袁術祭り
まだ漢王朝で消耗してるの?




はじめての三国志

menu

はじめての蜀

89話:龐統、涪水関を計略で落とす

この記事の所要時間: 22

夜 s

 

劉備(りゅうび)に蜀獲りを進めていた張松(ちょうしょう)の密書が、

兄張粛(ちょうしゅく)から劉璋(りゅうしょう)に漏れた事で、

劉備と劉璋の蜜月は、短期間で終わりを告げました。

 

前回記事:88話:劉備を大歓迎する劉璋だが張松の失策で崩壊する

 

劉璋は劉備に絶縁宣言

雷 三国志

 

劉璋は激怒し、益州の全武将に伝令を放って、今後一切、劉備と交わりを

持ってはならないと厳命します。

 

完璧な絶縁宣言であり、この状態で劉備と劉璋は完全な交戦状態になります。

 

龐統:「まあ、仕方がありません、いずれこうなる事は分かっていました。

では、早速、蜀獲りを開始しますか、、」

 

龐統(ほうとう)は、冷静に言うと、手近な涪水関(ふすいかん)を

計略で落す事を進言します。

 

天才軍師・龐統の計略

龐統

 

涪水関の守将は、楊懐(ようかい)と高沛(こうはい)という武将でしたが、

龐統は、ここに劉備の名義で手紙を出させます。

 

「劉璋殿に疑いを持たれたようなので、名残惜しいが荊州に帰ります

どうか別れの挨拶を受けて頂きたい」

 

演義では、これを聞いた楊懐と高沛は、別れの宴にかこつけて、

劉備を斬ろうとしたとありますが、実際には、

両名にそのような相談はなく、単純に

 

「帰ってくれるなら、戦争も避けられ有り難いことよ」

 

と素直に劉備一行を涪水関に呼んだようです。

 

しかし、実は、これは龐統が立てた罠でした。

 

龐統は、楊懐と高沛の両名を捕えて斬り、涪水城と守備兵を

丸ごと手にいれようとしていたのです。

 

零陵先賢伝に記されている劉備の卑劣な行動

劉備に足りないもの 三国志

 

「零陵先賢伝」という書物によれば、劉備は、宴もたけなわの時

楊懐の元に近づき、腰にある匕首を見せてくれと、何度も言ってきたようです。

 

楊懐が、仕方なく、腰から匕首を取って劉備に差しだすと、

急に劉備は顔色を変え大きな声で呼ばわりました。

 

劉備:「楊懐、高沛、貴様達は、宴にかこつけて私を斬るつもりだな!」

 

その大声で、あらかじめ伏せておいた劉備の兵が、

酔っている楊懐、高沛を抑えこんで縛り上げました。

 

「おのれ、騙しおったな劉備、何が仁君だ、

この泥棒猫めが!!今に神罰が降るぞ!!」

 

楊懐は、劉備が自分を騙した事に憤り、首を斬られる寸前まで

劉備を罵倒し続けたと言います。

 

劉備は、即座に兵士に命じて、楊懐と高沛の首を斬り落とします。

 

涪水関の兵士達は動揺するが劉備が落ち着かせる

劉備が眩しい 素晴らしい

 

突然に始まった血の粛清劇に、涪水関の兵士達は動揺しますが、

そこは修羅場をくぐり抜けた劉備、落ち着いています。

 

劉備:「兵士達よ、落ち着きなさい。

楊懐と高沛は、卑劣にも私を宴に呼び付け、

隙を見て殺そうとしたから、止むを得ず返り討ちにした。

しかし君達は何も知らないのだから、危害は加えない

安心していなさい。」

 

そう言って劉備は、兵士達に酒を振るまい、

日頃の働きを褒め称えたと言われています。

 

劉備:「兵士諸君、劉璋は、このように卑劣な手を使う君主だ、、

君達だって、無能な劉璋には、愛想が尽きていただろう?

ここは、私と共に立ちあがり劉璋を廃して

蜀を素晴らしい国に造り変えようではないか?」

 

涪水関の兵士達は、仕えてきた楊懐、高沛もすでになく、

劉璋にも、心服しているわけでもないので、

劉備の扇動に乗り、劉備軍と合流して、涪水城に入城します。

 

龐統の完全勝利

龐統 勝利

 

すでに涪水城には、殆ど兵士が居なかったので、

劉備は、悠々と無傷で、入城する事に成功したのです。

 

これは、劉備に策を授けて、楊懐と高沛を斬って兵力と、

涪水関を奪い取った龐統のあざやかな作戦勝ちでした。

 

耳で聞いて覚える三国志

 

 

 

次回記事:90話:張任によって龐統討たれる

 

よく読まれている記事

曹操頭痛

 

よく読まれている記事:頭がキーン…頭痛に悩んだ曹操、三国志演義は医学的に正しかった?曹操の見た幻覚の原因は何だったの?

 

曹操01

 

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。

もちろん、食べるのはサーモンです。

関連記事

  1. 【意外】古代中国では犬や山猫が鼠を捕っていた?
  2. 【袁家ファン必見】袁家はどうやって名門になったの?汝南袁氏の基礎…
  3. 知っていたら自慢できる!正史三国志に足りない部分とは?
  4. 桓騎(かんき)だけではない古今東西の残虐な戦術
  5. キングダム 516話 ネタバレ予想:城を追い出された難民はどこへ…
  6. ゴールデンカムイネタバレ予想 131話 死神がやってくる
  7. 【徹底追及】劉備はどうしてあんないい加減な性格なのか?
  8. 41話:いつかは去りゆくと知っていながら関羽を厚遇した曹操

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. はじめての三国志ライター kawausoの記事修正のお詫び
  2. 【保存版】カッコいい!三国志の精鋭部隊を一挙紹介
  3. 諸葛亮孔明の軍事能力は実際に優れていたの?後半
  4. 老将・黄蓋(こうがい)は異民族討伐のプロだった
  5. 【劉恒に課せられた使命】ボロボロになった漢帝国を立て直せ!!
  6. 三国志演義の一騎打ちは爽快極まりない個人と個人のぶつかり合いだった!

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

孫権は名君?それとも暴君だったの?5分で分かる君主の評価 毛玠(もうかい)とはどんな人?魏の人事担当者として辣腕を振るった政治家 はにゃ?これ名詩なの?三国時代の詩が難解すぎる件 孫策涙目になるほどのフルボッコ!?小覇王をコテンパにした陳登 【孟徳新書】曹操の兵法書は敵の手に渡らなかったの? 鄧禹(とうう)とはどんな人?光武帝の親友だが戦争にべらぼう弱い雲台二十八将の1人 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース16記事【3/20〜3/27】 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース18記事【5/30〜6/5】

おすすめ記事

  1. 赤壁の戦い後の江陵攻防戦(曹仁VS周瑜)
  2. 【書評】キングダム 最強のチームと自分をつくる【伊藤羊一】
  3. 79話:曹操最大の失敗赤壁の戦い
  4. 【衝撃の事実】三国志でよく使われていた弩が日本で流行らなかったのは日本人がガラパゴス脳だったから
  5. 菫卓が死んだ後、長安はどうなったの?
  6. 【衝撃の事実】実は三国志には桃園の誓いなんてものは無かった
  7. 【不仲説】三国志で一番不仲武将をランキング形式で紹介!
  8. 曹操孟徳と織田信長の共通点!あなたはいくつ当てはまる?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP