関羽はどのようにして曹操の元から離れたの?




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

桃園の誓いをする劉備、張飛、関羽

 

関羽(かんう)劉備(りゅうび)と義兄弟の誓いを交わし、深い絆で結ばれていましたが、一時離ればなれになってしまいます。

 

関羽が大好きすぎる曹操

 

その際、関羽の才能を高く評価していた曹操(そうそう)は彼を家臣にすることに成功するのですが、やはり関羽の心は劉備の下にあり。曹操と関羽にも別れの時がやってきます。今回の記事では関羽が曹操に一時仕えることになった経緯と、その別れについて書いていきます。

 




劉備と関羽の深い絆とは?

暴れまわる黄巾賊

 

関羽と劉備の出会いは「黄巾(こうきん)の乱」でした。

 

関羽、劉備、張飛の桃園三兄弟

 

義勇兵を挙げた劉備の下に関羽、そして張飛(ちょうひ)が集い、三人は「義兄弟」の誓いをしたといいます。その後関羽は劉備と共に各地を転戦し、呂布(りょふ)との戦いの際には曹操に高く評価され、官職を授かっています。

 

献帝を保護する曹操

 

しかし、その後曹操は後漢の皇帝「献帝(けんてい)」を奉じ、思うが儘にふるまうようになります。劉備らはそれに反発し、曹操と対立しますが、攻撃を受けた劉備は袁紹(えんしょう)の下に身を寄せます。その際、劉備と関羽は離ればなれになってしまい、やむを得ず関羽は残された劉備の妻子とともに曹操に降伏することになるのです。

 

関連記事:鄒靖とはどんな人?黄巾の乱時に劉備を起用した大恩人の生涯を解説

関連記事:張宝とはどんな人?なぜか様々な死に方をする黄巾の乱の首謀者

 

【世界よ、これが黄巾賊だ】
黄巾賊

 




 

関羽、曹操に降伏するも主を忘れず

関羽が大好きすぎる曹操 ver2

 

小説などでは関羽は曹操に降伏する際に3つの条件を出したといいます。

 

  • 降伏するのは曹操ではなく、「後漢」であること。
  • 劉備の妻子の命を保証する。
  • 劉備が生きているとわかった際には劉備の下に帰る。

 

曹操から赤兎馬をプレゼントされる関羽

 

曹操はこれを受け入れ、関羽を将軍職に任ずるなど厚く礼遇します。その後、曹操は袁紹と「官渡(かんと)の戦い」で雌雄を決することになり、関羽も出陣します。

 

顔良と関羽

 

この時関羽は袁紹軍の武将「顔良(がんりょう)」を斬るなど大いに活躍します。そして劉備の消息も知ることになります。関羽は常々曹操への恩返しが済み、劉備の消息が知れたらそのもとに帰ろうと考えており、それを曹操も察していました。

 

顔良を討ち取る関羽

 

「官渡の戦い」での関羽の活躍を見た曹操は関羽が去ると考え、彼に多くの贈り物をしました。しかし、関羽はそれに手を付けず返し、曹操に手紙をささげて劉備の下に帰るのでした。曹操はその関羽の「義」に感動し、部下に「関羽を追ってはならない」と言ったといいます。

 

関連記事:顔良と文醜はどこの馬の骨だったのかを考える?

関連記事:関羽に討たれた顔良とはどんな人だったの?

 

【三国志の時代の流れを決定付けた重要な戦い】
官渡の戦い特集

 

 

曹操、関羽を惜しむ「避客牌」(ひかくはい)

曹操の元から離れる関羽

 

小説「三国志演義」などでは関羽と曹操の別れは感動的にアレンジされています。関羽は劉備の所に帰ろうとする際、曹操に別れの挨拶をしようと思い、彼を訪ねました。

 

しかし、曹操は「避客牌(ひかくはい)」を門に下げていました。この「避客牌」は屋敷の主がすべての客を断りたいときに掲げておくものであり、客も避客牌が掲げてあった時は帰るのが礼儀、とされていました。

 

関羽はやむを得ず、その日は引き返し、その後毎日尋ねますが、またしても避客牌が下げられています。その為関羽は曹操からの贈り物を曹操に返し、置手紙をして劉備のもとに帰ることにしたのでした。

 

関連記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

関連記事:これはひどい・・関羽は深刻な方向音痴だった?迷走する関羽の千里行

 

覇を競う乱世に新たな秩序を打ち立てた曹操の生涯
曹操孟徳

 

 

「覇陵橋」での別れ

関羽の降伏を説得しにいく張遼

 

曹操の下を去った関羽は「覇陵橋(はりょうきょう)」という場所に差し掛かります。関羽がふと後ろを振り返ると曹操と「張遼(ちょうりょう)」(関羽と親しい)が見送っていたのです。

 

曹操は馬を下り、橋の中ほどまで進み、関羽の前にひざまずき「錦の抱」(錦で作った上着、高級品)を掲げます。関羽はそれを矛で受け取り、曹操の前から「おさらば」と言い残し、劉備の下に向かうのです。曹操はその関羽の後ろ姿をほれぼれと見送っていた、といいます。ちなみに現在「覇陵橋」は許昌(きょしょう)の市街地からやや郊外に行った場所に再建されており、観光名所となっています。

 

関連記事:関羽が華容道で曹操を斬ると劉備は滅亡していた?

関連記事:北方謙三『三国志』の関羽は曹操に嵌められた?孤高の英雄の生涯

 

【泣く子も黙る張遼】
張遼

 

【次のページに続きます】




次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 喧嘩ばかりする張飛と関羽
  2. 羅貫中と関羽
  3. 関羽像を飾る現代人
  4. 桃園三兄弟 vs 呂布の一騎打ち
  5. 父・関羽とともに亡くなる関平
  6. 関帝廟で関羽と一緒に祀られる周倉

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

3冊同時発売




PAGE TOP