司馬懿の息子は司馬師・司馬昭以外どうして変人・悪人バカだらけなの?




最強バカ簒奪者、司馬倫

司馬倫

 

司馬倫は司馬懿の9男にして末っ子で母は柏夫人でした。

 

分不相応な出世を望む司馬倫

 

西暦265年に甥の司馬炎が西晋を建国すると琅邪王に封じられます。しかし、司馬倫は正真正銘のDQNであり、学問しなかったので書物も読めず国政を取り仕切る能力が著しく欠けていました。それ以前にモラルがなく、皇帝司馬炎の衣服を盗もうとして発覚し、司馬炎の温情で見逃されたりしています。

 

司馬炎の革衣を盗ませようとした司馬倫

 

294年には関中の守備を命じられますが、刑罰が不公平で氐、羌、匈奴の反乱を招きます。司馬倫は討伐に向かいますがアホなので軍備も整えられずクビになり司馬肜と交替。

 

軍事の才能ありと勘違いする司馬倫

 

DQN(ドキュン)司馬倫ですが、側近孫秀(そんしゅう)の助言は素直に聞き、皇后賈南風に取り入り賈南風が英明な皇太子司馬遹(しばいつ)を排除しようと企むのを聞き、賈南風を唆して司馬遹を殺害させます。

 

毒酒を飲み自害させられた賈南風

 

その後、司馬倫は挙兵し賈南風一派を皇太子殺しの罪で排除する事に成功しました。

 

司馬顒と組み、司馬冏討伐に乗り出す司馬穎

 

司馬倫の独裁に対し、司馬氏の強力な諸侯王、斉王司馬冏、成都王司馬穎(しばえい)、河間王司馬顒(しばぎょう)の三王が挙兵。孫秀と司馬倫は兵を出してこれを何とか阻止します。中央権力を掌握した司馬倫に淮南王司馬允(わいなんおうしばいん)が蜂起しますが司馬倫は鎮圧。これを契機に自分に敵対する勢力を冤罪で皆殺しにしました。

 

クーデターを起こす司馬倫

 

司馬倫は、301年恵帝から帝位を奪って皇帝を僭称(せんしょう)しますが、あまりの暴政に左衛将軍王輿と尚書広陵公司馬漼(こうりょうこう・しばさい)は司馬倫排斥を目論み700人余りの兵を率いて宮中に入り孫秀等側近を殺害。司馬倫を捕らえ金屑酒を飲ませて自殺させました。

 

クーデター成功後に今度は司馬倫討伐に参加する司馬穎

 

司馬倫は最後まで自分の非を認めず、孫秀が朕を誤らせたと言い続けていたそうです。

 

関連記事:匈奴の劉淵とは何者か?晋朝からの自立を宣言した漢

関連記事賈南風(かなんぷう)とはどんな人?司馬衷の妃となって晋王朝を滅亡の淵に叩き込んだ悪女




奇行のお陰で天寿を全う司馬榦

曹丕に結婚を妨害された丁儀

 

司馬榦は司馬懿の7男で生母は張春華、司馬師、司馬昭の同母弟です。

 

西暦265年に甥の司馬炎が晋を建国すると平原王となりますが、司馬榦は性格が純粋にすぎて精神に障害があるとの事で地方に行かずに特例で洛陽に留まります。その後も司馬榦は順調に昇進して序列は三公に次ぎますが、司馬榦は自ら政務を執る事はなく、ただ有為の人材を抜擢していました。

 

長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市)

 

司馬榦は、精神性と考えられる奇行が多く、爵位や俸禄はゴミのような扱いで、秩禄や布帛は庭に山積みにして腐らせ人が来てもなかなか合おうとしません。また、愛妾(あいしょう)が死ぬと棺に入れるものの釘は打たず、まるで生きているかのようにウヒョし、遺体が腐敗しはじめると初めて葬りました。

 

今で言うネクロフィリアですが、他人との対応は穏やかで、まるで落ち度がなかったそうです。司馬氏が八王の乱で衰弱すると世捨て人のようになり、屋敷に閉じこもり権力者とは誰とも会わなくなりました。

 

世人は司馬榦がオカしくなったとして憐れんだので、洛陽で目まぐるしく政権が動いても司馬榦を害するものは出現しませんでした。その事もあり西暦311年、80歳まで長生きし天寿を全うしています。

 

司馬榦は無能ではないものの精神疾患から、晋の時代にはほとんど活躍する事が出来ませんでした。

 

関連記事:八王の乱とは?残念すぎる三国志の真の結末であり中国史上最も醜い争い

関連記事:【西晋の内乱】八王の乱・前編 司馬炎の一族と悪女賈南風の死因




司馬懿の息子ワーストは?

司馬師と司馬懿は晋建国の功労者

 

まとめてみると司馬懿と張春華の間に生まれた。司馬師、司馬昭、司馬榦は少なくとも無能ではないと言えます。

 

実権を握る司馬亮

 

一方で、司馬懿と伏夫人の間に生まれた。司馬亮、司馬伷、司馬京、司馬駿は人柄は良かったものの無能か、早死にで晋王朝の安定には、あまり貢献していないでしょう。

 

魏晋世語(書類)

 

司馬懿と張夫人との間に生まれた司馬肜は、史書に無能と書かれる人物であり、清廉で公平というのも気に入らない部下を戦争で死に追いやるのを見ると怪しく、最後には風見鶏となって、権力を握った諸侯王に迎合するなどとても評価できません。

 

能力に欠けるがにプライドは高い司馬倫

 

そして、司馬懿と柏夫人の間に生まれた司馬倫は、満場一致のウルトラバカで司馬懿の息子でも最悪の1人。三王挙兵からクーデターで自殺を強いられるまでに、10万人規模で人が巻き添えで死んでいるので、司馬懿の息子ワーストと言えます。

 

関連記事:司馬瑋とはどんな人?先走り過ぎた八王の乱の一人

関連記事:司馬亮とはどんな人?八王の乱の先陣を切った犠牲者

 

本当の原因は宗族を甘やかした司馬炎!

泣きながら冤罪を訴えるも処刑される司馬瑋

 

こうしてみると、司馬懿の末っ子の司馬倫こそが最悪のDQNですが司馬倫以外にも、とんでもないDQNが掃いて捨てる程、司馬氏には出てきます。

 

病で亡くなる司馬炎

 

その大きな原因は司馬炎が、司馬氏の宗族を重用しながら西暦275年に司馬亮を監視・取り締まり役に任命するまで、宗族を野放しにしていた事でした。天下の支配者である司馬氏に生まれ、この世の贅沢を極めながらその行動を誰も注意しないとなれば、どれだけ才能があろうと歪んでしまうに決まっています。

 

人気獲得のために爵位をばらまく司馬倫

 

また、監督した司馬倫もあまり人を御する才能が無さそうな人物であり、宗族の増長は止む事が無かったと考えられます。これこそ時代が経過するにつれ、司馬氏にDQNが続出する理由でしょうね。

 

関連記事:司馬穎とはどんな人?死んでからも利用された八王の乱の一人

関連記事:司馬倫とはどんな人?実は皇帝でもあり八王の乱の王の一人

 

三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

司馬炎が曹丕の半分でも司馬一族に厳しい目を向けて、その制御を図っていれば、次々とDQNが続出して暴れ回り、八王の乱が起きる事もなかったでしょう。人間はやっぱり子供時代の教育が大事ですね。

 

参考文献:晋書

 

関連記事:司馬冏とはどんな人?晋の被害者?八王の乱の一人

関連記事:司馬乂とはどんな人?八王の乱では唯一の希望だった王

 

【孫策が惚れた漢】
太史慈

 




< 1

2

関連記事

  1. 長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市)
  2. 于吉
  3. 呉の身内から反感を買う_諸葛恪
  4. 曹操にコテンパにされる袁紹
  5. 徐晃と許チョと曹操
  6. 曹植を暗殺しようとした曹丕を止める卞皇后

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

    • くろだっち
    • 2021年 6月 19日

    要望に応えていただきありがとうございます。
    司馬炎がもっと一族の引き締めをしていればもっと違う展開になっていたかもしれませんね、
    でも時代によっては皇帝になった時点で粛清されている可能性もあるので天寿を全うするのが昔はどれだけ難しいのかがうかがえます。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

“はじめての三国志公式LINEアカウント"




PAGE TOP