キングダム
濡須口の戦い




はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

魏や呉にもいた諸葛一族の話

諸葛一族

 

諸葛(しょかつ)」という姓を聞けば、多くの方が蜀(しょく)に仕えた

軍師、諸葛孔明(しょかつこうめい)を思い出されると思いますが、

実は魏や呉にも「諸葛」姓を持つ人物が仕えていました。

 

 

 

諸葛孔明の祖先は前漢に仕えた政治家、諸葛豊

三国志 川

 

諸葛孔明諸葛亮 しょかつりょう)の祖先とされている人物に、

前漢時代の政治家、諸葛豊(しょかつほう)がいます。

 

諸葛豊は琅邪郡(ろうやぐん)という地方の出身で、

彼の血統につながる諸葛姓の一族を「琅邪諸葛氏」と呼びます。

 

 

諸葛豊はどんな仕事をしていたの?

雷 三国志

 

諸葛豊は前漢の第十代皇帝の元帝に見出され、司隷校尉(しれいこうい)という役職に抜擢されました。

司隷校尉とは宮廷に仕える大臣を見張って取り締まる役職です。

地位の高い人を処罰することはなかなか難しいことですが、

諸葛豊は誰に対しても怯むことなく職務を遂行して、その厳しさで知られました。

元帝は彼を気に入り、高い俸禄を与えました。

 

 

ある時、皇帝の外戚(がいせき)に当たる人物が罪を犯し、諸葛豊はその人物を逮捕しようとしました。

外戚とは皇帝の母親や妃の一族のことです。諸葛豊に逮捕されそうになったその人物は宮廷に逃げ込み、元帝に助けを乞いました。

 

外戚を追いかけてきた諸葛豊は元帝に訴えて逮捕しようとしますが、元帝は彼に与えた特権を取り上げてしまいます。

 

以来、元帝は諸葛豊の言葉に耳を貸さなくなってしまいました。

この事件をきっかけに、宮廷内で諸葛豊を批判する声が高くなり、

諸葛豊は後に降格、さらには罷免されて無役のまま亡くなりました。

 

 

 

呉の策士 諸葛瑾

三国志 ヒカリ

 

諸葛孔明の兄、諸葛瑾(しょかつきん)は呉の孫権に仕えた政治家であり、武将でした。

呉の王であり、後に皇帝となる孫権(そんけん)は彼を高く評価し、重用しました。

 

諸葛瑾関羽(かんう)討伐やその後の魏との戦いで功績をあげて大将軍の地位にまで出世し、68歳でこの世を去りました。

 

 

孫権は孔明にもオファーをしていた

孫権と三国アヒル

 

諸葛孔明と兄弟であることから、孔明が劉備(りゅうび)の使者として呉を訪れた際、

孫権は諸葛瑾に、孔明を自分に仕えるよう説得するよう命じます。

 

しかし諸葛瑾は「私が呉を裏切らないように、弟も決して劉備を裏切らないでしょう」

と言って断りました。

 

孫権は彼の言葉に感銘を受けたとされています。

 

 

諸葛瑾はロバそっくり?

ロバ

 

諸葛瑾の顔は面長で驢馬(ロバ)に似ていました。

 

ある時、孫権はいたずらで、驢馬の顔に「諸葛子瑜」(しょかつしゆ)と書いた紙を貼り付けました。

「子瑜」は諸葛瑾の字名(あざな)です。

 

それを見た諸葛瑾の息子、諸葛恪(しょかつかく)は、その紙に「之驢」と書き加えました。

「諸葛子瑜之驢」は“諸葛瑾のロバ”という意味になります。

 

諸葛恪の賢明さに感心した孫権は、そのロバを諸葛瑾に与えました。

 

 

 

反乱を起こした諸葛誕

隆中(りゅうちゅう) 真冬

 

魏に仕えた諸葛誕(しょかつたん)は、孔明や諸葛瑾の遠縁に当たる人物です。

 

中央でいくつもの役職を歴任した諸葛誕は才能のある人物として名声を得ます。

 

 

 

“絵に描いた餅”という故事成語の元

絵に描いた餅

 

しかし、その名声を鼻にかけるところがあったため、

魏の第2代皇帝、明帝(めいてい)から

「名声は絵に描いた餅のようなものだ」と批判され、一時は職を失います。

 

この出来事は後に“絵に描いた餅”という故事成語の元になります。

 

明帝が亡くなった後、その後実権を握った曹爽(そうそう)の元で復帰を果たします。

 

 

曹爽司馬懿との権力闘争に負ける

司馬懿

 

しかしその曹爽は、司馬懿(しばい)との権力闘争に破れて投獄、処刑されてしまいます。

 

諸葛誕はその後も司馬懿に登用されましたが、

彼自身はいつか司馬一族に殺されるのではないかという不安を抱いてしまいます。

 

関連記事:司馬懿が三国志演義に初登場するのはどのタイミングなの?

関連記事:邪馬台国が魏と外交出来たのは司馬懿のおかげ?

関連記事:三国志の英雄たちの詩を調べたら司馬懿ヒドすぎワロタwww

関連記事:何で劉備と司馬懿は無能な人間のふりをしたの?分かりやすく解説してみるよ

 

 

征東将軍に任じられた諸葛誕

e28c6576e9f022d7d5756bdd2b35de5e_m

 

征東将軍(せいとうしょうぐん)に任じられ、呉方面に転任していた諸葛誕の元に、

彼を司空(しくう)に任じ都である洛陽(らくよう)に戻るよう辞令がくだります。

 

これが彼を都におびき寄せて殺すという司馬一族の罠だと思った諸葛誕は、十数万の兵を率いて魏に反乱を起こしました。

諸葛誕は呉に援軍を求めて魏軍と戦いましたが、結局戦場で倒れ、その首は洛陽に持ち帰られました。

 

 

若き日の諸葛誕はどんな人だったの?

2128ee6fb985ffd3d2b047ff9f39c711_m

 

若き日の諸葛誕が初めて仕官した際、

「蜀漢は其の竜を得、呉は其の虎を得、魏は其の狗を得たり」と評判になりました。

 

現代語に訳すと「蜀は諸葛氏の竜を、呉は虎を、魏は狗を得た」となります。

竜とは諸葛亮(孔明)、虎とは諸葛瑾、そして狗とは諸葛誕を指しています。

 

狗(いぬ)というと、現代の私たちにはあまり良い意味とは思えませんが、

この場合の狗とは「功績のある者」を意味しており、つまりこの言葉は諸葛誕を褒め称えたものです。

 

 

 

朝鮮や日本にもある「諸葛」姓

孫権日本

 

「諸葛」という姓は中国だけではなく、朝鮮や日本にもあります。

朝鮮では「諸葛」は「チェガル」と読まれています。

 

ほとんどの姓が一文字である朝鮮では「諸葛」は数少ない二文字の姓です。

 

朝鮮の「諸葛」氏は諸葛孔明の曽孫である諸葛忠(しょかつちゅう)がその始祖であるとされています。

 

日本にも「諸葛」という姓は存在します。

 

読み方は「しょかつ」ではなく主に「もろくず」とされます。

 

関連記事:諸葛亮の死因は過労死らしいけど、一体どんな仕事してたの?

関連記事:諸葛孔明と黄月英の間に生まれた子供達を一挙紹介!

関連記事:諸葛恪(しょかつ かく)ってどんな人?|頭が良すぎて諸葛一族を滅ぼす

関連記事:衝撃の新事実・・・諸葛孔明は実は二人いた!?

 

 

耳で聞いて覚える三国志


 

 

こちらの記事もよく読まれています

諸葛均 孔明の弟 ゆるキャラ

 

よく読まれてる記事:諸葛孔明の弟、諸葛均ってどんな人だったの?

 

死せる孔明

よく読まれてる記事:三国志初心者の為の諸葛孔明ってどんな人

 

管仲(衣食なして礼節を知る)

 

よく読まれてる記事:諸葛孔明が目指した軍師・管仲は、結構性格が悪い

 

孔明 軍師

 

よく読まれてる記事:軍師ってどんな職業なの? <三国志豆知識>

 

 

 

この記事を書いた人:石川克世

石川克世 三国志

 

自己紹介:

三国志にハマったのは、高校時代に吉川英治の小説を読んだことがきっかけでした。
最初のうちは蜀(特に関羽雲長)のファンでしたが、次第に曹操孟徳に入れ込むように。
三国志ばかりではなく、春秋戦国時代に興味を持って海音寺潮五郎の小説『孫子』を読んだり、
兵法書(『孫子』や『六韜』)や諸子百家(老荘の思想)などにも無節操に手を出しました。

 

関連記事

  1. 【ドラゴンブレイド番外】古代ローマ版曹操?カエサルの生涯が凄すぎ…
  2. 【if三国志】劉備がもし孫権と同盟しなかったら三国志はどうなった…
  3. 若き日の曹操の優れた危機察知能力と後漢王朝への忠義心
  4. 司馬懿と諸葛亮孔明がライトアップされて驚く 【三国志トランプ】ジョーカーが諸葛亮と司馬懿である理由とは?
  5. 三国志ライター黒田レン 誰が読んでも間違いなく面白い戦国時代小説!夏の読書感想文もこれで…
  6. 郭嘉が断言した曹操が袁紹に勝つ10の理由
  7. 架空戦記って何?いつから存在してどこでIF戦記ブームは過ぎ去った…
  8. 呉の小覇王・孫策 彗星のごとく駆け抜けた小覇王・孫策

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 幕末 大砲発射
  2. 孫策、陸遜、顧邵、他

おすすめ記事

  1. 三国同盟の終わりと武田信玄の危機 真田丸 武田信玄
  2. 五代友厚と大久保利通、互いを認め合った2人の逸話 五代友厚 幕末
  3. 【三国志平話】小喬がイケメン孔明に生唾ごっくん
  4. 月刊はじめての三国志2019年1月号 (桃園出版 三国舎)を出版しました 月刊はじめての三国志 2019年1月号 司馬家
  5. 三国志の時代を震えさせる怨霊たち!特に呉には怨霊系の話が多い!
  6. 楊戯(ようぎ)とはどんな人?季漢輔臣賛を記して蜀の臣下を褒め称えた政治家

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 平清盛 鎌倉幕府

おすすめ記事

秦を滅ぼし暴走した劉邦を止めた天才軍師・張良の必殺の言葉って何? kawausoとおとぼけ kawauso編集長のぼやきVol.5「kawausoのアイデア」 冒頓単于(ぼくとつぜんう)とはどんな人?漢帝国の宿敵で匈奴の名君Part.1 四書五経とはぶっちゃけ何?読んだら何になるの? 【はじ三の企画ができるまで〜制作の裏側少しだけ公開】 袁渙の「政治力」がスゴイ!はちみつおじさん袁術と虎の如き強さを持った呂布を大人しくさせた政治とは? 劉備が親孝行でお茶を買う?中国茶の種類を紹介 楽進(がくしん)ってどんな人?演義では地味だが正史では大活躍しちゃうよ?

おすすめ記事

  1. 王異(おうい)ってどんな人?戦乱の中で数々の逸話を残してきた女性武将
  2. 神は関羽だけではない!魏の曹植の天才ぶりを作詩と共に紹介
  3. 孫呉を滅亡させた晋の将軍は誰だったの?杜預それとも王濬?
  4. プチャーチンと川路聖謨二人の外交官の友情と打算
  5. 坂の上の雲の主人公・秋山真之と後漢王朝の張衡には深い関係があった!?
  6. 女王・卑弥呼はどこから来たの?邪馬台国のミステリーに迫る!
  7. 【ネオ三国志】第4話:孫家の跡継ぎ、天下へ向けて出陣
  8. 【11月の見どころ】「麒麟がくる」特集 はじめての三国志編集長 kawauso

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP