関羽はどのようにして曹操の元から離れたの?

2021年11月30日




 

その後、関羽「五関突破」する!

五関六将破りを行う関羽

 

曹操は「関羽を追うな」と伝えていたはずなのですが、その指令は十分に伝わっていませんでした。関羽は最初の関所「東嶺関」で、通行を拒否され、そこを守る武将を斬り、関所を突破しました。

 

関羽千里行

 

その後も東嶺関を含む5つの関所を通るのですが、いずれの場所でも拒否され、そのたびに関羽は周囲の人に助けられたり、己の武勇で突破することになります。

 

夏侯惇

 

最後は曹操の親戚の「夏候惇(かこうとん)」までも関羽を追い懸け、彼と一騎打ちをすることになります。しかし、勝負はつかず、最終的には曹操と共に関羽を見送った「張遼」に止められ、関羽は無事に劉備の場所に帰ることが出来たのでした。これが「関羽千里行(かんうせんりこう)」「五関突破(ごかんとっぱ)」と言われるエピソードです。

 

関連記事:羅貫中最大のミス?関羽の五関六将破りに潜む矛盾

関連記事:戦下手な皇帝 曹丕を支えた張遼、凡庸な皇帝との絶妙な関係性に迫る

 

関羽

 




 

三国志ライターみうらの独り言

みうらひろし(提供)

 

関羽と曹操の別れは正史「三国志」ではあっさりとしたものですが、小説ではかなり感動的な場面に仕上げられています。このエピソードにより、関羽の素晴らしさがより伝わるようになっていますね。自分もそのように別れを惜しまれる人物になりたいものです。

 

関連記事:諸葛亮は天下三分の計を諦めた?荊州の関羽を見殺しにしたのはなぜ?

関連記事:関羽は馬超を敵視したのではなく利用した?関羽の荊州統治と北伐戦略

 

関帝廟

 

 




  • この記事を書いた人
  • 最新記事
みうらひろし

みうらひろし

歴史が好きになったきっかけはテレビの再放送で観た人形劇の三国志でした。そこから歴史、時代小説にはまり現在に至ります。日本史ももちろん好きですよ。推しの小説家は伊東潤さんと北方謙三さん。 好きな歴史人物: 呂蒙、鄧艾、長宗我部盛親 何か一言: 中国で三国志グッツを買おうとしたら「これは日本人しか買わないよ!」と(日本語で)言われたのが思い出です。

-関羽
-