「仲王朝では数少ない謀臣・閻象」皇帝を自称しようとした袁術を止めた男の末路


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

袁術

 

皆さんも大好き、通称ハチミツ皇帝袁術(えんじゅつ)様。初期の頃はそれなりに策略を巡らせているような振る舞いをしているのに、あれよあれよという間にどんどん落ち目になり、袁紹(えんしょう)曹操(そうそう)が北で基盤を作り上げた頃に「朕は今日から皇帝ね!」をやらかしてしまった人。

 

袁術

 

しかしてその皇帝を名乗った袁術様を一度は思い直させた人物がいたことはご存知でしょうか?

 

今回はその人物、閻象(えんしょう)についてお話したいと思います。

 

 

監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



袁術様に仕える閻象

 

さてさて閻象は袁術の配下です。とは言っても、それ以前はどうしていたのか、何処出身なのか、それは分かってはいません。記録されているのは袁術の配下で、主簿をしていたということ。

 

主簿とは文章の作成などの、事務仕事をする役職です。こう言ってしまうとちょっと地味に感じるかもしれませんね。ではそんな閻象がどうして歴史に名前が残ったかと言うと、とある事件がきっかけです。

 

こちらもCHECK

袁術が皇帝になることを辞めさせようとする閻象
閻象とはどんな人?袁術の暴挙を止めようとした恐れを知らない人物

続きを見る

 

袁術祭り

 

 

袁術「漢の命運は尽きた」

李カク(李傕)、郭わい、献帝

 

当時は董卓(とうたく)がやりたい放題をしていたちょっと後のこと。その董卓がいなくなったらいなくなったで()カクやら(かく)シやらがやりたい放題、そもそもそれ以前から黄巾(こうきん)の乱が起こったりしていて、漢王朝(かんおうちょう)の権威は地に落ちていました。

 

袁術

 

そこで袁術、抜群の判断力で宣言します。

「漢の命運は尽きた!」

 

それはそうだと誰もが分かっていても、口に出すことはしませんでした。それを言ってしまうと反逆罪になるからです。しかも袁術は皇帝がまだ存命にも関わらず、自らが皇帝を名乗ろうとし始めます。

 

こちらもCHECK

董卓
董卓が漢王朝を支配しなかったら三国志はどうなっていたの?

続きを見る

 

李傕・郭汜祭り

 

 

閻象「お待ち下さい」

袁術が皇帝になることを辞めさせようとする閻象

 

そんな中、誰も袁術に応えようとしない中で、唯一進み出たのが閻象です。

 

閻象曰く、「昔、(しゅう)の国は天下の三分の二を治めても(いん)に臣下として長く仕えていました。漢王朝は今だ健在であり、その時ではありません」何も主のために戦場で戦うだけが忠義ではありません。

 

言わなければならないことを、言わなければならない時に言うのもまた忠臣の在り方。これができたからこそ閻象は歴史に名を残せたのでしょう。

 

こちらもCHECK

袁術と袁紹の喧嘩
【そもそも論】どうして袁紹や袁術には力があったの?

続きを見る

 

まだ漢王朝で消耗してるの?

まだ漢王朝で消耗しているの

 

 

かくして二年後

袁術

 

袁術は閻象の言葉に不機嫌になりました。しかし、それでも閻象の言葉が間違ってはいないと思ったのでしょう。袁術はこの時、皇帝を名乗ることを諦めました。

 

そして二年の時が過ぎ、197年。

 

袁術

 

「漢王朝の命運は尽きた!(二回目)」再び袁術はこれは天の意思であるとして、皇帝を名乗ってしまいます。このためあれよあれよと転がり落ちていくのですが……それはまた別のお話。

 

こちらもCHECK

袁術
袁術さんはどうして皇帝を名乗ったの?

続きを見る

 

はじめての三国志Youtubeチャンネル2

 

【次のページに続きます】

次のページへ >

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
セン

セン

両親の持っていた横山光輝の「三国志」から三国志に興味を持ち、 そこから正史を読み漁ってその前後の年代も読むようになっていく。 中国歴史だけでなく日本史、世界史も好き。 神話も好きでインド神話とメソポタミア神話から古代シュメール人の生活にも興味が出てきた。 好きな歴史人物: 張遼、龐統、司馬徽、立花道雪、その他にもたくさん 何か一言: 歴史は食事、神話はおやつ、文字は飲み物

-三国志の雑学
-