孫権は何であれほど合肥城を狙い続けたの?理由をわかりやすく解説(前半)

第二回合肥攻略戦も失敗に終わる




曹操VS孫権R1

 

孫権は、盧江郡の皖城を攻略し、劉備ともめていた荊州の問題も解決した事で合肥に侵攻する余裕が生まれました。

そのため孫権は10万の呉軍を率いて、合肥攻略に出陣します。

この第二回合肥攻略戦が皆さん知っている有名な合肥城攻略戦だと思います。




合肥城にこもっていたのは7000千の魏軍と勇将

泣く子も張遼

 

合肥城にこもっていたのは7000千の魏軍と勇将・張遼(ちょうりょう)と猛将・楽進(がくしん)、知略家・李典(りてん)などです。

孫権は翌日攻撃をするため、合肥の近くに陣を敷き、休息をとっていました。

明け方に、勇将・張遼が孫権本陣に奇襲を仕掛けてきます。

 

張遼 カカロットーーーー!

 

この軍は鬼神のごとき働きを見せ、孫権の武将・陳武などを殺し、孫権も本陣を移動させて、避難します。

態勢を立て直した孫権は、張遼が率いてきた軍勢の少なさを見て、包囲しますが、張遼は難なく包囲を打ち破り、合肥城に退却します。

孫権は、合肥城を攻囲しますが、張遼の奇襲により戦意が削がれた事と疫病が軍に蔓延したため、10日間ほど合肥を包囲し、退却します。

張遼と楽進は、孫権軍が退却するのを見て、追撃をかけます。

孫権はしんがりを務めていましたが、張遼と楽進の猛攻を受けます。

しかし甘寧(かんねい)凌統(りょうとう)呂蒙(りょもう)らが、必死に猛攻を食い止めたおかげで、孫権は命からがら退却することができました。

 

関連記事:奮戦する張遼、孫権を二度も追い詰める

関連記事:病気の呂蒙を穴から見守る孫権

関連記事:超短気の甘寧、凌統・呂蒙との珍エピソード




合肥新城を築城

photo credit: When moon lit up the blue sky via photopin (license)

 

私が書いた満寵(まんちょう)の記事でも紹介しましたが、初めての読者がいるかもしれませんので、再び合肥新城築城の経緯を書かせていただきます。

魏の満寵は、合肥の近くに新たな城を築城しようと考えます。

主な理由としては、合肥の城が江湖と呼ばれる河に近いため、孫権軍の水軍が活かせる場所にあった点と総司令官の居城である・寿春から遠く、援軍を送るのに時間がかかる欠点を無くすためです。満寵の築城計画は、一度は魏の皇帝に否定されますが、再度「築城させてくれー」と強い意志を見せてお願いすると、魏の皇帝は賛成し、築城が始まります。

こうして旧合肥城の欠点を克服した、合肥新城が完成したのです。

この新城が完成した事により、孫権の苦難はまだまだ続くことになるのです。

 

関連記事:満寵(まんちょう)ってどんな人?曹氏三代に仕え呉の天下統一を阻み続けた司令官

特別記事:【新企画】朝まで三国志を開催!夜22時~朝6時までノンストップ特別企画!

 

三国志ライター黒田廉の独り言

黒田廉

 

次回は合肥城が合肥新城に生まれ変わったため、どうしても欲しかった合肥新城を掲載していきます。

合肥の行方が見たいなら次回も必ずみるにゃ~♪




よく読まれている記事

袁術と孫策

 

よく読まれている記事:孫策を自分の息子にしたいと思っていた袁術

 

孫策 頬

 

よく読まれてる記事:孫策、旧勢力に恨まれ無念の死を遂げる

 

孫策

 

よく読まれてる記事:たった26年の生涯を駆け抜けた小覇王・孫策

 

呉夫人

 

よく読まれてる記事:小覇王・孫策のお母さん「呉夫人」は偉大すぎた

この記事を書いた人:黒田廉(くろだれん)

黒田廉

■自己紹介:

三國志が大好きです。オススメのマンガは曹操を描いた蒼天航路がオススメです。三國志の小説のオススメは宮城谷昌光氏が書いた三國志です。

好きな歴史人物:張遼夏候惇文鴦

何か一言:好きな食べ物はマグロ、ぶり、アジが大好きな猫です。




< 1

2

関連記事

  1. 愛馬に乗り敵を粉砕する張遼
  2. 桃園三兄弟 劉備、張飛、関羽 vs 呂布
  3. 曹叡から寵愛を受ける秦朗
  4. 伊籍
  5. 元服をしているシーン(日本人)

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

“はじめての三国志公式LINEアカウント"




PAGE TOP