古の軍師、張良に陳寿と裴松之もぞっこんほれ込む?

はじめての三国志_ページネーション

こちらは2ページ目になります。1ページ目から読む場合は、以下の緑ボタンからお願いします。

古の軍師 張良(1P目)




曹操の「子房」

荀彧

 

さてそんな張良、三国時代にもまだまだ影響してきます。曹操には数々の部下がいましたが、その中でもひと際輝く、荀彧(じゅんいく)という存在があります。荀彧は曹操を良く補佐し、戦争時、平時の政治において、良く助けました。

 

荀彧

 

そんな彼は王を(たす)ける才能の持ち主ということで「王佐(おうさ)の才」と呼ばれましたが、彼の主である曹操は荀彧のことを「我が子房」とも称しました。もちろんこの子房とは、劉邦の呼んだ子房、張良のことです。

 

鬱になる荀彧

 

後々に荀彧は曹操から用済みとされて服毒死したとも言われ、その最期は張良とは違ったものではありますが、荀彧は間違いなく、子房と称される人物であったのです。

 

関連記事:荀彧のここが「イケメン」すぎる3選!本当に荀彧はイケメンだった?

関連記事:荀彧は後漢グルーブor曹魏グルーブどっちなの?




裴松之先生「誠に遺憾」

主観が入りまくりな裴松之

 

さてそんな荀彧ですが、魏書においては荀彧荀攸(じゅんゆう)()ク伝ということで、荀攸、賈クと一緒にまとめられています。これに怒りに怒っているのが賈ク嫌いで有名な裴松之(はいしょうし)先生、「賈クを荀彧、荀攸と並べるな!(意訳)」と鼻息荒く批判しています。

 

陳平と劉邦

 

ただこの荀彧、荀攸賈ク伝では最後に評として、「荀彧は王佐の才を持っていた」「荀攸と賈クはその策は無駄がなく、張良、陳平(ちんぺい)のようである」となっており、荀攸と賈クはその策略を張良と、そして曹操に「我が子房(張良)」と呼ばれた荀彧も並べてのことと思われます。

 

正史三国志を執筆する陳寿

 

そう考えてみるとこの巻のテーマは「張良」なのです。陳寿先生もやはり良くまとめているなぁ、なんて思ったとある日の午後でした。

 

関連記事:陳寿はやはり諸葛亮びいきだった!その証拠を発見

関連記事:情熱たっぷり?裴松之の注は好き嫌いが良く出ている(笑)




三国志ライター センのひとりごと

三国志ライター セン

 

今回はちょっと古の軍師張良、そして荀彧について、その荀彧がまとめられている伝についてお話してみました。漢王朝は一度滅んで復興し、そして三国時代に完全に滅ぶのですが、その漢王朝を作り上げた英雄たちの存在は感じることができます。

 

センさんが三国志沼にドボン a

 

時を超える英雄たち、それは三国時代にもまた言えること。こういうことを見つける度にますます三国志沼にハマり込んでいく筆者なのでした……どぼん!

 

参考文献:魏書「荀彧荀攸賈ク伝」 史記卷五十五 留侯世家

 

関連記事:嬴政の死因を探ってみよう!天才軍師張良は暗殺失敗ではない?

関連記事:漢帝国樹立に尽くした名軍師・張良は仙人になるために◯◯を取り入れていた!

 

【劉邦 vs 項羽】
楚漢戦争

 




< 1

2

関連記事

  1. 韓信vs孔明
  2. 張良と劉邦
  3. 項羽
  4. 広武山決戦時の劉邦
  5. 韓信と劉邦
  6. 陰麗華(女性)

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“二宮の変

“三国志データベース"

“三国志人物事典

“はじめての三国志公式LINEアカウント"




PAGE TOP