架空戦記
HMR

はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

呂布の裏切りについて考察してみた

この記事の所要時間: 25




呂布 あっけない 最後

 

裏切り者の代名詞と言えば、日本では、戦国大名、松永久秀、

キリスト圏ではイスカリオテのユダ、そして中国では呂布奉先でしょう。

 

しかし、第三者の目から見れば、裏切り者である呂布(りょふ)ですが、

呂布当人に裏切り者の自覚はあったのでしょうか?

 

「そんなの無かったら人間としてオカシイ」そうかも知れませんが、

現代の常識が、古代の常識とは限りません。

 

関連記事:赤兎馬ってどんなウマ?呂布も関羽も愛した名馬

関連記事:衝撃の事実!赤兎馬の子孫が判明!?




呂布の生まれた土地と価値観

裏切り 呂布

 

実は、呂布が生まれた土地は、漢民族と遊牧民族の辺境と考えられています。

そして、呂布自身も、モンゴル系、或いはトルコ系と漢族の混血とも考えられているのです。

 

本宮ひろ志の三国志漫画、「天地を喰らう」の呂布は、

金髪、碧眼の青年ですが、あそこまでいかないにしても、

呂布には、漢民族には無い身体的な特徴があったのかも知れません。

 

そして、遊牧民には、漢民族とは異なるルールが存在しました。

それは、「強いものが全てを手に入れる」というルールです。

 

統一期間を除いては、部族同士の小競り合いが延々と続く

遊牧民の世界では、一人の勝者が全てを独占する事が許されます。

 

そこには、裏切りも汚いもありません、どんな手を使おうが、

敵を倒してしまった者が強者なのです。

 

そして、そうする事が、知力と武力を兼ね備えた強力な首領を出現させ、

部族は長らく安定して暮らせるという事にも繋がりました。

 

義理がどうの、恩義がどうのという倫理観は、漢民族のもので

遊牧民にとっては預かりしらないものでした。

 

関連記事:三国志に出てくる羌族ってどんな民族?

関連記事:三国志に出てくる鮮卑族ってどんな民族?

関連記事:何から読めばいいの?三国志入門向けの小説と漫画を紹介!




当時の漢帝国と遊牧民の関係性

曹操 魏王

 

漢帝国も、辺境には武力に長けた武将を派遣して遊牧民を

討伐させたり懐柔させたりしていますし、

強い将軍が出てきた時には、彼等も従順に従っています。

 

しかし、一度、漢の軍勢が弱くなるや、遊牧民はそれまでの和平は偽りかのように

軍事侵攻してきて、略奪と破懐の限りを尽くすのです。

 

「なんて汚い事をするのだ」なんて怒っても仕方がありません。

遊牧民から見れば、弱くなったから逆襲したのだというだけなのです。

 

「文句があるなら、手を抜かず強い将軍を配置すればいいではないか?」

遊牧民の感覚ではそういう事になるのです。

 

関連記事:馬超や曹操と因縁が深い氐族(ていぞく)

関連記事:曹操、生涯最大の苦戦 白狼山の戦い|烏桓討伐編

関連記事:五胡十六国の火種は曹操が撒いた?各時代の異民族を紹介

 

呂布も遊牧民の感覚で三国志の歴史で登場

呂布 最強 曹操

 

呂布も、この遊牧民の感覚と同じであって、劉備を頼って来た時も

袁術と戦い危機に陥った劉備の隙を突いて領地を奪っています。

 

漢民族の立場では、「こういう場合こそ呂布に守って欲しい」という

ピンチが呂布には「独立のチャ―ンス」に見えているのです。

 

だからこそ何度、敗れて捕縛されても悪びれる事もなく、

「俺を味方にすれば、天下が取れるぜ大将」という台詞が吐ける。

そういう事になっているのでしょう。

 

関連記事:遊牧民の衝撃の髪型 辮髪(べんぱつ)って何?

関連記事:羌・鮮卑・烏桓だけではない!南の異民族を徹底紹介

 

三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

呂布から見れば、関羽孔明も、

「才能がありながら、つまらん義理から馬鹿な君主から離れられず

あたら才能を無駄に費やしているアホらしい連中」に過ぎなかったかも、、

 

そう書いてしまうと、関羽や孔明ファンから顰蹙モノかも知れませんが(笑)

 

関連記事:思わず「やりすぎだろ」と声が出る!脳筋・呂布が袁術にたかる方法が現代でも使える【ビジネス三国志】

関連記事:本当は好きなんでしょ?一騎当千の最低男、呂布の最強伝説

関連記事:楚の英雄・項羽と三国志一の強さを誇った呂布には共通点が盛りだくさん

 

—三国志を彩どる異民族が満載!—

三国志vs異民族 バナー




こちらの記事もよく読まれています

劉備 呂布 肉取り合い

 

よく読まれている記事:劉備と呂布を仲たがいさせよ!二虎競食の計

 

呂布 VS 曹操

 

よく読まれてる記事:曹操、陳宮の裏切りで兗州を呂布に奪われる!!

 

董卓&呂布

 

よく読まれてる記事:うぐ、どうしても董卓と呂布に勝てない……!

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

 

自己紹介:

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

関連記事

  1. 漢の400年は、たった8年の激しい戦いから生まれた?三国志の前哨…
  2. はじめての三国志 4コマ劇場 「合肥の戦い」
  3. 三国時代の税金の種類と分類をわかりやすく解説!税制がわかると三国…
  4. 孫呉が天下統一できる可能性が2回もあった!?黒田レンの考察
  5. 【軍師特集】三国志、中国史、日本史にみる君主を支えた敏腕軍師たち…
  6. 曹操の人材登用法が魏国の安定をもたらす!能力主義者・曹操の二段構…
  7. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース13記事【4/17〜4/2…
  8. 孔明とは違うのだよ!天才姜維の斜め上北伐とは?両者の徹底比較

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 夏侯惇の死後、一族はどうなったの?忙しかった夏侯惇はイクメンではなかった?
  2. 海音寺潮五郎の小説『孫子』ってどんな作品なの?【はじめての孫子 番外編】
  3. そうだったのか!武器の特徴を知ると三国志の時代の戦い方が分かる!
  4. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース18記事【5/30〜6/5】
  5. 主人公になるべく登場した男、劉備玄徳
  6. はじめてのプロ野球(三国志風)日本球界が誇るレジェンド選手達

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

人の見栄がビジネスチャンス!後漢で繁盛した秘商売とは? 【はじ三の企画ができるまで〜制作の裏側少しだけ公開】 【日本人と三国志の出会い】奈良時代に董卓だとdisられていた人が存在した【シミルボン】 35話:曹操、陳宮の裏切りで兗州を呂布に奪われる!! 冒頓単于(ぼくとつぜんう)とはどんな人?漢帝国の宿敵で匈奴の名君Part.2【完】 秦朗(しんろう)の人たらし術がハンパない!秦宜禄のバカ息子の意外な才能 115話:蜀キラー陸遜、火攻めで劉備を打ち破る!夷陵の戦い完結編 曹操が皇帝に即位していたら三国志はどうなったの?

おすすめ記事

  1. 【新サービス】はじめての三国志メモリーズを始めました
  2. 孫権の後を継ぐのは私なんだから! 孫家のドロドロした後継者問題
  3. 常に二番手で戦ってきた李典のタッグ武将歴
  4. 【マニアック向け三国志】捕まったことで運命の君主と出会った王朗(おうろう)
  5. 呉範(ごはん)とはどんな人?当たる占いをご所望なら私にお任せください!風占いの達人
  6. 何進(かしん)とはどんな人?天下騒乱のきっかけを作った大将軍
  7. 三国志で複雑なシリア内戦をザックリ解説
  8. 【意外】古代中国では犬や山猫が鼠を捕っていた?

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP