全琮はどんな人?人生の前半と後半で性格激変!二宮の変に暗躍した闇将軍




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

全琮(ぜんそう)は揚州銭唐(せんとう)に豪族全柔(ぜんじゅう)の子として誕生します。若い頃から機を見るに敏で、将軍としても勇敢な人物であり、度々手柄を立て遂には孫権に将来性を見込まれ、娘の孫魯班(そんろはん)(めと)らされます。

 

ところが、その辺りから全琮は次第に黒い本性を発揮していき一族の勢力を拡大し、政敵を追い落としていく呉の闇将軍へ変貌していくのです。

 




全柔の子として銭唐に生まれる

長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市)

 

全琮は(あざな)子璜(しこう)と言い呉郡(ごぐん)銭唐の人です。

 

父の全柔は霊帝の時代に孝廉(こうれん)推挙(すいきょ)され尚書郎右丞(しょうしょろううじょう)輔任(ほにん)されますが董卓の乱で官を捨てて帰り、揚州が別駕従事(べつがじゅうじ)として採用し、詔書(しょうしょ)にて会稽東部都尉(かいけいとうぶとい)を現地で拝命しました。

 

北方謙三風ハードボイルドな孫策

 

孫策が呉に至ると全柔は兵を挙げて味方し孫策は上表して全柔を丹陽都尉(たんようとい)とします。次に孫権が車騎将軍になると全柔を長史とし桂陽太守に移りました。

 

関連記事:孫策は嫉妬深く陰険な人物だった?

関連記事:孫策は周瑜と○○だったのか!?

 




米を飢えた人々に与え私刑を免れる

三国志 兵糧攻め 村人

 

全柔は、かつて全琮に米数千(こく)を与えて呉に至り市で交易させた事があります。しかし、全琮は交易品の米を皆人々に与えてしまい船を空にします。もちろん全柔は激怒しますが、全琮は首を垂れて

 

「私が考えますに交易は緊急ではありませんが、豪族は吊るしあげられ私刑を受ける状態であり、その為に、人々に米を大盤振る舞いして困難を回避しました。緊急ですのでお知らせする暇もありませんでした。」

 

忙しい方にざっくり解答03 kawausoさん

 

全柔は全琮を評価しこれを奇貨(きか)とします。息子はただものではないと密かに将来に期待したのです。このように全琮は機を見るに敏であり、社会の雰囲気を掴む事に長けていました。

 

関連記事:ビジネスシーンでも使える三国志

関連記事:【ビジネス三国志】陳琳や周瑜、諸葛亮孔明に学ぶ失敗学

 

激動の時代を生きた先人たちから学ぶ『ビジネス三国志

ビジネス三国志

 

 

中原の人士を救済し大きな名声を得る

兵糧を運ぶ兵士

 

当時、揚州には長江を渡って全琮を頼る人々が多く百を持って数える状態でしたが、全琮は家を傾けて救済し、持ち物で共有しないものはなく、その為、遠近に名声を轟かせました。

 

行軍する兵士達b(モブ)

 

後に孫権が全琮を奮威校尉(ふんいこうい)とし、兵数千人を授けて山越を討たせ、そこで兵員を募集して精兵数万を獲得すると牛渚(ぎゅうちょ)出屯(しゅっとん)し、偏将軍(へんしょうぐん)に昇進しました。これも、単純な篤志家ではなく、乱世で名を挙げる準備だったのでしょう。

 

関連記事:華夷秩序に砕けた山越はむしろ漢族の被害者?

関連記事:費桟とはどんな人?本当は異民族ではなかったアウトロー

 

関羽を討つ謀を孫権に上奏

敗れる関羽雲長

 

西暦219年、関羽が樊城(はんじょう)襄陽(じょうよう)を囲むと全琮は上疏して関羽を討つ(はかりごと)を述べます。しかし、すでに孫権は呂蒙と密かに関羽を討つ事を決めていて、あえて全琮の上表を伏せて応えませんでした。

 

宴が生き甲斐 孫権

 

関羽が捕らえられると孫権は公安で酒宴を開き、全琮に言うには「君が前にこの事を述べ、私は答えなかったが今日の勝利はまた君の功績でもあるのだ」かくして全琮を陽華亭侯(ようかていこう)に封じました。

 

大船団を率いて呉を攻める王濬(おうしゅん)

 

西暦222年、魏が大船団で洞口(どうこう)に出撃すると、孫権は呂範に諸将を指揮させて防御させ魏と呉は対峙します。魏がしばしば快速船で呉の船団に突撃し、全琮は常に完全武装して孫権の近くに仕え休みませんでした。

 

暫くして敵の数千人が江中に出撃したが、全琮はこれを撃破し魏将尹盧(いんろ)を捕まえて縛り首にします。この功績で全琮は綏南将軍に移り、銭唐侯に封じられました。さらに、225年には、節を仮されて九江太守を兼領します。

 

関連記事:【第三次濡須口の戦い】曹丕の火事場泥棒から起きた最期の激戦

関連記事:文聘(ぶんぺい)のリアル三國無双!五虎大将軍の関羽を倒し呉王・孫権には空城の計を使っちゃう!

 

【関羽はなぜ神となったのか】
関帝廟

 

 

孫権の娘を娶り皇族の道へ

 

西暦228年、孫権が(かん)に至り全琮と輔国(ほこく)将軍陸遜に曹休を討たせて石亭でこれを破ります。この時、丹陽・呉・会稽の民がまた賊となり属県を攻め落としました。孫権は三郡の剣祖の地を分けて東安郡とし全琮が太守を兼任し、賞罰を明らかにし募兵したので数年の間に1万人の人間を得ます。孫権は全琮を召して牛渚に移したので東安郡太守を辞職しますが、帰路で故郷の銭唐に立ち寄り大金を散財したので、また名声を得たようです。

 

皇帝になることを決意する孫権

 

西暦229年、孫権は皇帝に即位、全琮は衛将軍、左将軍、徐州牧と異動し、孫権の娘である孫魯班を娶りました。これと同じ時に朱拠(しゅきょ)も孫魯班の妹の孫魯育を与えられて帝室に連なる事になります。

 

関連記事:朱拠とはどんな人?呂蒙に匹敵する文武兼備の将軍の逸話を紹介

関連記事:孫峻とはどんな人?小心者で暗殺を回避!でも心を病んで死ぬ小粒悪党

 

【呉のマイナー武将列伝】
呉の武将

 

国家の体面を重んじた全琮

洛陽城

 

西暦233年、全琮は歩騎5万を率いて六安に出征すると六安の民は皆、逃げていき諸将は兵を分けて住民を捕らえようとします。

 

しかし、全琮はそれを制し

「無理矢理に民衆を捕らえるのは、いやしくも大国のする事ではなく、例え一時は利益があっても長期的に見れば失う物が多くなる。私は民を捕らえなかった事で罪を得ても、いやしい真似をして国家の名誉を傷つけまいぞ」

 

こうして目先の利益に逸る諸将を制して人間狩りを止めさせました。

 

関連記事:陸遜の生涯を年齢で追ってみよう!

関連記事:二宮の変を考察!二宮の変は陸遜の殺害が目的だった?

 

【次のページに続きます】




次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 黄巾賊を撃退する太史慈
  2. 朱治
  3. 周瑜 美男子

    デザイン担当:よりぶりん

    周瑜公瑾の輝かしい功績

    周瑜公瑾は(しゅうゆ・こうきん175~210)まで生きた…

  4. 呉の周瑜、孫策、程普
  5. 孫峻

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

“はじめての三国志公式LINEアカウント"




PAGE TOP