奮戦。

 

阿会喃(あかいなん)と孔明

 

董荼那、阿会喃はその場での戦死こそ免れたものの、蜀軍に捕まってしまいます。しかし諸葛亮、董荼那、阿会喃は釈放。困惑しながらも南蛮軍へと戻って行ったことでしょう。

 

関連記事:董荼那とはどんな人?諸葛亮軍と孟獲軍の板挟みで悩まされた南蛮族

関連記事:阿会喃、死んだらあかいなん!!孔明に裏切られた良い蛮族

【次のページに続きます】




次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 人材マニア 曹操
  2. 孔明
  3. 蜀の姜維
  4. 周瑜 周郎
  5. 三国志大学で勉強する公孫サン(公孫瓚)

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“古代オリンピック"

“近代オリンピック"

“いだてん"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

“はじめての三国志公式LINEアカウント"




PAGE TOP