八王の乱とは?残念すぎる三国志の真の結末であり中国史上最も醜い争い

はじめての三国志_ページネーション

こちらは2ページ目になります。1ページ目から読む場合は、以下の緑ボタンからお願いします。

八王の乱とは?(1P目)




何で八王の乱は起こったのか?

三国志を統一した司馬炎

 

こうなった一つの要因に、司馬炎の政策が失敗したことが考えられています。晋の前、魏では皇族に権力を握らせないようにした結果、有力な家臣であった司馬懿に実権を握られてしまいました。

 

悩む司馬炎

 

ということで一族を各地に置き、それぞれに一定の権力を持たせたのです。しかしそれが逆に司馬衷という権力が失われ、しかも自身でどうすることもできなくなった皇帝が生まれた際に「自分たちが奪い取れる」というような状態を作ってしまうことに繋がってしまったのです。

 

魏の皇帝になる曹丕

 

とは言え、魏も魏で漢の失敗から、晋は魏の失敗から……と繰り返しの歴史もあるので、一概に全て司馬炎の失態とも言い難いのですが……。

 

関連記事:魏王朝から禅譲後に晋の領内で進撃の○○が出現した!?

関連記事:司馬炎の皇位は「譲ってもらったもの」?中国史のフシギな言葉「禅譲」の意味を考える




八王の乱の起因:九品官人法

陳羣 九品官人法の書物

 

そしてここで悪手となったのがこの九品官人法です。九品官人法(きゅうひんかんじんほう
)
は地方でも有能な人材を選んで登用するという法でしたが、この時代には既に「有力な家の人物が選ばれる」ようになってきていました。

 

九品官人法を作った陳羣

 

このため「上品に寒門無く、下品に勢族なし」と批判され、能力ではなく生まれた家で出世が決まり、有能であっても地方で一家臣として終わるしかなかったのです……が、内乱が全てを変えます。

 

例え地方で燻っていても、その地方の王が皇帝になれば……?

 

という訳で、内乱は地方にとっては王だけのことでなく、臣下にまで影響するためむしろどんどんやってくれという状態になり、歯止めが効かなくなっていったのです。

 

関連記事:九品官人法(きゅうひんかんじんほう)は悪法?どうして曹丕は採用したの?

関連記事:試験に出ます!九品官人法(きゅうひんかんじんほう)の理想と弊害




内乱に次ぐ内乱で異民族が立ち上がる

裴潜(はいせん)に依頼する曹操

 

更に止めを刺したのが、国内で増加の一途を辿った異民族。異民族は曹操(そうそう)の時代から訪れてきており、その際は居住区などはかなり厳しく管理されてきていました。

 

宇文泰(異民族)

 

しかし異民族は年々増え続け、洛陽(らくよう)近くまで増えてきたと言います。

 

総大将になる宇文泰(異民族)

 

更に天下を統一したことで呉や蜀の土地も増え、管理もままならなかったのでしょう。そこに起こった内乱に次ぐ、内乱。異民族からすれば格好の機会であり、有力な指揮官さえいれば十分に蜂起できる……そしてそうなった時にはもう抑えるだけの力はない……正に内部から晋は崩れ落ちることとなったのです。

 

炎上する城a(モブ)

 

内乱に次ぐ内乱で一気に国が傾いた、そのきっかけ。それこそが八王の乱だったという訳です。

 

関連記事:孫権の髭はどんな髭?なんと孫権は異民族でもあった?

関連記事:鮮卑族は敵?味方?くっついたり離れたりする異民族を解説

 

三国志ライター センのひとりごと

三国志ライター セン

 

八王の乱、今回はざっくりとどんな出来事で、どんな風になってしまったのかをご紹介させて頂きました。とはいえ「八王の乱なのに八王全然出てこないじゃないか!騙されたわ!」なんて思われる方もいるでしょう。

 

八王の乱の八王についてはまたいずれ、時間をとってお話するとしましょう。

 

参考文献:晋書武帝記 恵帝記 列伝后妃上

 

関連記事:【司馬炎の晩年苦労話】子孫繁栄出来るかな?

関連記事:司馬炎の政治力が三国時代を終わらせた!晋の創始者の政治から学ぶ「妙」

関連記事:三国志後伝とはどんな内容?江戸時代にやってきたアフター三国志小説

【晋王朝のマイナー武将】
晋王朝のマイナー武将

 




< 1

2

関連記事

  1. キングダムと三国志 信と曹操のはてな(疑問)
  2. 宇文泰(異民族)
  3. 司馬越を横目に力を蓄える劉淵
  4. 曹操 五胡十六国
  5. 司馬懿
  6. 「漢」を建国宣言して勝手に独立した劉淵

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

“はじめての三国志公式LINEアカウント"




PAGE TOP