はじめての列子
麒麟がくる特集




はじめての三国志

menu

はじめての変

三国志とキングダムのそっくり武将は誰?|信と呂蒙

アメトーク キングダム芸人

Photo by アメトーク

 

古参の三国志を差し置いて、アメトークで特集されてしまった。

今、最高に熱い中国歴史漫画、キングダム

 

悔しいので、はじさんでは、三国志とキングダムの登場人物で、

無理矢理、似ている人を見つけてみようと思います。

 

 

 

庶民と奴隷の境遇から出発、呂蒙と信は似ている?

信 キングダム

 

キングダムの主人公といえば、飛信隊の隊長さん、信でしょう。

元々は、奴隷の身分から身を起し、親友、漂(ひょう)の死によって、

秦軍に入る事が出来、以後、たび重なる死闘に勝つ事で

大将軍になるという運が開けた熱血少年です。

 

さて、この信に匹敵する三国志の人物は、、

ダダダダダダダダダダダダダダダダダダダ―――――ン!!

 

出ました、呉下の阿蒙、呂蒙子明(りょもうしめい)です。

 

呂蒙は、別に奴隷の出身ではありませんが、何の事はない庶民の子

でも、貧乏な境遇から抜け出る為に、姉の夫で孫策の部下、

鄧当(とうとう)の後を付いて歩いて、「止めろ」という

母親の忠告も聞かなかったそうです。

 

結局、その度胸の良さを買われて、孫策(そんさく)に見出されて、

晴れて、孫呉の武将としての人生をスタートさせます。

 

呂蒙も信も最初は勉強していない脳筋バカ

呂蒙

また、この呂蒙は、信と同様に勝負感はあっても、

勉強してない(庶民だから・・)のです。

 

それを孫権(そんけん)に惜しまれて、言葉をかけられて、

猛勉強して文武に秀でた武将に成長します。

 

信も、漫画の設定では、幼馴染の漂にソックリの秦王、政と

身分の違いを越えた堅い友情で結ばれます。

もっとも、後に李信になった、信に政が勉強を

勧めたかどうかは分かりませんけどね。

 

 

君主と関係が深い点も共通?

絹 s

 

さて、第二番手は、キングダムのもう一人の主人公、秦王、政です。

 

今は、秦王ですが、後には、天下を統一して、秦の始皇帝になり、

中国最初の統一王朝を建国するすごい人です。

 

この、秦王政に似ている、三国志の人物と言えば、

ダララララララララララララララララーーーーーザンっ!!

 

三国志の一角、呉の君主、孫権仲謀(そんけん・ちゅうぼう)です。

 

孫権と秦王政は、その境遇がとても良く似ています。

 

どちらも年少で王位について、何度も襲ってくるピンチを跳ねのけ

次第に、国内では誰も逆らえない堂々たる君主の片鱗を見せます。

 

政は、幼少期は異母兄弟の反乱にあったり、丞相、呂不偉(りょふい)の

専横にあったりしていますが、それを乗り越えています。

孫権も、若年で呉の当主になり、赤壁の戦いや、夷陵の戦いという

窮地を優秀な部下の助けで何度も切り抜けました。

 

どちらも若い頃は、思考が柔軟で辛抱強く名君でした。

ところが、どっこい、、この二名は天下が安定した晩年もよく似ています。

 

 

晩年までそっくり駄目駄目な孫権と秦王政

孫権と三国アヒル

 

秦の始皇帝になった政は、500年の戦乱で疲れ果てた民の苦しみを

かえりみようともせず、万里の長城を築かせ、自分の墓を造らせ、

一方では、度外れた大きさの宮殿、阿房宮を造らせます。

 

政は、この頃には死への恐怖と暗殺者に怯え、怪しい道士を重用して

不老不死の実験に莫大な富を使い、一方で賢臣を遠ざけて

宦官の趙高(ちょうこう)のみを側において重税と圧政、大量虐殺を繰り返します。

 

一方の孫権も、晩年には気持ちのタガが緩み、おべんちゃらを使う

佞臣を近づけて、後継者争いで右往左往し、重臣を次々に処刑します。

 

どちらも戦乱の重圧が身を律していたタイプで、それが取れると

生来の粗暴で猜疑心の強い性格が表に出てしまったようです。

 

 

戦争には無敵だが神経質な程用心深い、王翦司馬懿

梅雨 s

 

三人目は、王翦(おうせん)将軍で行きましょう。

蒙驁(もうごう)軍の副将で強い野心を持ち、密かに「王になりたい」

という野望を持つという秦軍一の危険人物、それが王翦です。

 

この王翦に似ているタイプは、曹操(そうそう)に仕えて後に魏を滅ぼす、

司馬一族の太祖にあたる司馬懿仲達(しばい・ちゅうたつ)です。

 

二人は、一度、戦に出れば必ず勝利する程の軍神ですが、

同時に、神経質な程に用心深い点が共通しています。

 

 

曹操でさえ、野心を見抜けなかった司馬懿の用心深さ

孔明 司馬懿 役職

 

司馬懿は、曹操の息子、曹丕(そうひ)の学友として将来を有望視されますが、

自分が勝てると思うまでは、野心を隠し通し、証拠を出さず、

あの曹操さえ、生前に司馬懿を排除する事は出来ませんでした。

一方の王翦も、始皇帝の猜疑心の強い性格を知り抜き、

手柄を立てれば、立てる程、控えめで用心深くなります。

 

 

楚の項燕を破る前から恩賞を催促した王翦の狙いは?

リタイア s

 

秦に立ちふさがる最期の敵、楚が項燕(こうえん)大将軍を先頭に、

李信(りしん)を破り、その勢いを駆って、秦を滅ぼそうとした時です。

 

始皇帝は真っ青になり、隠居していた王翦を呼び出し、

秦の全軍、60万人を与えて、楚を撃滅せよと命令します。

 

王翦は、命令を受けますが、何度も始皇帝に使者を送り、

楚を破ったら、どれだけ褒美をくれるか?と催促したと言います。

 

どうして、そんな事をしたのか?それは、

「自分には天下への野望はない、恩賞の事で頭が一杯」というポーズです。

こうしなければ、楚を破った途端に始皇帝は兵を取り上げ、

王翦を無実の罪で殺すだろうと踏んでいたのです。

 

王翦はかくして、持久戦に持ち込んで楚を疲労させ、

攻勢に転じて、これを破り、項燕を自決に追い込み、翌年には

楚を滅ぼして、秦の天下統一のフィナーレを飾ります。

 

天下を狙う野心はないとアピール、天寿を全うする王翦

夜 s

 

こうして、王翦は最高の権威を持ったまま、畳の上で死ぬ事が出来ました。

 

司馬懿と違い、王位を狙うヒマはありませんが、あの疑り深い始皇帝に

仕えながら、ついに一度も処罰されなかった用心深さは司馬懿にそっくりです。

 

いかがでしょうか?関係なさそうなキングダムと三国志ですが、

調べてみると意外に共通点がありますよね?

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代バナー

 

 

こちらの記事もよく読まれています

三国志 川

 

よく読まれてる記事:【キングダム芸人】中華統一を果たした信と政はどうなった?

 

秦 王騎

 

 

よく読まれてる記事:王騎将軍は二人いた!キングダムのカリスマの真実

 

落書き

 

よく読まれてる記事:キングダムと三国志の豪傑を対比|王騎と言えば誰?

 

 

 

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。
もちろん、食べるのはサーモンです。

 

関連記事

  1. 正史『三国志』と言うけれど、正史って、なに?
  2. 亡くなる劉備に遺言を聞く諸葛亮と趙雲 116話:劉備、失意の中白帝城に没す!
  3. 姜維と魏延性格は真反対だけど似ている所があった!!
  4. 出来ると言われる人必携!三国時代の役人7つ道具
  5. 沮授(そじゅ)とはどんな人?袁紹に献策するも採用されなかった悲運…
  6. 【実録】今川義元にいじめられ続けた井伊家と松平家
  7. 老荘思想(ろうそうしそう) 老荘思想(道家)ってどんな思想?ありのままに?
  8. 【素朴な疑問】三顧の礼はどうして凄いのか?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 関羽に手紙を送る陸遜
  2. 袁術

おすすめ記事

  1. 郝昭(かくしょう)ってどんな人?陳倉城で孔明を撃退した「孔明キラー」 郝昭(かくしょう)は陳倉城で孔明を撃退した
  2. 【三国志女性列伝】実は貂蝉は呂布の正妻だった!?
  3. 審配(しんぱい)とはどんな人?衰えていく袁家を支えた忠臣
  4. 張遼ってイケメンだったの?【張遼好き必見】 愛馬に乗る張遼
  5. 【ポスト五虎大将軍】蜀の四龍将が生きていれば蜀は魏を倒せた?
  6. 伏皇后問題が荀彧の死の原因か!我が子房・荀彧の死因に迫る!

三國志雑学

  1. 関帝廟 関羽
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 劉邦と項羽

おすすめ記事

董卓の名言を見れば董卓の真の姿が分かる!? 呉の孫堅 董卓が狼ならば、孫堅は何?袁術が真に受けた例え話 【蜀軍キラー】劉備・孔明を恐れさせた張郃の対蜀戦での戦歴 中岡慎太郎の陸援隊とはどんな組織? 三国志時代のセキュリティはどうなっていたの?何でもかんでも機密保持じゃい! ニギハヤヒ(日本神話) 【日本神話の逆襲】ニギハヤヒは出雲王国復興の為に邪馬台国を滅ぼした! 【経営者・人事必見!】諸葛亮孔明から学ぶ7つの人材登用ポイント! 幕末 帝国議会 江藤新平VS井上馨 汚職政治家と清廉な改革者の戦いの行方

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP