桓騎の死んだフリ伏兵が可能かどうか?真剣に考えた【キングダムネタバレ考察】




長平と垓下古戦場の面積

生き埋めにさせようとする項羽

 

紀元前260年におこなわれ、趙兵40万人が生き埋めにされた事で有名な長平の戦いですが、その古戦場は、中華人民共和国山西省高平市に該当するとされ、高平市の面積は94600haもあります。

 

項羽

 

また、キングダム直後、楚漢戦争最後の垓下(がいか)の戦いでは、項羽軍10万と劉邦軍40万が激突しましたが、この垓下に該当する地域になる中華人民共和国安徽省宿州市の霊璧県(れいへきけん)は面積205,400haありました。

 

どちらも32000haに比較するとめちゃ広いので、現実的に1haに10人程度の密度の戦場というのは机上の計算では可能です。

実際には、そんなスッカスカな状態で戦う事は無いと思いますが…

 

関連記事:キングダム690話ネタバレ大仏涅槃へ「予定通り」レビュー考察

関連記事:キングダム689話ネタバレ大仏全然死なず「最大の娯楽」レビュー考察

 




新しい疑問

内容に納得がいかないkawauso様

 

ただ、調べている間に思ったのが、数千が伏兵するのは事前の打ち合わせで可能として、その後、どうやって広大な距離を渡って仲間と連絡を取り、ほとんど同時に扈輒本陣に奇襲をかけたのかという面積が広大であるがゆえの疑問符が出てくるのです。

 

この点については丸投げしますので、誰か考察してみてください。

 

関連記事:キングダム692話ネタバレ桓騎の戦略が明らかに「第三の兵」レビュー考察

関連記事:キングダム691話ネタバレ桓騎は森の中「竈の数」レビュー考察

 




キングダム(春秋戦国時代)ライターkawausoの独り言

週刊誌を楽しみにするkawauso様

 

今回は、こんなの実現不可能だよと斬り捨てて批判せず、自分なりに考え桓騎の死んだフリ伏兵が実現可能かを考えてみました。

 

調べてみると、数十万の大軍が激突するのに広大な戦場が使用されていて、その中から数千であれば、死んだフリ伏兵で抜け出せなくはないかも知れないと考えていいのかな?どうだろうな?とkawausoは思いました。

 

前回記事:キングダム694話ネタバレ扈輒死すそして惨劇が「情報戦」レビュー考察

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:キングダム693話ネタバレ扈輒は変態だった!「浅い話」レビュー考察

関連記事:キングダム693話ネタバレ予想「桓騎は李牧の人質作戦に破れる」

 

【キングダムを100倍楽しむ歴史雑学】
キングダムを100倍楽しむ

 

 




< 1

2

関連記事

  1. 週刊誌を楽しみにするkawauso様
  2. 昌平君
  3. キングダム
  4. キングダム
  5. 楚の旗と兵士

コメント

  • コメント (6)

  • トラックバックは利用できません。

    • 名無し
    • 2021年 10月 06日

    馬はどうやって隠したんですかね?
    穴に埋める?趙兵から強奪?広大な平野に放置して後から回収?明らかに無理ありますよね
    永久に作者からは説明ないんでしょうね・・・

    >尺があるんだから作者が表現できなかったことを文句ではなく、ここで補足してくれよ
    これいった匿名さんは、何もリアクションないんですかね

    • 母性
    • 2021年 10月 05日

    家の中でのかくれんぼでなかなかみつけられなかった経験があるし、主さんのように、何万のスケールで両軍がぶつかり合う訳だからそりゃ伏兵も可能だと思う。もっと言えば万に対して100や1000の規模は、極少数に写るわけだから本陣急襲も可能だと思う。多いから強いわけでもなく少なくとも最後は一人を討てばよいと考えれば… 桶狭間にも似ているかも。周りは慌てたけどカンキは敢えて人数のアンバランスを狙ったのだと思います。

    • 邯鄲の夢
    • 2021年 10月 05日

    うーん次号休載。。。中途半端な?
    突然の勝利にとまどう。。
    あとは。。。うちうちで。。。???
    原作者。。。どうするでしょうかね?
    知恵熱で寝込んでたりして?それとも。。再びゴシップネタ量産体制?🤔

    • 匿名
    • 2021年 10月 05日

    あんな嫌がらせコメントをネタに変えるのは大したもんっすね…

      • とくめい
      • 2021年 10月 05日

      その通りですな

        • 孔明
        • 2021年 10月 05日

        ネガキャンをネタに昇華。大したもんやで




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

3冊同時発売




PAGE TOP