水滸伝は創作だった?実在した?元ネタから考察する水滸伝の秘密


 

はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

三国志演義_書類

 

皆さんは三国志、そして三国志演義(さんごくしえんぎ)はご存知でしょう。

 

正史三国志 vs 三国志演義で揉める現代人

 

この二つは「三国志」と呼ぶとごっちゃになってしまうために、歴史書の方を「正史三国志」と呼び、小説の方の三国志演義とは分類を分けるようにされていますね。

 

キングダムと三国志 信と曹操のはてな(疑問)

 

では水滸伝(すいこでん)についてはどうでしょうか?

 

三国志を語るセンさん

 

今回は水滸伝について、主に創作か、それとも……な部分についてお話していきます。

 

 

監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



【無料告知希望の皆様へ】 はじめての三国志無料告知希望



水滸伝とは?

梁山泊(水滸伝)

 

さて水滸伝とは、三国志演義と並ぶ中国四大奇書の一つ。ざっくりというと108星と呼ばれる星の生まれ変わりの英雄たちが、導かれるように梁山泊(りょうざんぱく)と呼ばれる沼のほとりに集まって、世を乱す悪辣官僚(あくらつかんりょう)たち相手に大暴れし、最終的に色々あってこの集団は瓦解する……といったお話です。またこの水滸伝自体は講談であり、フィクションです。

 

関連記事:「水滸伝」梁山泊の頭領、宋江は主人公っぽくない?人気の理由を考察

関連記事:梁山泊とはどんな所?水滸伝の初代首領の王倫とは誰!?

 

ぐっすり眠れる!ながら三国志

 

 

物語の始まり

水滸伝の墓

 

ではその物語の始まりをちょっとご紹介しましょう。時代は北宋(ほくそう)、第四代皇帝仁宗(じんそう)の時代。国には疫病が蔓延し、もはや人の手には余る状態でした。この状況を打開するには天頼みしかない!ということで竜虎山(りゅうこざん)に住む仙人に祈祷して貰うことにします。

 

この時に朝廷から派遣されたのが洪信(こうしん)という使者でした。洪信は山で色々な不思議な出来事に遭遇しますが、何とか仙人に出会い、祈祷をお願いできました。

 

関連記事:【水滸伝】可哀想すぎる強引な梁山泊のスカウトが悲劇を産む

関連記事:1分でわかる!水滸伝 天命の誓い

 

kawauso編集長のぼやき

 

108のお星さま

水滸伝って何?

 

ここで終われば物語は始まりですらなかったでしょう。

 

洪信はその後、「伏魔殿(ふくまでん)」と書かれている、しかも厳重に封印されている扉を目にします。もうここからして嫌な予感しかしませんが、そこには唐の時代に天界から追放された「108」の「魔星」が封印されているというではありませんか!

 

もう本当に本当に嫌な予感しかしません。

 

関連記事:髭・顔は張飛と一緒?『水滸伝』の豪傑・林冲のモデルは張飛だった?

関連記事:張飛と性格ソックリ!水滸伝の豪傑・黒旋風、李逵と宋江の出会いとは?

 

歴史ヒストリア

 

世に飛び立つ

 

これを見た洪信、この封印を解こうとします(どうして?)。周囲は洪信を止めようとしますが、洪信は聞きやしません。果てには自分が朝廷からの使者であることを振りかざして、無理やり開けさせてしまいます。そして開いた先には一つの石碑。

 

宋江の夢(水滸伝の主人公)

 

しかも石碑には「遇洪而開(洪にあいて開く)」と書かれています。そしてそれをどけるとあら不思議!

(きら)めく光と共に、封印されていた108星は世の中に飛び立っていきました。

 

関連記事:『水滸伝』の誰が好き?晃が独断と偏見で選ぶキャラクターを考察

関連記事:【水滸伝の時代背景】徽宗朝の混乱の原因となった新法党・旧法党の争いとは何?

 

赤兎馬はカバ

 

洪信「忘れよう」

 

事ここに至ってやっと自分が恐ろしいことをしてしまったと気付く洪信。後悔とは後から悔やむから後悔なのです。そして洪信はそこにいた者たちを集め、こう言いました。

 

「この事は忘れよう(言うんじゃないぞ!)」という訳で洪信たちはそのまま都に帰り、仙人の祈祷によって疫病も収まりました。

 

めでたしめでたし。……ではなく、これから数十年の月日がたち、洪信たちもこの世を去ってから、108星は動き始めることになります。

 

時代を超えて愛される中国四大奇書「はじめての西遊記はじめての西遊記

 

【次のページに続きます】

 

次のページへ >

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
セン

セン

両親の持っていた横山光輝の「三国志」から三国志に興味を持ち、 そこから正史を読み漁ってその前後の年代も読むようになっていく。 中国歴史だけでなく日本史、世界史も好き。 神話も好きでインド神話とメソポタミア神話から古代シュメール人の生活にも興味が出てきた。 好きな歴史人物: 張遼、龐統、司馬徽、立花道雪、その他にもたくさん 何か一言: 歴史は食事、神話はおやつ、文字は飲み物

-水滸伝
-