張陵とはどんな人?奇跡を売りにしなかった教祖が五斗米道を成功させた秘訣は?

2022年7月27日


 

はじめての三国志_ページネーション

こちらは2ページ目になります。

張陵とはどんな人?

1ページ目から読む場合は、上記の緑ボタンからお願いします。

 

奇跡を強調しなかった張陵

 

このように仙人に会ったとか不老不死の薬を作ったとかウッソくせー伝説に彩られた張陵ですが、意外にも彼は、こういう超人としての自分をPRしませんでした。

 

素人考えでいくと

 

水滸伝の包道乙 仙人

 

「やあ!煩悩(ぼんのう)まみれの哀れな子羊君!こんにちは仙人だよ。私は仙人なので空も飛べるし不老不死でどんな病気も治せます。さあ、私について来なさい!カマーン!一般ピーポー」

 

みたいにやった方が信者が増えそうですが、張陵はそうしませんでした。

 

張陵がやったのは、もっと根源的で、つまり病は気から生じるでした。すなわち悪い事をしたり、体に良くない習慣を繰り返すと神様がその人を見放し、結果、邪気がその人に憑りつき病気になって死に至るというシンプルな考えです。

 

張陵は疫病に感染した人の所に行くと、これまでに自分が犯した罪を告白させ、同時に次に悪い事をしたら命を取られても構いませんという誓約を書かせます。それから、呪文を書いた護符を焼いて水に混ぜて飲ませました。

 

華佗(華陀)と病人

 

恐らく運悪く死んだ人も多かったでしょうが、張陵にはちゃんとした言い訳がありました。「この人は全ての罪を告白しなかった。隠し事をしたから天罰で死んだのだ」という事です。

 

逆に運よく生き延びた人は、これは護符と神様に対する誓いのお陰だと信じ、以後は張陵が言うように清く正しく嘘をつかない、なんとも窮屈な人生をエンジョイする事になります。

 

黄巾賊の信者獲得方法

太平道の祖・張角(黄巾賊)
【シミルボン】カルトの手法は変わらない太平道の信者獲得法

続きを見る

 

転職活動に役立つ特集記事三国志と転職

 

 

張陵が蜀で布教した理由

餓えた農民(水滸伝)

 

そんな張陵が広い中国大陸で、布教場所に蜀を選んだのは、蜀の人は生来、純粋・純朴で他人を疑わない素直な人が多いからなのだそうです。

 

これは裏がえせば、蜀の人々は人を疑う事を知らず騙されやすいから布教しやすいという事ですが、三国志でも蜀人は、よそ者の劉焉の支配を受け入れ、次もよそ者の劉備の支配を受け入れています。

 

靖王劉勝の子孫と勝手に名乗る劉備

 

最初はブーブー言うけど、よそ者の統治者が多少、蜀人に対して配慮すると「なんだ意外にいい奴じゃん」とコロッと騙されるのが蜀の人々なのかも知れません。

 

蜀の人には悪いですが、もし張陵が、人間が擦れて疑り深い事で有名な司隷(代表関羽)で布教したら、これだけ短期間で爆発的に五斗米道は広がらなかったかも知れません。張陵の政治的な感覚は鋭かったという事でしょう。

 

こちらもCHECK

城 銅雀台
漢代まではリアルダンジョンだった蜀

続きを見る

 

袁術くんの成長日記

 

 

ボランティア活動で信者と絆を強化

朝まで三国志2017 観客 モブ

 

こうして五斗米道の信者が増えると張陵は、積極的に善行を積んで神様が喜ぶようにしようと信者数万人と各地で橋を修理したり、池を掘ったり道を直したりとボランティア事業を展開していきます。

 

これらの経費は少しも後漢政府を頼らずに自前でやったそうで、後漢政府も何となく薄気味悪い連中だとは思っても、これを弾圧する事はありませんでした。また、五斗米道は当初、漢中ではなく、より成都に近い巴郡辺りで布教していたようで、入信する人々に異民族も多くいたようです。

 

元々、巴郡は後漢政府の統治がそこまで行き届かない土地なので、張陵は次第に土地に自分の配下を送り込んで祭酒とし、独自の行政区を整備し、これが黄巾の乱後に本格的に独立して宗教王国五斗米道に発展していったのだろうとカワウソは思います。

 

五斗米道はどんな宗教?

五斗米道(はじめての三国志)
五斗米道はどんな宗教?現在も残っている宗教団体「正一教」で張魯が教祖を務めた道教

続きを見る

 

民間伝承の三国志

 

 

三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

今回は五斗米道の創始者、張陵について解説しました。正直、推測でしか言えない事が多い謎多き人物ですが、多くの伝説が生まれるという事は、宗教指導者としてだけではなく政治家としても優れた部分が多い人だったのでしょう。

 

こちらもCHECK

張良
張魯は天才軍師張良の子孫だった!仙人志望の張良の願いを張魯が叶えた?

続きを見る

 

伝説の企画 朝まで三国志 最強の軍師は誰だ

朝まで三国志2

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
kawauso

kawauso

台湾より南、フィリピンよりは北の南の島出身、「はじめての三国志」の創業メンバーで古すぎる株。もう、葉っぱがボロボロなので抜く事は困難。本当は三国志より幕末が好きというのは公然のヒミツ。三国志は正史から入ったので、実は演義を書く方がずっと神経を使う天邪鬼。

-はじめての漢
-,