曹操孟徳特集
夷陵の戦い




はじめての三国志

menu

はじめての変

曹丕(そうひ)得意の詩で蜀の調理法を斬る

この記事の所要時間: 33

曹丕 スイーツ

 

曹操(そうそう)の後継者の曹丕(そうひ)は王位継承争いの骨肉から

ダークな印象がありますが、意外にも曹丕自身は権力にしか

興味がないというようなネクラではなく詩も書けば囲碁も楽しみ、

武芸にも通じている趣味人でした。

 

そして、スイーツ好きの曹丕は食事にも並々ならない感心を持っていたのです。

 

関連記事:曹植の存在が曹丕を歪めた?何で曹丕はあんな性格になっちゃったの?

 

 

文帝、蜀の降将 孟達(もうたつ)に聞く

孫武 ゆるキャラ

 

曹丕は、元々、蜀将で関羽(かんう)を見殺しにして

魏に降った孟達を、特別に贔屓(ひいき)していました。

 

そんな中で、孟達は、蜀の事をあれこれ話をしたのですが、

その中に曹丕を萌えさせる話が出てきたのです。

 

 

蜀の料理はどれも薄味です・・なので

 

孟達は、曹丕にこのように言いました。

「新城孟太守道蜀[月者]肫鶏鶩味皆澹、故蜀人作食、喜著飴蜜、以助味也。」

 

翻訳:新城の太守、孟達は言いました。

蜀の料理は、豚も家鴨も鶏も羊も全部、味が薄いんすよ。

そんで、蜀の料理人は、肉料理料理には蜂蜜か飴をぶっかけて

料理をしているっす。

 

文帝 孟達の答えに衝撃を受ける!

曹丕 波田陽区

 

曹丕は、孟達と友達のような会話をして思わず出てきた情報にのけぞります。

「なんだと、蜀の肉は、すべて味が薄く、それを補う為に、

蜂蜜や飴をかけて味をつけるだとぉ!!」

 

スイーツ大好きな曹丕は、孟達の話に食いついて内容を書き留め

そして例のように詔(みことのり)を出して家臣に知らせました(笑)

 

文帝いわく、孟達が言うには蜀では肉に蜜や飴をかけるぞよ

photo credit: Bees via photopin (license)

photo credit: Bees via photopin (license)

 

魏文與朝臣詔云、新城孟太守道蜀[月者]羊鶏鶩味皆淡、

故蜀人作食、喜着飴蜜、以助味也

 

翻訳:文帝陛下が家臣に詔するには、

「おまいら、新城の太守孟達の話だと、蜀では、

豚も羊も鶏も家鴨も全部味が薄いんだとよ。

だから、蜀の料理人は肉に飴をかけたり蜜をかけたりするんだと!」

 

さて、こんな詔を聴いた司馬懿(しばい)達、

魏の重臣はどう返答したのでしょう。

 

「はあ、そうですか、そっすよね蜀の孟達がそう言うんですもんね」

 

位しか言えないと思いますが・・

 

関連記事:三国志の英雄たちの詩を調べたら司馬懿ヒドすぎワロタwww

 

どうして蜀の鶏や豚、羊の味は薄かったの?

photo credit: Duck via photopin (license)

photo credit: Duck via photopin (license)

 

さて、どうして蜀では、鶏や豚、家鴨や羊の味が薄かったのでしょう。

確かな事は言えませんが、蜀が魏と違い生産力が弱いという事に関係がありそうです。

 

すなわち、国土が痩せていて貧しいので、家畜にも栄養豊富な餌を与えられない。

そこで、家畜には脂がのらず、いい意味ではさっぱり悪く言うと、

淡白な肉の味になってしまう。

そこで、飴や蜂蜜をかけて、脂肪分を補ったのかも知れません。

 

蜀の料理事情に曹丕はどうして喰いついた?

 

何でもない蜀の料理事情に曹丕はどうして喰いついたのでしょう?

これも記録がないので明確な事は言えませんが、スイーツ男子の

曹丕の事、びっくりする程に甘い肉料理を食べてみたかったかも知れません。

 

それから、もう一つ、今でも北京ダックは、蒸すまえにダックを

糖蜜でコーティングしますが、これには意味があります。

 

表面をコーティングして蒸す事で、ダックの表面には無数の見えない穴があき、

食べると皮がパリパリとして、食感の香ばしさが増します。

これを中国語では、浚(しゅん)というらしいのですが、

噛もうとするとホロホロと溶けてしまう食感を意味します。

 

曹丕も、この浚を愛好していたので、或いは、肉類に飴や蜂蜜を

かける事で、そのようなパリパリの食感が味わえるのを

想像できたのかも知れません。

 

もしや、蜀人は、それを知っていた?

中華 p

 

或いは、蜀の肉料理では、蜂蜜や飴をかけるのも、

そのようなパリパリ感を味わう為だったかも知れません。

 

今でも四川料理として中華に花を添える蜀の事です。

意外に、それが真相だったりするかも知れません。

蜀人恐るべしです。

 

 

三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

孟達と友達感覚で喋り、得た情報を詔として家臣に聞かせる曹丕

個人的には、孟達から、もっと聞き出す事はあるんではないか?

とは、思うのですが、美食家でスイーツ男子の曹丕には、

曹丕独特の感性があったのでしょうね。

 

関連記事:曹丕、女心を詩で歌う ごめんねディスしてキャンペーン

関連記事:そうだったのか!?曹丕はスイーツ男子。詩にスイーツの想いを込めちゃったよ!

関連記事:三国時代の料理と酒って何を食べてたの?英雄たちの宴が気になる

 

 

こちらの記事もよく読まれています

 

関連記事:曹丕の残忍さがよく分かる曹丕の妻、甄氏の悲劇

 

photo credit: Cóndor via photopin (license)

photo credit: Cóndor via photopin (license)

 

よく読まれてる記事:三国志怪奇談「曹丕、受禅台の怪」

最弱武将

 

よく読まれてる記事:張飛に怒鳴られて落馬して死んだ武将、曹丕の粋な計らい等、三国志を彩る変わった武将たち

 

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。
もちろん、食べるのはサーモンです。

関連記事

  1. 呂伯奢一家殺害事件 曹操:「俺を裏切ることは許さない!」
  2. 85話:曹操を油断させた潼関(どうかん)の大勝利
  3. 裴松之(はいしょうし)の神編集!異論反論ブチ込みまくりで三国志が…
  4. 藏洪(ぞうこう)とはどんな人?袁紹が可哀想になるくらい逆恨み男の…
  5. 麃公(ひょうこう)は実在したの?龐煖と李牧に挑んだ秦の将軍
  6. とっても皇帝になりたかった袁術
  7. 軍師・荀攸と曹操の懐刀・荀彧が曹操の公就任に反対していればどうな…
  8. 曹叡が孔明をDISる文章を発見!孔明はマゾでドけちだ!

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 孫晧(そんこう)とはどんな人?呉のラストエンペラー「暴君」の名をほしいままにしたが、実は…
  2. 諸葛孔明のお兄ちゃん「諸葛瑾」は政治家ではなく軍の仕事をメインとしていた!
  3. 孫香(そんこう)とはどんな人?そんな人いたんだ!最期まで袁術に尽くした孫家の将
  4. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース9記事【7/25〜7/31】
  5. モバイル向け新作シミュレーションRPG『三國志曹操伝 ONLINE』の事前登録をスタート
  6. 正史三国志・蜀書で見る蜀で忠誠度の高い武将ランキングを発表!

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【三国志 魏の歴史事件簿】一体何が起きたのか!?曹芳の時代に起きた事件に迫る!! ゾトアオとはどんな人?人間を超越している異民族の首領【後編】 【すっきり解説】曹操の元に徐庶が留まり続けた理由 関羽のワガママ死は孫権の無節操が原因だった? 劉備と西郷隆盛の共通点って何? キングダム557話「王翦の計略判明!」ゴールデンウィーク大予想 蘇秦(そしん)とはどんな人?秦の圧力を跳ね返す為、六国を結び付けた合従論者 Part.2 大奥も目じゃない?曹操の妻達の人生まとめ6選

おすすめ記事

  1. 呉の大都督、周瑜の魅力がありあまり過ぎて困る7つの理由
  2. 井伊直虎はおんな城主だったの?それとも男?身長は高かったの?直虎の生涯から迫まる!
  3. 毛沢東(もうたくとう)とはどんな人?中国の赤い星の生涯
  4. 三国志の時代にも裁判はあったの?実はかなりリーガルハイな感じだった
  5. 【センゴク】織田信長と伊勢・長島の一向一揆衆の戦いを解説するよ
  6. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース16記事【9/5〜9/11】
  7. 119話:孔明君のジャングル探検?南蛮討伐本戦
  8. 【シミルボン】すでにキャラ立ちしている、民話の中の三国志

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP