架空戦記
北伐

はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

55話:劉表のお家騒動に巻き込まれて殺されかける劉備

この記事の所要時間: 20




劉表 三国志 ゆるキャラ

 

曹操(そうそう)に抵抗して、豊かな荊州を地盤に

独立王国を築いてきた劉表(りゅうひょう)ですが、

もう、60歳を過ぎていて、病気がちになっていました。

 

しかし、劉表には、大きな問題が未解決で横たわっていました。

それが後継者の問題です。

 

前回記事:54話:劉備、再び曹操に敗れる




劉表の後継者問題

後継者争い 劉協と劉弁

 

劉表には、前妻との間に出来た劉埼(りゅうき)と現在の蔡夫人の

間に生まれた劉琮(りゅうそう)の両名です。

 

いづれも優秀な人物ですが、劉埼は病気がちである事が玉に傷でした。

 

劉埼は、劉備に好意を持っていたようです。

仕方がありません、すでに父の気持ちは、現妻である蔡(さい)夫人に移り、

後継者争いも、弟の劉琮が有利だったからです。

 

劉埼は、親しく劉備と付き合っていたようですが、

それが、部外者である劉備を思わぬ危機に陥れます。




劉表軍の実権を握っている蔡瑁(さいぼう)

雷 三国志

 

劉表軍の実権を握っているのは、蔡瑁(さいぼう)という男で、

荊州の豪族であり、蔡夫人の兄でした。

もちろん、蔡瑁にとっては、劉埼は邪魔で妹の蔡夫人が産んだ

劉琮が後継者になってくれた方が有り難いのです。

 

が、今は劉備という他所者の実力者が、劉表に取り入り、

何やかやと劉表の相談に預かっているばかりか、、

あろうことか、もう一人の後継者候補である劉埼の相談に

預かっているではありませんか、、

 

蔡瑁に取って、これが面白い筈はありません、、

 

「劉備は、曹操にも睨まれている実力者、、

放置しておいて、劉埼を後継者に、などと言われては堪らん

今の内に殺しておこうか、、」

 

蔡瑁(さいぼう)は、劉備を宴会に招いて美食を振舞います。

こうして、したたかに酩酊させてから刺客を放って、劉備を暗殺する

という筋立てが出来ていました。

 

しかし、劉表の配下である伊籍(いせき)という男がこれを聞きつけます。

 

「劉備殿、蔡瑁は、城門に兵を伏せてあなたを殺そうとしています。

幸いに南門には兵が配置されていない様子、そこからお逃げなさい」

 

劉備は驚き、直ぐに愛馬、的盧(てきろ)に乗って、南門を逃げ出します。

それに気が付いた蔡瑁は、追っ手を差し向けて追います。

 

劉備は、逃げますが、行きついたのは檀渓(だんけい)という激流でした。

しかし、躊躇う暇はありません、もうじき、蔡瑁の追手が、

劉備を殺しにやってきます。

 

「ええい、ままよ、的盧よ、ワシを助けてくれ!!」

 

劉備は、激流に飛び込みます、、的盧は名馬で、

この激流を泳ぎ切り、見事に劉備を向こう岸に渡してくれたのです。

 

こうして劉備は、とばっちりの暗殺の手から逃れました。

 

それにしても、危機一髪の窮地には、必ず味方を得て、

脱出に成功する劉備の悪運の強さは一級品ですね、、

 

耳で聞いて覚える三国志


次回記事:56話:水鏡先生との出会い。劉備に足りない人材って誰の事?




よく読まれている記事

曹操頭痛

 

よく読まれている記事:頭がキーン…頭痛に悩んだ曹操、三国志演義は医学的に正しかった?曹操の見た幻覚の原因は何だったの?

 

曹操01

 

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。

もちろん、食べるのはサーモンです。

関連記事

  1. 曹操は女の敵なのかどうかを検証する・その3
  2. 記録が乏しい孫堅の妻たち
  3. 曹操の魅力とは?武将アンケート同立2位
  4. 出来ると言われる人必携!三国時代の役人7つ道具
  5. 【ビジネス三国志】便利な人で終わらない重んじられる技術
  6. クリスマスの日には三国志の人々は何をしていたの?
  7. 公孫瓚特集:悔しかったら雨を降らせてみろ・その1
  8. 三国志の時代、一番本を持っていた武将は誰だったの?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【真の将軍はあいつだ!!】漢の名将・周亜夫が命じた命令とは
  2. 規制緩和は正しいの?2100年前の中国で起きた経済論争
  3. 【真田丸特集】なんと戦国武将の兜の前立てには意味があった!
  4. ケチで有名だった曹洪の子孫はどうなったの?ケチが災いし処刑されかけた曹洪
  5. 趙嚴(ちょうげん)ってどんな人?人材豊富な魏の武将達を取りまとめた影の功労者
  6. 【真田丸】三谷幸喜ならやりかねない?実は生きていた真田信繁!!頴娃にある伝・真田墓に訪れてみた

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

甘寧の子孫はその後どうなったの?呂蒙の地位にも劣らぬ大出世した子孫たち 美濃大返し炸裂!織田家の覇権をかけた柴田勝家(アゴ)と羽柴秀吉(サル)の戦い 曹操「赤壁で負けてなんていないんだからねっ」 現代ビジネスマンの必携の書?兵法書『孫子』とその作者について 三国志で一番の悪酔い君主は誰だ?【酒乱ランキング】 思ったよりエロい?…三国志時代の女性の下着 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース38記事【3/6〜3/12】 楊端和率いる山の民連合軍が列尾攻めで大活躍!山の民の生態とは?

おすすめ記事

  1. 集まれ、団子三兄弟!劉備の息子たち
  2. 伍子胥(ごししょ)とはどんな人?復讐の鬼となり、楚を滅亡寸前まで追い詰めた呉の名将【誓い編】
  3. 【感謝】シミルボンにて総合ランキング1位を「はじめての三国志」が獲得しました!
  4. 【荀彧の心に残る名言】誠にその才あれば、弱と雖も必ず強し
  5. 【シミルボン】こいつを捕まえたら1万銭!三国志の時代にもあったWanted
  6. はじめての三国志 4コマ劇場 「長坂橋を死守する張飛くん」
  7. 【キングダム ネタバレ注意】秦・中華統一後、王賁(おうほん)は今後どうなる?
  8. 晩年の馬超が精神的にも燃え尽きていた事実が判明

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP