三国志後伝とはどんな内容?江戸時代にやってきたアフター三国志小説




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

孔明と劉備、関羽、張飛

 

今回は三国志後伝(さんごくしこうでん)についてお話したいと思います。三国志後伝はその文字から推測できるように、三国志の後……正しく言うならば三国志演義の後のお話です。

 

三国志(歴史)を誇張しまくる羅貫中 ver2

 

お話の完成度は三国志演義のレベルが高すぎるために比べることは難しいですが、三国志ファンから見れば色々と感慨深い内容となっています。この三国志後伝がどんなお話なのか、どのようなものなのか、今回はざっくりとご紹介しましょう。




三国志後伝(さんごくしこうでん)とは?

同年小録(書物・書類)

 

前述したように、三国志後伝は三国志演義の続きの世界を描いた小説です。作者は酉陽野史(ゆうようやし)(ゆうようやし)といい、三国志演義の世界を作り上げた羅貫中(らかんちゅう
)
とはまた別の人物です。

 

三国志演義_書類

 

その成立時期は中国における明の時代であり、三国志演義が生まれた時代と同じですね。内容からすると三国志演義が出来てから生まれたのが三国志後伝だと思われます。




後伝と演義と平話

三国志演義の作家 羅貫中

 

三国志後伝は三国志演義を書いたと言われる羅貫中が書いたものではありません。しかし、その続編と言った方が分かりやすい内容となっています。また三国志演義のように史実、民間伝承などを取り込んでいきながら、作者のオリジナリティもふんだんに溢れた内容となっているのが特徴でしょうか。

 

斉王になる司馬攸

 

また三国志平話(さんごくしへいわ)の内容も踏まえられており、こちらでは劉備(りゅうび)のひ孫が晋と戦うのですが、この影響をかなり受けている内容であり、三国志、三国志演義に出てきたキャラクターたちの孫が多く出てくるのも特徴です。

 

三国志後伝人気

周瑜、孔明、劉備、曹操 それぞれの列伝・正史三国志(本)

 

そんな三国志後伝ですが、三国志演義が大人気となった中で生まれたにもかかわらず、中国ではそこまで人気を集めることはできなかったようです。が、そんな三国志後伝は実は海を渡り、日本にやってきていました。

 

にぎわう市(楽市・楽座)

 

そして江戸時代の日本では翻訳され、「通俗続三国志(つうぞくぞくさんごくし)」「通俗続後三国志(つうぞくぞくごさんごくし)」として、そこそこの人気を得ていたようです。ここからも日本人の三国志好きが分かりますね。

【次のページに続きます】




次のページへ >

1

2>

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

“はじめての三国志公式LINEアカウント"




PAGE TOP