劉さんぽ!中国大陸を歩き続けた劉備の足取り




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

土いじりをする劉備

 

三国志の英雄劉備(りゅうび)、そのイメージと言えば貧しい境遇から人間的な魅力を武器に人望を集め、遂には諸葛孔明(しょかつこうめい)を配下に加えて蜀の皇帝に昇り詰めるサクセスストーリーが浮かびます。

 

劉備とともに呉を攻めまくる馮習

 

しかし、劉備には隠されたイメージとして中国大陸を歩き続けた劉さんぽの一面があるのはご存知でしょうか?

今回は正史三国志から、劉備の歩いた中国大陸を追体験してみましょう。




ズバリ!劉備の生涯の足取り

 

最初に劉備が生涯にどれほど移動したかを大雑把ですが地図にしました。ルートは無茶苦茶ですが、移動した土地を単純に線引きしてみると劉備が広範囲を歩き回っている事が分かりますね。劉備の移動距離は冒険家並みと言っていいでしょう。




最初の移動 洛陽に近い緱氏

長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市)

 

劉備の最初の大規模な移動は15歳の頃、幽州涿郡涿県(ゆうしゅうたくぐんたくけん)の故郷から盧植(ろしょく)の私塾があった洛陽に近い緱氏(こうし)に住み込んだ時でした。しかし、当時は党錮(とうこ)(きん)がまだまだ厳しく劉備のような豪族が出世する道は閉ざされています。

 

酔いつぶれる劉備玄徳

 

そんなわけで、劉備は半年程度しか私塾に在籍しておらず、勉強には身を入れないでドッグレースや乗馬、音楽を楽しみ着飾って過ごすボンクラ学生になりました。ただ、ここである程度の人脈を築いた事が、その後のコネ人生に大きく影響します。

 

関連記事:劉備の師匠・盧植はなぜ知識人から人気があったの?

関連記事:劉備が勉強しなかったのは理由があった!

 

黄巾討伐・公孫瓚部将時代

公孫瓚と劉備

 

その後、涿郡に戻った劉備は馬商人の張世平(ちょうせいへい)蘇双(そそう)の資金援助を受け、関羽(かんう)張飛(ちょうひ)を配下にして黄巾(こうきん)討伐の義兵を挙げ、校尉鄒靖(すうせい)に従い手柄を立て、冀州中山郡(きしゅうちゅうざんぐん)安喜県尉(あんきけんい)に任命されます。

 

劉備の黒歴史

 

しかし、そこで督郵(とくゆう)がやってきてリストラに遭遇し逆上して督郵を杖打ち逃走。この後、都尉毌丘毅(かんきゅうけん)に従い、徐州(じょしゅう)下邳(かひ)で力戦して手柄を立て青州北海国、下密県で丞に任命されました。

 

劉備と公孫瓚

 

劉備は、ここもすぐに辞めて青州平原郡(せいしゅうへいげんぐん)の高唐県尉、そして高唐令になります。ところがここでは、黄巾賊に城を破られ公孫瓚(こうそんさん)を頼り逃走しました。

 

お互いに歌を交わす趙雲と劉備

 

公孫?は劉備の能力を評価し、別部司馬(べつぶしば)に任命され、青州刺史田楷(でんかい)と共に、冀州牧(きしゅうぼく)袁紹(えんしょう)を防ぎます。この頃に劉備は趙雲(ちょううん)と出会い、しばしば戦功を立てて平原令を任され後に平原相を兼ねました。

 

劉備の黒歴史

 

僅かな期間の間に劉備は冀州、徐州、青州を往復しています。劉備の生涯でも目まぐるしく忙しい時代だった事でしょう。

 

関連記事:【意外な事実】公孫サンは英雄劉備が真似した人物だった!

関連記事:趙雲は孔明のようなアドバイスを劉備にしていた?実は軍師タイプだった?

 

【蜀のマイナー武将列伝】
蜀のマイナー武将列伝

 

徐州牧時代

 

袁紹が公孫瓚を攻めると、劉備は田楷と東のかた斉に駐屯します。次に曹操が徐州を征伐すると、徐州牧陶謙(とうけん)が田楷に救援を求め、劉備は田楷と徐州に出向いて曹操を追い払いました。

 

三国志の主人公の劉備

 

陶謙は劉備を見込んで丹陽兵4000人を預けると共に劉備を豫洲刺史(よしゅうしし)として上表し徐州牧を任せ、劉備は下邳に入りました。その後、劉備は転がり込んできた呂布(りょふ)を保護。

 

呂布

 

ところが袁術(えんじゅつ)と小競り合いをしている間に呂布に下邳を奪われます。

 

劉備と呂布

 

劉備は海西に進駐して呂布に和を請い、豫洲の小沛(しょうはい)に入りました。この後、劉備は恐らくキャッシュディスペンサーの麋竺(びじく)の援助で、再び万人の兵力を集め落ちぶれてスマン状態で、徐州と揚州の間を盗賊して回っていた楊奉(ようほう)韓暹(かんせん)を撃破して捕らえ斬首します。

 

方天画戟を持つ呂布

 

ところが、呂布は劉備の強さに脅威を抱き小沛の劉備を攻撃して撃破しました。

 

曹操と呂布と劉備

 

劉備は、司隷(しれい)の曹操を頼って許県に落ち延びます。この頃の劉備も、青洲、徐州、豫洲をひっきりなしに往来しています。

 

関連記事:劉備の統率力は高い?低い?色々な戦いから劉備の能力を推察してみよう

関連記事:呂布の凄さをいろんな角度から考察!彼が「やらかした」その時歴史が動いた!

 

曹操の居候時代から反逆失敗時代

袁術に助けを求める呂布

 

次に劉備は、袁術が袁紹を頼るのを阻止するように曹操に命じられ、朱霊(しゅれい)路招(ろしょう)を率いて揚州の寿春に袁術攻撃に向かいますが、その前に袁術は「ハニーウォータープリーズ!」と絶叫し病死していました。

 

劉備と曹操

 

袁術を討伐する前、劉備は、董承(とうしょう)の曹操暗殺計画に一枚噛んでいて、それがバレるのを恐れていたのでこのまま許には帰らず、

 

テレビを見る朱霊

 

朱霊や路招のみを帰すと曹操の軍勢を率いて、徐州の下邳に急行し、徐州刺史の車冑(しゃちゅう)を殺害。実力で徐州牧に返り咲き、関羽を下邳に駐屯させると自分は小沛に駐屯しました。

 

関羽が大好きすぎる曹操

 

これを怒った曹操が、下邳と小沛を攻めると関羽は敗北して曹操に捕らえられ、劉備は青州に敗走します。

 

ブチ切れる曹操

 

その後、劉備は平原に赴き、袁紹の客将として曹操と天下分け目の戦いをする事になります。この時代の劉備は揚州、徐州、青州と、またもや三州をまたに掛けています。きっと引っ越ししても、次の引っ越しに備え荷物の紐は解かなかったでしょう。

 

関連記事:ええっ!曹操と劉備は元々は仲が良かったって本当?

関連記事:曹操と劉備はどうしてライバル扱いなの?【三国志の素朴な疑問】

【次のページに続きます】




次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 李意其(りいき)
  2. はじめてのプロ野球 関羽
  3. 法正
  4. 劉備主役
  5. 戦う金環三結 三洞元帥(南蛮討伐)
  6. 孟節(南蛮討伐)

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

“はじめての三国志公式LINEアカウント"




PAGE TOP