ログイン | 無料ユーザー登録


キングダム
徐庶


はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

呂布、関羽の愛馬・赤兎馬が気になってたまらない

赤兎馬




趙雲 長坂の戦い

 

女の子なら誰でも、白馬に乗った王子様に憧れる時期があります。

しかしながら、三国志を知った乙女なら誰でも、白馬の王子様像は消え去り、

いつのまにか理想の男性は、「赤兎馬に乗ったダレカ」になっているはずです。




関羽はどうやって赤兎馬を手に入れたの?

関羽千里行 ゆるキャラ

 

赤兎馬といえばやはり関羽が一番しっくりきますが、

そもそもは董卓が、丁原を裏切る見返りとして呂布に与えたものでした。

呂布の死後は曹操の馬となり、曹操関羽を味方に引き入れたいがために

赤兎馬関羽にプレゼントしました。

 

関羽の死後は、呉の馬忠に与えられたといいますが……ずいぶん長生きですね!

 

関連記事:関羽千里行って有名だけど何なの?

関連記事:はじめての三国志 4コマ劇場 「関羽単騎駆け」




喉から手が出るほどほしい赤兎馬

赤兎馬

 

「炭火のように赤い」とされる赤兎馬ですが、本当に色が赤かったのでしょうか。

中国において、赤色というのは、たいへんめでたい色で、誰もが好む色といっても

過言ではありません。

 

見た目が赤い上に、驚くばかりの巨躯であるという赤兎馬は、麒麟や鳳凰などの

瑞獣にも匹敵するインパクトがあるはずです。

 

呂布がほいほいと義父の丁原を裏切ったとしても、

どんな贈り物にも心を動かさなかった関羽が喜んだとしても、納得できます。

 

赤兎馬は汗血馬?

ira8

三国時代に先立つ漢の時代、西域産の名馬を求めて大遠征をおこなった皇帝が

いました。

前漢の第七代皇帝、武帝です。

 

武帝ははるばるシルクロードを越えて、大宛(フェルガナ)まで遠征軍を送りました。

そして長らくの戦いの末、西域産の名馬を手に入れたのです。

 

その時に武帝は言いました。

「天馬来る、血の汗を流す馬」

これが語源で、西域産の馬は「汗血馬(かんけつば)」と言われるようになりました。

 

血を流す馬……そうです。連想する色は「赤」ですね。

ひょっとすると、赤兎馬は汗血馬なのではないでしょうか。

 

董卓はもともと西涼の太守です。シルクロードを通ってやってきた汗血馬を、

いち早く手に入れられる位置にいたわけです。

 

関連記事:赤兎馬(せきとば)が活躍できたのは武霊王のおかげ

関連記事:衝撃の事実!赤兎馬の子孫が判明!?

 

 

気性が荒い馬は、戦闘馬として最適

馬

 

戦闘馬に必要とされるものは、速力、持久力、体格ですが、さらに、気性が

荒い馬であることも重要です。気性が荒いのは勇猛である証だからです。

 

この当時の中国の一般的な馬は、小柄で、気性もおとなしいものでした。

モンゴル原産の馬に比べても貧弱です。

そういうわけでよく、北方騎馬民族の侵攻に苦しめられるわけです。

 

赤兎馬は、たいへん気性が荒く、誰も乗りこなせないことで有名な馬でした。

そこで、曹操が関羽ならば、と与えてみると、関羽は見事に乗りこなしたと

いうことです。

 

関羽の勇猛果敢な活躍は、赤兎馬あってこそと言ってもいいかもしれません。

 

関連記事:時空を超える関羽、琉球の民話に登場

関連記事:【歴代名馬史上最強戦】赤兎馬と騅ではどっちが凄い?

関連記事:あの張飛がデレデレ?張飛が愛した愛馬

 

 

 

耳で聞いて覚える三国志





よく読まれている記事

横浜関帝廟

 

関連記事:横浜中華街の関帝廟はどうやって誕生したの?

 

関帝廟 関羽

 

よく読まれてる記事:関帝廟ガイド~知っておきたい、正しい「基本」の参拝方法

 

 

関羽 神様

 

よく読まれてる記事:なぜ関羽は神様になったのか?……忠義神武霊佑仁勇威顕関聖大帝

 

この記事を書いた人:東方明珠

キリン(東方明珠氏)はじめての三国志

こんにちは。とうほう めいしゅです。

中国は上海の雰囲気が好きなので、テレビ塔の「トンファンミンジュ」を名乗っています。

もともと『水滸伝』の大ファンで、『三国志』に興味を持ったのは、アーケードゲーム「三国志大戦」がきっかけです。

当時はゲームセンターに通いつめました!

まだまだ中国史について勉強中ですが、精いっぱい面白いことを探してお伝えしたいと思っています。

どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 袁紹軍は石弓兵が強い 46話:袁紹軍の審配、石弓隊で曹操軍を撃破
  2. 宴会マナーと酒(古代中国) こんなに厳しい!三国志の時代の宴会のマナーが超複雑
  3. 曹操も劉備もこれで学んだ?漢の時代の教科書と学校
  4. 貂蝉 蠱惑的な美女・貂蝉あなたは天使?それとも悪魔?
  5. 曹操と劉備 曹操と劉備ではどっちの武力が上?究極の個人対決
  6. はじめての三国志企画 – エイプリルフール特集
  7. 赤兎馬を可愛がる董卓 【董卓の逸話】董卓は実はいい人だった?
  8. 李儒と三国志 三国志を簡単に説明!そもそも三国志ってどんなもの?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 董卓と呂布
  2. 劉邦をなだめる陳平と張良
  3. 馬謖に魏打倒を叩き込む諸葛亮孔明
  4. ニギハヤヒ(日本神話)
  5. 桓公(かんこう)
  6. 馬超の兜にフォーカス
  7. 新選組の土方歳三
  8. 海上での戦いの孫権
  9. 黒田官兵衛

おすすめ記事

  1. 【第7回 幻想少女】強敵続出!ろひもと理穂は曹操に会えたのか!?
  2. 漢の飛将軍・李広の逸話「信念をもって行えばやれないことはない」 李広利
  3. キングダム578話最新ネタバレ「明日までに」レビュー解説 キングダム52巻
  4. 呉範(ごはん)とはどんな人?当たる占いをご所望なら私にお任せください!風占いの達人
  5. 三国志でイラク戦争を考えてみようじゃないか 孫権 弔い出陣
  6. 勝海舟はどんな人?西郷どんの親友、幕末ちょい悪親父の波乱の人生

三國志雑学

  1. 諸葛均 孔明の弟 ゆるキャラ
  2. 曹操と機密保持
  3. 赤鎧を身に着けた曹操
  4. ホウ徳、馬超
  5. 宦官VS外威 三国志


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 日本に目指さした孫権
  2. 魏延からの提案を却下する孔明
  3. 公孫瓚と劉備
  4. 三国志の計略02 賈ク
  5. 曹茂
  6. 残忍な曹丕

おすすめ記事

【週間まとめ】はじめての三国志ニュース25記事【7/31〜8/6】 kataru 陳寿が語る孫権像 曹植を暗殺しようとした曹丕を止める卞皇后 【曹操死す】卞皇后の一番辛くて長い日々 黄月英 諸葛亮の奥さん(黄夫人)は本当に醜女だったの? 藏覇(臧覇)と曹操 【シミルボン】これは凄い!非常に我慢強い英雄、曹操 陳宮 陳宮(ちんきゅう)ってどんな人?溢れんばかりの才能を備えた知略家「曹操編」 曹操軍 【図説】三国志の戦争の基礎になる「隊」について徹底解説 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース12記事【11/6〜11/12】

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP