馮習とはどんな人?蜀に致命傷を与えた馬謖以上の極悪人?

はじめての三国志_ページネーション

こちらは2ページ目になります。1ページ目から読む場合は、以下の緑ボタンからお願いします。

馮習とはどんな人(1P目)




いかに総大将でも劉備の意向は無視できない

正史三国志_書類

 

季漢輔臣賛では領軍として蜀の全軍を統べる馮習の責任は大きいとしています。しかし、それでも劉備の責任よりは、総体的に非は小さいとkawausoは思います。

 

二刀流の劉備

 

いかに総大将とはいえ、劉備は陣頭指揮を執っているわけですから、馮習が自分の裁量で蜀軍を動かしたとは考えにくいのです。将軍の独立性は、君主が遠く離れた後方にいるからこそ発揮されるわけで君主である劉備が近くにいるのであれば、領軍と言えども一将軍に過ぎないでしょう。

 

敗北し倒れている兵士達b(モブ)

 

馮習としては自身の作戦もあるにはあったものの、劉備が主導する作戦を補佐するより、道は無く、いわば巻き添えを食う形で敗軍の将として認定されたと言えます。

 

敵に囲まれる馬謖

 

これは、堂々と命令違反をして街亭で敗北した馬謖と違い、馮習には弁護の余地があると言えるのではないでしょうか?

 

関連記事:馬謖とはどんな人?十万の蜀兵が泣いた街亭の敗戦の顛末【年表付】

関連記事:史実の馬謖はどんな評価されていたの?南蛮戦は全て彼の功績だった?




馮習は無能だったのか?

陸遜の火計に嵌ってしまい戦死する馮習

 

夷陵の戦いで戦死し、実力未知数な馮習ですが、無能な将軍だったのでしょうか?

 

皇帝・劉禅が住んでいる宮殿や成都を警備する伊賞

 

それを推測するには、馮習と組んで戦った呉班のその後を見てみるといいでしょう。呉班は、夷陵の敗戦を生き残り、劉禅の時代には督後部、後将軍に昇進。北伐にも参加し、魏延(ぎえん)高翔(こうしょう)と共に司馬懿(しばい)率いる魏軍を撃退する功績を挙げています。

 

馮習は、呉班と組んでいたのですから、呉班並みに能力があったと推測できます。そう考えるならば、夷陵の敗戦で生き残っていれば、呉班と車の両輪となり一定以上の活躍が出来たと考える事も出来ます。

 

関連記事:【ポスト五虎大将軍】蜀の四龍将が生きていれば蜀は魏を倒せた?

関連記事:【徹底解析】天下統一するはずだったのは蜀だった?




馮習は生き残ったとしても…

劉備とともに呉を攻めまくる馮習

 

しかし、仮に馮習が生存できても領軍という地位にあった以上、蜀政権としては皇帝劉備を非難できない分、馮習に全ての責任を被ってもらう以外にありません。

 

その場合、被害の大きさを考えると極刑も止む無しとなり、生存しても結局は命を失う結末に落ちつくかも知れませんね。夷陵の戦いで領軍を拝命した事が、馮習最大の不幸という事でしょうか?

 

関連記事:夷陵の戦いにおける劉備の大敗は避けようがなかったの?臥竜鳳雛が揃っていたら?

関連記事:【新事実】夷陵の敗戦は荊州出身者への忖度の結果だった!

 

三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

今回は夷陵の敗戦責任者、馮習について取り上げてみました。決して無能ではなさそうな馮習ですが経験不足から呉軍を侮り、また総大将でありながら君主である劉備が陣頭で指揮を執り、主体性を発揮できないなど運の悪さが目立ちます。

 

これは、こういう星の下に生まれたとしか言いようがないですね。

 

参考文献:正史三国志

 

関連記事:夷陵の戦いで敗北した劉備は呉と再戦するつもりだった?敗戦後の劉備を考察

関連記事:夷陵の戦いの功績があったにも関わらず、どうして晩年の陸遜は憤死に至ったの?

 

【孫権を支えた呉の大軍師 陸遜】
陸遜特集

 




< 1

2

関連記事

  1. 糜芳
  2. 蜀の劉備
  3. 項羽
  4. 諸葛均 孔明の弟 ゆるキャラ
  5. 劉備主役
  6. 龐統

    デザイン担当:よりぶりん

    84話:龐統登場と同時に左遷(笑)

    劉備(りゅうび)が荊州を手中に収めた頃、…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

3冊同時発売




PAGE TOP