編集長日記
HMR

はじめての三国志

menu

はじめての蜀

90話:張任によって龐統討たれる

この記事の所要時間: 220

張任と劉璋

 

涪水城が、龐統(ほうとう)の計略で落ちた事を知った

劉璋(りゅうしょう)は大慌てします。

こうなっては、成都城を守るのは、雒(らく)城のみだからです。

 

しかし、頼りにならない劉璋配下の武将の中には、

とびきりの名将が存在していました、それが張任(ちょうじん)です。

 

前回記事:89話:龐統、涪水関を計略で落とす

 

劉璋軍の名将:張任(ちょうじん)の策略

細い道 s

 

張任:「劉備(りゅうび)如き泥棒猫、何ほどの者でしょうや、、

この張任が、必ず討ちとってご覧にいれましょう」

 

張任は、劉璋に大見得を切ると出陣し、雒城の手前の

落鳳坡(らくほうは)という細い道に伏兵を仕掛けます。

 

劉備が白馬に乗っているのは調査済みなので、

白馬が現れた瞬間に矢の雨を降らせてしまおうというのです。

 

そして、劉備の白馬が通るや否や、伏せていた張任の兵は

雨あられと矢を放ちます。

 

張任:「やった、劉備を仕留めたぞ!!」

 

喜び勇んで、姿を現す張任ですが、ハリネズミになって、

落馬していたのは、劉備ではなく龐統でした。

 

何で龐統が劉備の白馬に乗っていたの?

三国志 白馬

 

実は、龐統の馬は、進軍の途中に足を挫いていて、

それを見た劉備が自身の白馬を龐統に貸していたのです。

 

つまり、龐統は、劉備の身代わりで戦死してしまいました。

亨年、36歳、ようやく鳳凰の片鱗を現し始めた矢先の死でした。

 

龐統が命を落としたのは、落鳳坡、皮肉にも鳳凰が落ちるという地名、なんとも皮肉な話です。

 

張任は、劉備を討ち取れなかった事で舌うちしますが、

軍師の龐統を討ったのをチャンスと攻勢に転じます。

 

龐統を失った劉備軍は大苦戦

炎 s

 

龐統を失い、また慣れない土地での戦闘という事もあり、

劉備軍は、一転して大苦戦します。

 

張任は勇猛ですし、劉璋軍は後が無いので死にもの狂いです。

 

幸いに、黄忠(こうちゅう)と魏延(ぎえん)が、踏みとどまり、

張任に対抗したので、劉備軍は、総崩れを免れ、何とか涪水城まで逃げのびます。

 

一息ついた所で、劉備に龐統の死が知らされました。

 

劉備:「ああ、何と言う運命のイタズラ、龐統はワシの身代わりに、

死んでしまったというのか、、」

 

劉備は声を上げて泣き、龐統の死を悼みました。

 

しかし、劉備に悲しんでいるヒマはありませんでした。

 

孔明は龐統の死を予感していた

孔明 司馬懿 役職

 

涪水城を包囲した、張任の軍勢を防ぎつつ、

劉備は、荊州の孔明に、龐統の死を伝えて、援軍を仰ぎます。

 

荊州にいた孔明は、北極星の下を巨星が流れたのを見て、

すでに龐統の死を予感していました。

 

劉備の使者・関平が孔明に龐統の死を告げる

三国志 邪悪

 

そこに、劉備の使者、関平(かんぺい)が現れ、

龐統が劉備の身代わりで死んだ事を報告

改めて、親友の死を知らされ、孔明は涙したのです。

 

孔明:「士元、、これから、これからという時に君は天に帰ってしまうのか、、

私は、片腕をもがれたような気分だよ、、」

 

ですが、今後、ただ一人で劉備を支える事になった孔明には、

尚更に、悲しむ暇はありませんでした。

 

こうして、孔明は荊州には関羽(かんう)を残し、

張飛(ちょうひ)と趙雲(ちょううん)を連れて劉備の援軍に向かうのです。

 

龐統の死が孔明の負担を重くした

断金の交わり

 

劉備の身代わりとして、龐統が死んだというのは演義の脚色ですが、

龐統が雒城の混戦で射殺されたのは事実です。

 

実質、用兵の才では孔明を上回っていた龐統が死んだ事は、

孔明の負担を重くしていく事になります。

 

もし龐統が死ななければ劉備はどうなっていたか?

秦 王騎

 

龐統が死ななければ、益州は、劉備、龐統コンビで攻略され、

荊州には、関羽のみならず、孔明も残り、その後の、

孫権と関羽の軋轢も解消できたでしょう。

 

そうなると、劉備の夷陵での敗戦もなくなり、

三国志は、違った方向に動いたかも知れませんね。

 

耳で聞いて覚える三国志

 

 

次回記事:91話:張飛の大手柄 蜀将の厳顔を味方にする

 

よく読まれている記事

曹操頭痛

 

よく読まれている記事:頭がキーン…頭痛に悩んだ曹操、三国志演義は医学的に正しかった?曹操の見た幻覚の原因は何だったの?

 

曹操01

 

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。

もちろん、食べるのはサーモンです。

関連記事

  1. 三国志の時代に実際にあった計略について徹底紹介
  2. 劉邦(りゅうほう)ってどんな人?百姓から頂点を極めた漢の建国者
  3. 王連(おうれん)とはどんな人?蜀の経済を支え、国庫の充溢を果たし…
  4. KOEI 三國志の産みの親!襟川陽一はココが凄い!シブサワ・コウ…
  5. 狼中年劉備、もっともらしい事を言って孫権を欺く
  6. 三国志は2つある!正史と演義二つの三国志の違いとは?
  7. 【キングダム】李牧を死に追いやる佞臣、郭開(かくかい)とはどんな…
  8. 三国志時代の大晦日が楽しそう!プレゼント交換、友達と夕食や夜更か…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 強力な曹操の脅威に呉・魯粛と蜀・孔明の思惑が一致
  2. 8話:社会不安を利用し急速に拡大した太平道、当時の人が宗教に頼った理由とは?
  3. 皇甫嵩(こうほすう)とはどんな人?後漢最後の名将と言われた将軍
  4. たった26年の生涯を駆け抜けた小覇王・孫策
  5. 袁盎(えんおう)とはどんな人?国家の為にあえて諫言を発し続けた政治家 Part.2
  6. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第六話「初恋の分かれ道」の見どころ紹介

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

王基(おうき)ってどんな人?軍事・政治で非凡な能力を見せた魏の武将 【三国志の矛盾】二帝並尊をなぜ諸葛亮孔明は認めたの? 東方明珠のへなちょこ万里長城旅行記 その5 卑しい身分から、曹操の正妃へ卞夫人 Part.2 よくわかる!周の成立から滅亡をざっくり分かりやすく紐解く 【お知らせ】新企画第2弾「はじめての三国志ストア」をリリースします。 【三国志で例えるよ】初心者でも『エドワード黒太子』が分かる。西洋史の基礎&豆知識! 劉焉(りゅうえん)ってどんな人?益州に独立国を建国した漢

おすすめ記事

  1. はじめての三国志 4コマ劇場 「楽進と張遼の息子による父親の武勇伝自慢」
  2. 実は孔明は墨者(ぼくしゃ)だった!?意外すぎる6つの理由
  3. 【はじさん記念】無事1周年を迎えることができました。。
  4. 【はじさん編集部】第2話 三国志なんか読むな!(泣)新橋の夜に吠える はじ三の犬達
  5. 【第7回 幻想少女】強敵続出!ろひもと理穂は曹操に会えたのか!?
  6. 【シミルボン】カルトの手法は変わらない太平道の信者獲得法
  7. 石奮(せきふん)とはどんな人?真面目で頑固者な性格が愛されて富貴を手にした万石君
  8. キングダム 510話 ネタバレ予想:李牧が王翦に仕掛けた罠とは何なの?

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP