朝まで三国志悪
北伐




はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

ちょっと悲しい桃園三兄弟(劉備・関羽・張飛)の最期

この記事の所要時間: 233




劉邦おんぶ 優秀な人材

 

勇猛果敢で無敵の強さを誇りながら、天下を手にできなかった項羽(こうう)と、

自分自身は抜けているけれども、部下をきちんと評価し、協力し合って

天下を取った劉邦(りゅうほう)

 

この二人の勝敗を決めたのは、人柄でした。

項羽は謙虚さが足りなかったために、天下を手に入れられなかったのです。

 

この二人の対比に、つくづく運命をいうものを感じました。

 

関連記事:主人公になるべく登場した男、劉備玄徳

関連記事:劉邦や劉備も手本にした人物 「重耳」 とは?




人徳の劉備(りゅうび)

劉備 人望

 

さすが劉邦の遠い子孫と言うべきでしょうか。

蜀の劉備は、負け戦ばかりで、本拠地を持たずに、あっちへふらふら

こっちへふらふらしていたのにも関わらず、彼のもとには多くの

魅力的な人材が集まりました。

 

関羽、張飛、趙雲、諸葛孔明、龐統、黄忠、馬超などなど。

 

たびたび凡人と評される劉備は、傑物たちを使いこなしたという点で、

大人物です。

 

義兄弟である関羽が呉に殺されたときには、誰が止めても聞かず、

弔い合戦に向かい、そうして自分も亡くなってしまうという熱い義理人情は

何千年たっても、私たちの胸を打ちます。

 

関連記事:劉備も茶を求めた?中国茶の種類

関連記事:何で劉備と司馬懿は無能な人間のふりをしたの?分かりやすく解説してみるよ

関連記事:若い頃の劉備はチャラすぎ!劉備略年譜

関連記事:主人公になるべく登場した男、劉備玄徳




人徳のない関羽・張飛

三国志 麻雀

 

しかし、劉邦のような劉備と相反して、彼の義兄弟たちの性格は、

どちらかといえば、項羽に似ているといえます。

 

関羽の最期

関羽神様

 

関羽は目下のものを甘く見るところがありました。

呉の呂蒙は、昔、文字を読むことも書くこともできず、関羽は

「阿蒙(もうちゃん♪)」とバカにしていました。

 

樊城を守っていた関羽は、呂蒙や、無名の新人の陸遜を甘く見ていて

油断してしまい敗走し、麦城で呉軍に包囲されてしまいます。

 

その際、背後を守っていた劉封(劉備の養子)に援軍を要請しますが、

断られてしまうのです。

実は、劉封は、いつも偉そうにしている関羽を嫌っていたのです。

 

劉封は、結局、関羽を助けなかったことをとがめられて自害するのですが、

もしも関羽がもう少し謙虚な人であったのなら、

劉封の援軍が、彼を救ったのかもしれません。

 

関連記事:関羽の死|桃園三兄弟の悲しい別れ

関連記事: 関羽 傲慢すぎて魏と呉の秘密同盟のきっかけに

 

張飛の最期

セイリュウ刀と蛇矛

 

関羽の死に、義兄弟である劉備と張飛は、弔い合戦をすることを

心に誓いました。

 

張飛は出撃に向けて、部下に対して、無茶な命令を下します。

そして部下が「できない」と答えると、厳しく罰したのです。

 

これまでも張飛は、部下に対して思いやりのない行動が多かったといいます。

部下に慕われていなかった張飛は、弔い合戦に出発する直前、

「こんな上司にはついていけねえよ!」と思った部下によって、

寝ている隙をついて殺されてしまうのです。

 

もしも張飛に少しでも思いやりがあったのなら、謙虚な気持ちがあったのなら、

劉備と共に関羽の弔い合戦に出陣していたのかもしれません。

その後の蜀の歴史も、きっと大いに変わったことでしょう。

 

