呂布の裏切りについて考察してみた




呂布 あっけない 最後

 

裏切り者の代名詞と言えば、日本では、戦国大名、松永久秀、

キリスト圏ではイスカリオテのユダ、そして中国では呂布奉先でしょう。

 

しかし、第三者の目から見れば、裏切り者である呂布(りょふ)ですが、

呂布当人に裏切り者の自覚はあったのでしょうか?

 

「そんなの無かったら人間としてオカシイ」そうかも知れませんが、

現代の常識が、古代の常識とは限りません。

 

関連記事:赤兎馬ってどんなウマ?呂布も関羽も愛した名馬

関連記事:衝撃の事実!赤兎馬の子孫が判明!?




呂布の生まれた土地と価値観

裏切り 呂布

 

実は、呂布が生まれた土地は、漢民族と遊牧民族の辺境と考えられています。

そして、呂布自身も、モンゴル系、或いはトルコ系と漢族の混血とも考えられているのです。

 

本宮ひろ志の三国志漫画、「天地を喰らう」の呂布は、

金髪、碧眼の青年ですが、あそこまでいかないにしても、

呂布には、漢民族には無い身体的な特徴があったのかも知れません。

 

そして、遊牧民には、漢民族とは異なるルールが存在しました。

それは、「強いものが全てを手に入れる」というルールです。

 

統一期間を除いては、部族同士の小競り合いが延々と続く

遊牧民の世界では、一人の勝者が全てを独占する事が許されます。

 

そこには、裏切りも汚いもありません、どんな手を使おうが、

敵を倒してしまった者が強者なのです。

 

そして、そうする事が、知力と武力を兼ね備えた強力な首領を出現させ、

部族は長らく安定して暮らせるという事にも繋がりました。

 

義理がどうの、恩義がどうのという倫理観は、漢民族のもので

遊牧民にとっては預かりしらないものでした。

 

関連記事:三国志に出てくる羌族ってどんな民族?

関連記事:三国志に出てくる鮮卑族ってどんな民族?

関連記事:何から読めばいいの?三国志入門向けの小説と漫画を紹介!




当時の漢帝国と遊牧民の関係性

曹操 魏王

 

漢帝国も、辺境には武力に長けた武将を派遣して遊牧民を

討伐させたり懐柔させたりしていますし、

強い将軍が出てきた時には、彼等も従順に従っています。

 

しかし、一度、漢の軍勢が弱くなるや、遊牧民はそれまでの和平は偽りかのように

軍事侵攻してきて、略奪と破懐の限りを尽くすのです。

 

「なんて汚い事をするのだ」なんて怒っても仕方がありません。

遊牧民から見れば、弱くなったから逆襲したのだというだけなのです。

 

「文句があるなら、手を抜かず強い将軍を配置すればいいではないか?」

遊牧民の感覚ではそういう事になるのです。

 

関連記事:馬超や曹操と因縁が深い氐族(ていぞく)

関連記事:曹操、生涯最大の苦戦 白狼山の戦い|烏桓討伐編

関連記事:五胡十六国の火種は曹操が撒いた?各時代の異民族を紹介

 

呂布も遊牧民の感覚で三国志の歴史で登場

呂布 最強 曹操

 

呂布も、この遊牧民の感覚と同じであって、劉備を頼って来た時も

袁術と戦い危機に陥った劉備の隙を突いて領地を奪っています。

 

漢民族の立場では、「こういう場合こそ呂布に守って欲しい」という

ピンチが呂布には「独立のチャ―ンス」に見えているのです。

 

だからこそ何度、敗れて捕縛されても悪びれる事もなく、

「俺を味方にすれば、天下が取れるぜ大将」という台詞が吐ける。

そういう事になっているのでしょう。

 

関連記事:遊牧民の衝撃の髪型 辮髪(べんぱつ)って何?

関連記事:羌・鮮卑・烏桓だけではない!南の異民族を徹底紹介

 

三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

呂布から見れば、関羽孔明も、

「才能がありながら、つまらん義理から馬鹿な君主から離れられず

あたら才能を無駄に費やしているアホらしい連中」に過ぎなかったかも、、

 

そう書いてしまうと、関羽や孔明ファンから顰蹙モノかも知れませんが(笑)

 

関連記事:思わず「やりすぎだろ」と声が出る!脳筋・呂布が袁術にたかる方法が現代でも使える【ビジネス三国志】

関連記事:本当は好きなんでしょ?一騎当千の最低男、呂布の最強伝説

関連記事:楚の英雄・項羽と三国志一の強さを誇った呂布には共通点が盛りだくさん

 

—三国志を彩どる異民族が満載!—

三国志vs異民族 バナー




こちらの記事もよく読まれています

劉備 呂布 肉取り合い

 

よく読まれている記事:劉備と呂布を仲たがいさせよ!二虎競食の計

 

呂布 VS 曹操

 

よく読まれてる記事:曹操、陳宮の裏切りで兗州を呂布に奪われる!!

 

董卓&呂布

 

よく読まれてる記事:うぐ、どうしても董卓と呂布に勝てない……!

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

 

自己紹介:

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

関連記事

  1. 3000人の配下で孔明の庵を包囲する武闘派な劉備
  2. 陳寿(晋)
  3. 逃げる夏侯覇
  4. 徐福
  5. 曹操から逃げ回る劉備

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

ASMR

“近代オリンピック




PAGE TOP