編集長日記
北伐

はじめての三国志

menu

はじめての変

『うしおととら』の獣の槍の元ネタは孫子の時代にあった?古代中国の名剣・干将と莫邪

この記事の所要時間: 438

うしおととら(1) (少年サンデーコミックス)

 

1990年から週刊少年サンデーに連載されたマンガ『うしおととら』。

数々の賞を取り、2015年には25年連載開始から25年越しのテレビアニメ化が実現したこの作品に登場する武器“獣の槍”の元ネタが、

古代中国にあったとされる名剣ということを、皆さんはご存知でしょうか?

 

関連記事:三国志を楽しむならキングダムや春秋戦国時代のことも知っておくべき!

関連記事:キングダムと三国志の違いって何?時代を追ってみる

 

 

『うしおととら』で語られる“名剣”鋳造の逸話

 

『うしおととら』の劇中、主人公が時を遡ってたどり着くのが「2290年前の中国」です。

時代的にはちょうど戦国時代に当たる時期です。

ここで主人公が出会った刀工の親子は、王に献上するための剣を作ろうとしていましたが、製造の過程でどうしても剣にヒビが入ってしまい、上手くいきません。

 

落胆する刀工の父親に息子が修行先で聞いた話として教えたのが名剣、干将(かんしょう)と莫邪(ばくや)の逸話でした。

 

一対の名剣

 

干将と莫邪は合わせて一対とされる名剣とされています。

剣を作った職人の名前が干将、その妻の名前が莫邪で、その二人の名を取って命名されています。

陰陽説に基いて、干将は陽剣、莫邪は陰剣であるとされました。

 

また、それぞれ刀身に、干将には亀裂のような文様が、莫邪には波紋のような文様があったことが外観上の特徴であったとされています。

 

“干将”と“莫邪”にまつわる逸話

孫武 ゆるキャラ

 

“干将”と“莫邪”が作られたのは、現代からおよそ2500年前、『うしおととら』の劇中の時代からは約200年ほど前、春秋時代の呉の国でした。

 

その時代の呉は、六代目の王、闔閭(こうりょ)が統治する時代でした。

闔閭には、伍子胥(ごししょ)や孫武(そんぶ)といった臣下が仕えており、呉はその時代隆盛を誇っていました。孫武とはあの「孫子」の作者とされる人物です。

 

あるとき、闔閭は名工として知られる干将に二振りの剣を作るように命じます。

干将は国中から最高の素材を集め、剣造りに最高の条件を整えて剣の鋳造に挑みました。

 

しかし、急に気温が下がったことから鉄が溶け合わず、作業は三ヶ月経ってもなおはかどりませんでした。困り果てた干将が思い出したのは、自分の師匠のことでした。

 

髪と爪を炉に投じて剣を作る

photo credit: d8_november via photopin (license)

photo credit: d8_november via photopin (license)

 

かつて、干将の師匠は今の干将と同じような苦難にあったとき、夫婦ともども炉の中に身を投じて鉄を溶け合わせさせました。

干将はそのことを思い出し、妻である莫邪に髪と爪を炉に投じるよう命じます。

 

さらに、三百人の弟子にふいごを吹かせたところ、鉄はようやく溶け合い見事な一対の剣を作ることに成功しました。

 

その出来栄えのあまりの良さから、干将は陽剣を手元に残し、陰剣のみを闔閭へ献上したといいます。

 

やがて、闔閭は魯の国から来た使者にこの莫邪を与えようとしましたが、刀身に刃こぼれがあることに気づいた使者は呉がやがて滅亡することを予感し、剣を受け取ろうとはしませんでした。

 

“呪われた剣”としてのイメージ

photo credit: All Lights via photopin (license)

photo credit: All Lights via photopin (license)

 

上記の話は『呉越春秋』(ごえつしゅんじゅう)という書物に書かれているものですが、他の書物では物語の舞台は呉ではなく楚(そ)の話であるとする説もあります。

 

その書物によれば、干将は剣の献上が遅れたこと、更に一対の剣の片方を隠したことに逆上した楚王によって処刑されてしまいます。

干将が死んだ時、莫邪がみごもっていた子である赤(せき)は成長してからこのことを知り、父の隠していた陽剣を見つけ出して復讐を誓いますが、逆にそのことを知った楚王によって終われ、山へと逃げ込みます。

 

父の仇を取ることかなわず、赤が嘆き悲しんでいるところに旅人が通りかかります。

事情を知った旅人は『代わりに仇を取ってお良いがそのためにはお前の首が必要だ』とお言います。

赤は旅人が約束を守ると誓うと、自ら首を刎ねて死にました。

 

赤の首を持った旅人は楚王に献上し、『熱湯で煮て溶かさなければならない』と告げます。

楚王は言われた通りに赤の首を煮えたぎる釜に入れますが、いつまでたっても溶けません。

旅人から「王が上から良く見ればきっと溶けるでしょう」と言われた楚王が釜を覗き込んだその時、旅人は隠し持っていた陽剣で王の首を刎ね、そして自分の首も刎ねてしまいました。

 

三王墓2

 

3つの首はすべて釜の中で融け合ってしまい、臣下のものは致し方なくそれらをまとめて葬ることにしました。

この墓は“三王墓”と呼ばれ、現在も存在しています。

 

【次のページに続きます】

 

ページ:

1

2

関連記事

  1. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース17記事【11/7〜11/…
  2. 荀彧だけじゃない!?王佐の才と呼ばれた漢を紹介!
  3. 壮絶、血を吐きまくる三国志武将ランキング
  4. 【世界版】死者同士の結婚「冥婚」は韓国・台湾・アフリカ・フランス…
  5. 【三国志のエチケット】口臭は人間関係もビジネスも台無しにする?
  6. 徳川家康は孫権を参考にしていた?二人の共通する人材起用のポイント…
  7. 僕陽の戦いで見る八健将(はちけんしょう)の実力に迫る!
  8. 【ネオ三国志】第1話:蒼天航路の主人公・曹操立つ

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 太史慈(たいしじ)ってどんな人?孫策とマジで一騎打ちした勇将
  2. 【シミルボン】これはヤバいよ!裏三国志 大流行したドラッグ五石散
  3. 曹操の詩の世界を体験してみよう
  4. 【はじめての孫子】第5回:戦わずして人の兵を屈するは、善の善なる者なり
  5. 馬超の死後、一族はどうなったの?漢族の国家に仕えながら死ぬ寸前まで遊牧民のプライドと一族を守ろうとした馬超
  6. 楊修(ようしゅう)とはどんな人?頭が良すぎて曹操から死を賜った悲劇の秀才

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

意外!?金持ちの息子の曹操は貧乏症だった? 【そもそも論】どうして袁紹や袁術には力があったの? 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第3部 19話:超豪華!反董卓軍の英雄達 曹真が明帝時代の名将である確固たる理由 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース16記事【9/5〜9/11】 なぜか気になる夢占い!曹操も劉備も初夢を占った?古代中国の夢占いと衰退した理由 真田昌幸にとっての領土拡張戦略と沼田城の重要性

おすすめ記事

  1. 60話:徐庶、劉備軍の軍師として曹操と対峙する!
  2. 【さんすま】三国大戦スマッシュ! 第5回 ついにあの武将が「覇王化」!!
  3. 50話:捨てる神あれば、拾う神、劉備、趙雲と再会
  4. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース26記事【1/1〜1/8】
  5. 中華統一後の始皇帝は大手企業の社長並みの仕事ぶりだった!?彼が行った統一事業を紹介
  6. ゴールデンカムイネタバレ予想 129話 五翼放射状平屋舎房
  7. 【戦国四君の食客の名言】人間関係を達観した馮驩の名言
  8. 曹操の機転。濮陽の戦いと定陶の戦い

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP