袁術祭り

はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

呂布、関羽の愛馬・赤兎馬が気になってたまらない

この記事の所要時間: 237




趙雲 長坂の戦い

 

女の子なら誰でも、白馬に乗った王子様に憧れる時期があります。

しかしながら、三国志を知った乙女なら誰でも、白馬の王子様像は消え去り、

いつのまにか理想の男性は、「赤兎馬に乗ったダレカ」になっているはずです。




関羽はどうやって赤兎馬を手に入れたの?

関羽千里行 ゆるキャラ

 

赤兎馬といえばやはり関羽が一番しっくりきますが、

そもそもは董卓が、丁原を裏切る見返りとして呂布に与えたものでした。

呂布の死後は曹操の馬となり、曹操は関羽を味方に引き入れたいがために

赤兎馬を関羽にプレゼントしました。

 

関羽の死後は、呉の馬忠に与えられたといいますが……ずいぶん長生きですね!

 

関連記事:関羽千里行って有名だけど何なの?

関連記事:はじめての三国志 4コマ劇場 「関羽単騎駆け」




喉から手が出るほどほしい赤兎馬

赤兎馬

 

「炭火のように赤い」とされる赤兎馬ですが、本当に色が赤かったのでしょうか。

中国において、赤色というのは、たいへんめでたい色で、誰もが好む色といっても

過言ではありません。

 

見た目が赤い上に、驚くばかりの巨躯であるという赤兎馬は、麒麟や鳳凰などの

瑞獣にも匹敵するインパクトがあるはずです。

 

呂布がほいほいと義父の丁原を裏切ったとしても、

どんな贈り物にも心を動かさなかった関羽が喜んだとしても、納得できます。

 

赤兎馬は汗血馬?

ira8

三国時代に先立つ漢の時代、西域産の名馬を求めて大遠征をおこなった皇帝が

いました。

前漢の第七代皇帝、武帝です。

 

武帝ははるばるシルクロードを越えて、大宛(フェルガナ)まで遠征軍を送りました。

そして長らくの戦いの末、西域産の名馬を手に入れたのです。

 

その時に武帝は言いました。

「天馬来る、血の汗を流す馬」

これが語源で、西域産の馬は「汗血馬(かんけつば)」と言われるようになりました。

 

血を流す馬……そうです。連想する色は「赤」ですね。

ひょっとすると、赤兎馬は汗血馬なのではないでしょうか。

 

董卓はもともと西涼の太守です。シルクロードを通ってやってきた汗血馬を、

いち早く手に入れられる位置にいたわけです。

 

関連記事:赤兎馬(せきとば)が活躍できたのは武霊王のおかげ

関連記事:衝撃の事実!赤兎馬の子孫が判明!?

 

 

気性が荒い馬は、戦闘馬として最適

馬

 

戦闘馬に必要とされるものは、速力、持久力、体格ですが、さらに、気性が

荒い馬であることも重要です。気性が荒いのは勇猛である証だからです。

 

この当時の中国の一般的な馬は、小柄で、気性もおとなしいものでした。

モンゴル原産の馬に比べても貧弱です。

そういうわけでよく、北方騎馬民族の侵攻に苦しめられるわけです。

 

赤兎馬は、たいへん気性が荒く、誰も乗りこなせないことで有名な馬でした。

そこで、曹操が関羽ならば、と与えてみると、関羽は見事に乗りこなしたと

いうことです。

 

関羽の勇猛果敢な活躍は、赤兎馬あってこそと言ってもいいかもしれません。

 

関連記事:時空を超える関羽、琉球の民話に登場

関連記事:【歴代名馬史上最強戦】赤兎馬と騅ではどっちが凄い?

関連記事:あの張飛がデレデレ?張飛が愛した愛馬

 

 

 

耳で聞いて覚える三国志





よく読まれている記事

横浜関帝廟

 

関連記事:横浜中華街の関帝廟はどうやって誕生したの?

 

関帝廟 関羽

 

よく読まれてる記事:関帝廟ガイド~知っておきたい、正しい「基本」の参拝方法

 

 

関羽 神様

 

よく読まれてる記事:なぜ関羽は神様になったのか?……忠義神武霊佑仁勇威顕関聖大帝

 

この記事を書いた人:東方明珠

キリン(東方明珠氏)はじめての三国志

こんにちは。とうほう めいしゅです。

中国は上海の雰囲気が好きなので、テレビ塔の「トンファンミンジュ」を名乗っています。

もともと『水滸伝』の大ファンで、『三国志』に興味を持ったのは、アーケードゲーム「三国志大戦」がきっかけです。

当時はゲームセンターに通いつめました!

まだまだ中国史について勉強中ですが、精いっぱい面白いことを探してお伝えしたいと思っています。

どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 【衝撃の事実】赤壁の戦いに色をつける!袁術の音楽隊が大活躍してい…
  2. 【三国志演義】孔明が残した錦嚢策(きんのうのさく)って一体なに?…
  3. 炙り焼肉にソーセージ?とりあえずビールと言いたくなる三国時代の食…
  4. 呂布の裏切りについて考察してみた
  5. 曹操の塩対応に張松ブチ切れ!曹操が冷たく扱ったのは傲慢ではなく驚…
  6. 劉備と呂布を仲たがいさせよ!駆虎呑狼の計
  7. 曹丕(そうひ)得意の詩で蜀の調理法を斬る
  8. 悲しみの巨人、兀突骨(ごつとつこつ)は実在してた?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 太平道だけじゃない!後漢末はどんな宗教が流行ったの?
  2. 【キングダム】王賁の子孫はついに○○になっちゃったってホント!?
  3. 55話:劉表のお家騒動に巻き込まれて殺されかける劉備
  4. 【シミルボン】皆、戦争は嫌だった!三国志の時代の徴兵逃れ
  5. 曹操は女の敵なのかどうかを検証する・その2
  6. 【2016年】年末年始にまとめ読み!これを読めば三国志が丸わかり30選【総集編】

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

古代中国のコペルニクスは孔明だった?彼はなぜ天文学を学んだの? 32話:ブチ切れる献帝、曹操暗殺を指示 またまた発見!劉備の黒歴史、なんと劉禅には生き別れの兄がいた? まるでルイージマンション?曹操の自宅は、お化け屋敷だった!!英雄のお屋敷を徹底紹介! 名推理!三国志時代にも名裁判官が存在した!? 成廉(せいれん)と魏越(ぎえつ)とはどんな人?呂布が強いのは俺達がいてこそ! 三国時代の経済ってどうなってたの? 的盧は名馬なの?凶馬なの?劉備と龐統(ホウ統)の死

おすすめ記事

  1. 野心家の孟達(もうたつ)が時代を変えた!三国志の歴史に残る裏切り劇
  2. 曹操の妻はどんな人達だったの?13人を紹介 Part1
  3. 【はじめての孫子】第6回:勝つために最も大切なことは智謀でも勇気でもなく、緻密な計算
  4. 黄河(こうが)とは何?どんな猛将も敵わない、最凶の暴れ河
  5. 廖化(りょうか)ってどんな人?蜀漢成立~滅亡まで戦い続けた蜀の将軍
  6. もし姜維が魏に残り続けていたら蜀はどうなった?魏では出世できた?
  7. 【優劣対決】戦国武将小早川秀秋 VS 蜀の二代目皇帝劉禅一体どちらが優れていたのか。PART1
  8. 光武帝はとんでもないスピリチュアマニアだった!?劉秀の意外な一面

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP