魏国の名将・鄧艾は吃音だった?




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

姜維と鄧艾

 

三国志における鄧艾(とうがい)と言えば、蜀国を滅ぼした将軍として知られています。数々の功績を残した鄧艾ですが、若いころはたくさんの苦労をしたのだとか。その原因の一つが「吃音(きつおん)」でした。そんな鄧艾がどうして出世することが出来たのでしょうか?




吃音とは?

袁術と孫堅

 

吃音とはしゃべる際に「瞬間あるいは一時的に無音が続く」「言葉が連続して発せられる」などの症状を言います。また、それに伴い瞬きが多くなったり、手足を振るなどの行動がみられることもあります。

 

吃音で悩まされた鄧艾(トウ艾)

 

これは吃音状態を脱するための動作が定着したものと考えられています。鄧艾は幼いころからこのような症状があったそうです。しかし、のちに名将となることが出来たのです。




幼くして父を亡くす

キングダムと三国志 信と曹操のはてな(疑問)

 

鄧艾の父はどんな人だったかはわかっておらず、鄧艾がまだ幼いころに亡くなっています。その後は母と共に貧しい暮らしを送っていたそうです。

 

曹操

 

しかし、12歳のとき曹操(そうそう)荊州(けいしゅう)を支配した際、「屯田民(とんでんみん)」として故郷から連行されてしまいます。「屯田」とは新たに開墾をさせることで、恐らく鄧艾親子は荊州の開拓のために連れて行かれたと思われます。

 

関連記事:【極悪】司馬懿はいかにして屯田制を食い物にしたのか?

関連記事:司馬懿は屯田のおかげで曹魏を乗っ取れた?理由に迫る!

 

12歳の時役人となる

 

12歳か13歳くらいのとき、鄧艾は役所に召し出され役人となります。この若さで役人に呼ばれるくらいですから、周囲では相当なうわさとなった秀才だったと考えられますね。

 

実際、郭玄信と言われる謁者(えっしゃ)(取り次役)が鄧艾と同僚の石苞(せきほう)(のちに大司馬となる)らと仕事をした際、

「あなた方はのちに九卿(きゅうけい)、宰相となるでしょう」と、言われています。

 

鄧艾が配属されたのは典農(てんのう)部民という農業関係の部署でした。

 

吃音のため周囲に評価されず

 

若くして役所に入った鄧艾でしたが、そこでも吃音に悩まされることになります。吃音の症状としてスムーズに会話ができない、という事もありどうしても周囲に煙たがれてしまったのです。

 

屯田民だった若き鄧艾(トウ艾)

 

そのため、出世コースになかなか乗ることが出来ず、貧しい暮らしをしていました。しかし役所の仕事をコツコツとこなす中で苦学をし、少しづつ昇進をしていきました。そんななかであるエピソードがあります。

 

同じ役人をしていた者の父が、鄧艾の貧しさに同情し、手厚い援助を行ったそうです。しかし、鄧艾は全くお礼を言わなかったと言います。あまり周囲に評価されていなかったため、疑心暗鬼になっていたのかもしれませんね。

 

後年、汝南太守となった鄧艾はその援助してくれた人を祭り、その妻子も優遇したと言います。きちんと恩に報いたのですね。

 

関連記事:三国時代の意識の高い役人たちが持ち歩いた七つ道具とは

関連記事:漢の時代の役人はこんなに大変!貧乏になると首って本当だったの?

 

【次のページに続きます】




次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 魏の移民政策のプロ、田豫(でんよ)
  2. 兵糧(食料)補給部隊として活躍する任峻
  3. 曹操のムスコ達アイキャッチ2

    デザイン担当:よりぶりん

    集まれ曹操の25人の息子たち・その3

    曹操の13人の妻と25人の息子たちを、一挙…

  4. 毛布に包まり崖を転げ落ちる鄧艾(トウ艾)
  5. 魏 星座大好きな幼少期の管輅
  6. 楊欣

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

3冊同時発売




PAGE TOP