人格者と言われる司馬朗も賄賂を渡していた!董卓の暴虐に屈した簒奪者の兄

2022年7月24日


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

司馬朗

 

司馬朗(しばろう)と言えば、司馬懿(しばい)のお兄さん。後に主に息子たちがやらかしてしまうので、簒奪(さんだつ)者、野心家のイメージが先行してしまう弟と対照的に、魏の忠臣として良く働き、残された逸話の数々からたいそうな人格者であったと言われています。

 

しかしそんな人格者にも実は黒い一面があった!?

そこで今回は司馬朗と賄賂のお話をちょっといたしましょうか!

 

司馬防の長男・司馬朗

司馬朗と司馬防

 

司馬朗は司馬懿の兄であり、司馬防(しばぼう)の長男になります。司馬防は大変厳格な父親であり、司馬兄弟たちはとても厳しく育てられました。このためか司馬朗は早熟で、幼い頃から物事をはっきりと話す、賢い子でした。

 

司馬朗

 

幼い頃からそうであったのですから、成長すればなおのこと。そしてこのはっきりと物事を話すことのできる胆力(たんりょく)が後の彼を助けるのですが、それはまた後で。

 

こちらもCHECK

司馬朗と司馬防
司馬防とはどんな人?三国志の星一徹?スパルタ教育は息子達を将軍にするためだった?

続きを見る

 

伝説の企画 朝まで三国志 最強のワルは誰だ

朝まで三国志1

 

 

司馬朗の疑惑

司馬朗と曹操

 

司馬朗は22歳の時に曹操(そうそう)から召し寄せられ、司空掾属に任ぜられました。これは(かつ)て曹操が若い頃、司馬防に洛陽北部都尉(らくようほくぶい)に起用して貰った縁もあったのでしょう。後に曹操は(ぎおう)になった時も司馬防を呼んで一緒にお祝いしたりしているので、感謝していたのかもしれませんね。

 

司馬朗

 

まぁこの時に司馬朗の年齢詐称疑惑も挙がっているのですが、それはまあ置いといて。

 

この後も司馬朗は成皋県令(せいこうけんれい)など、地方官吏を歴任していきますが、病気のために一時職を辞しています。弟と違って別に曹操から殺されるようになるエピソードもないのがちょっと面白い所でもありますね。

 

こちらもCHECK

司馬朗
司馬朗(しばろう)とはどんな人?司馬懿でさえ頭が上がらない偉大な兄の生涯

続きを見る

 

八王の乱

 

 

曹操に評価される司馬朗

曹操

 

後、体長が……じゃなかった、体調が良くなった司馬朗は職務復帰。堂陽(どうよう)の県令に復帰することになるのですが、司馬朗の政策は大変寛大で、領民から良く慕われました。

 

当時としては罰則として鞭打ちや棒打ちなどがありましたが、司馬朗の領内ではこれらの刑罰を用いる必要がないほど、領民は禁を犯すことなく過ごしていたと言います。これらの手腕は曹操に高く評価され、後に丞相主簿(じょうしょうしゅぼ)として働くことになりました。

 

こちらもCHECK

曹操と夏侯惇
【素朴な疑問】三国志時代はどうやって兵士を集めていたの?

続きを見る

 

曹操孟徳

 

 

人格者ゆえの司馬朗の悩み

司馬朗

 

そして中央で働いたのち、次はエン州刺史として働き、ここでも良く人々から慕われました。しかし後に()との戦いの中で疫病が流行り、司馬朗は自身の薬も他の兵士に分け与えて命を落としました。享年47歳、父である司馬防よりも二年前に亡くなったのです。

 

遺言として司馬朗は麻の服と頭巾のみと言う質素な衣服で弔いを望み、エン州の人々は彼の死に涙を流さない者はいなかったと言われるほど広く慕われていたと言います。……そんな人格者、清廉潔白であり汚点などひとかけらもなさそうな司馬朗ですが、実は嘗て、賄賂を用いたという話があるのです。

 

こちらもCHECK

司馬懿
司馬懿の息子は司馬師・司馬昭以外どうして変人・悪人バカだらけなの?

続きを見る

 

はじめての三国志連載特集

 

【次のページに続きます】

次のページへ >

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
セン

セン

両親の持っていた横山光輝の「三国志」から三国志に興味を持ち、 そこから正史を読み漁ってその前後の年代も読むようになっていく。 中国歴史だけでなく日本史、世界史も好き。 神話も好きでインド神話とメソポタミア神話から古代シュメール人の生活にも興味が出てきた。 好きな歴史人物: 張遼、龐統、司馬徽、立花道雪、その他にもたくさん 何か一言: 歴史は食事、神話はおやつ、文字は飲み物

-三国志の雑学
-