関羽はどうして赤ら顔設定なの?赤ら顔になったストーリーと意味を紹介

はじめての三国志_ページネーション

こちらは2ページ目になります。1ページ目から読む場合は、以下の緑ボタンからお願いします。

関羽の赤ら顔(1P目)




中国の赤色崇拝

長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市)

 

中国では昔から赤色崇拝があり、礼記(らいき)の記述によれば古くは周王朝時代から赤は縁起がいい色として認知されていました。そもそも「赤」は人が火に近づいたという象形文字から生まれた文字で、赤色崇拝とは火を崇拝することが起源です。

 

現在でもお正月には赤い服を身につけたり、赤い色の飾りをつけるなどおめでたい色として使われています。そんな赤色は時代の変遷とともに「正義」「正統」「正直」を表すという考え方が広まっていきました。

 

関羽が赤ら顔設定になったのも「関羽=忠義」などの印象をわかりやすく体現するためだったと考えられます。

赤眉軍

 

余談ですが、「紅巾(こうきん)の乱」や「義和団(ぎわだん)の乱」などで民衆が赤色を用いたケースがありますが、これはどの家庭にもある色であり、揃えやすかったからだそうです。

 

黄巾賊を率いて暴れまわる何儀(かぎ)

 

黄巾(こうきん)の乱」では五行思想において火徳(赤色)を司る漢王朝を打倒し、次の土徳(黄色)を打ち立てるために黄色い頭巾を身につけたそうですが、一般家庭にある色ではないので、民衆の中には赤い頭巾を身に着けていた人もいたとか。

 

関連記事:なんで関羽の顔は赤いの?京劇が関係している?

関連記事:太平道はどのような思想だったの?張角が広めた太平道の思想を解説




関羽=赤色の起源

趙匡胤は北宋の初代皇帝

 

関羽=赤色というイメージがつき始めたのは北宋時代からと言われています。北宋から明代までの道教に関する情報をまとめた道法会元(どうほうかいげん)の中で、関羽が道教の守護神である四大元帥(よんだいげんすい)の一人に数えられ、その中で南門を守護している(陰陽五行説では南=赤色)ためです。

 

ただ、この四大元帥は道教の流派によってメンツが変わるので、この時点でイメージが固定化されたわけではないでしょう。

 

赤兎馬に乗った関羽に出会う周倉

 

恐らく関羽の神格化が進む中で、忠義や財神(赤は財運を表す)という印象が強くなっていったので、三国志演義で赤ら顔、赤兎馬(せきとば)という特徴で体現。演義が広く普及したことで関羽と赤色が一般化されたのではないでしょうか。

 

同年小録(書物・書類)

 

今回紹介した民間伝承は演義の普及前後に出来た話で、関羽の神格化に整合性や正統性をもたせる意味合いがあったのではないかと筆者は考えます。

 

関連記事:曹丕より陰険?兄を殺して即位した北宋の第2代皇帝太宗の事件を解説

関連記事:靖康の変とはどんな事件?北宋の哀れなる末路を分かりやすく解説




三国志ライターTKのひとりごと

TK(ライター)

 

筆者は初めて関帝廟の関羽像を見た時に「なんで顔が赤いんだろう、ちょっとダサいな」と感じました。中国では黄色=皇帝の色と考えるなど独特な価値観があるので、日常的な色彩感覚だけでは見えてこない部分も中国史にはあるように思います。

 

なので、こうした色との関連性について調べてみることもおすすめです。

 

関連記事:民話の中の三国志がカオスな件!関羽が作者羅漢中にブチ切れる

関連記事:関羽の本体はヒゲだったって本当?【三国志演義】

 

【古今東西の英雄達が愛用した武器・装備】
英雄の武器特集

 




< 1

2

関連記事

  1. 劉禅
  2. 費禕
  3. はじめての三国志 画像準備中
  4. 劉璋と劉備

    はじめての蜀

    88話:劉備を大歓迎する劉璋だが張松の失策で崩壊する

    曹操(そうそう)よりも同族の劉備(りゅうび…

  5. 董允
  6. 水牛を操る忙牙長(南蛮討伐)

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“二宮の変

“三国志データベース"

“三国志人物事典

三国志って何?




PAGE TOP