耳で聞いて覚える三国志


関連記事:涙なしには語れない桃園の結義

関連記事:あの張飛がデレデレ?張飛が愛した愛馬

関連記事:関羽と張飛の死に劉備は仇討ちの決意を固める




こちらの記事もよく読まれています

龐統と的盧

 

よく読まれてる記事:的盧は名馬なの?凶馬なの?劉備と龐統(ホウ統)の死

 

劉備 婿

 

よく読まれてる記事:劉備暗殺計画|甘露寺の婚儀と錦嚢の計 その1

 

西郷隆盛 ゆるキャラ

 

よく読まれてる記事:劉備と西郷隆盛の共通点って何?

 

 

この記事を書いた人:東方明珠

東方明珠 三国志

こんにちは。とうほう めいしゅです。

中国は上海の雰囲気が好きなので、テレビ塔の「トンファンミンジュ」を名乗っています。

もともと『水滸伝』の大ファンで、『三国志』に興味を持ったのは、アーケードゲーム「三国志大戦」がきっかけです。

当時はゲームセンターに通いつめました!

まだまだ中国史について勉強中ですが、精いっぱい面白いことを探してお伝えしたいと思っています。

関連記事

  1. 「高平陵の乱」を蜀の丞相の費禕はどう評価したの?蜀から見る魏のク…
  2. 【八陣図】三国志の戦術マニア必見!少ない兵力を多く見せる必殺疎陣…
  3. もし郭嘉が魏の建国まで長生きしていたら魏の内閣総理大臣になってい…
  4. 【三国志の誤植集】何平や喬国老や橋玄って誰?うっかりミスが大惨事…
  5. 三国志時代には馬に乗りながら一騎打ちができなかった!?その理由と…
  6. 【五胡十六国】ねぇ?三国志の後ってどうなるの?アフター三国志を紹…
  7. 天地を喰らうという漫画があまりにもカオス!裏三国志入門書 Par…
  8. 実は笑い上戸のちっこいオッサン? 『曹瞞伝』に見る曹操像

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【お知らせ】サイト内検索(検索フォーム)を導入しました
  2. 胡昭(こしょう)とはどんな人?司馬懿の命の恩人で曹操の招きに応じながらすぐに辞職した男
  3. 劉備と趙雲が出会う事になったきっかけを作ったのは袁紹のおかげ?
  4. 【告知】伝説の企画「袁術祭り」電子書籍を発売するよ
  5. 黄忠や厳顔のような老兵は実際に戦争では最前線に立っていたの?
  6. 劉備も茶を求めた?中国茶の歴史

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

三国志や古代中国史を科学的視点から丸裸にする良記事まとめ7選 三国志の著者・陳寿のミステリー 後編:三国志はどうやって完成したの? こっそりお教えします!NHK大河ドラマの通な見方。歴代大河ドラマも徹底紹介! キングダムの時代に開花した法家の思想 司馬尚(しばしょう)とはどんな人?趙の新三大天でもある最期の一人 奇人・変人・露出狂?曹操をコケにして歴史に名を刻んだ禰衡(でいこう) 曹操と孫権の合肥を巡る戦いが何度も行われていた Part1 三国志時代の楽しい農村!当時の農業とはどんなのがあったの?

おすすめ記事

  1. 何で賈詡は董卓残党を奮起させて王允の政府を破壊したの?
  2. 三国時代の料理と酒って何を食べてたの?英雄たちの宴が気になる
  3. 王粲(おうさん)とはどんな人?建安の七子であるが容貌の貧弱さでは龐統や張松より上
  4. 【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?
  5. 孔明の罠初登場(笑)新野で曹操軍を翻弄
  6. 【武田信勝の苦悩】偉大なる父の跡を継いだ若き当主に問題発生
  7. 曹操と劉備ではどっちの武力が上?究極の個人対決
  8. 三国志ロワイヤルDeNAにおとぼけが突撃じゃ!

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP