編集長日記
北伐

はじめての三国志

menu

はじめての変

これだけ読めば丸わかり!孔明が身に着けている羽毛扇などのトレードマークの理由!

この記事の所要時間: 558




孔明 出師

 

三国志きっての人気キャラクターでファンが多い諸葛亮孔明

孔明は実在した人物で、本家中国でも『天下の偉人、孔子の後は孔明のみ』とまでうたわれた鬼才でもあります。

そんな孔明ですが、数多の三国志ドラマや映画、漫画や小説の挿絵など…必ずと言っていいほどに描かれる孔明の姿は共通していますよね?




孔明と言えば…の基本の3点セット

諸葛孔明

 

そうです!あのコロンと丸い独特な山なりの帽子に、ゆったりとした着物、そしてトレードマークとも言える羽毛扇!

やはりこれは、日本において数々の三国志作品に影響を与えている横山光輝先生の三国志マンガの影響なのでしょうか?

 

と、思いきや。

中国に古くから残されている孔明の人物画や、五丈原や白帝城など各地に見られる孔明の像でも、孔明は基本の3点セットを身につけたお馴染みの姿です。

 

三国志演義でも確かにその姿は

『身の丈八尺、面は冠玉のごとく。頭に綸巾(かんきん 頭巾)をいただき、身に鶴氅(かくしょう 道士の着物)をまとい…』

(身長約185cm、顔は白玉のように白い。頭には綸巾を被り鶴氅を身に纏っている)

 

と、しっかり基本の3点セットの孔明スタイルで描かれていますね。

 

もちろん、三国志演義は後世に作られたフィクションなので、それぞれが愛用している武器や伝説などは史実とは異なり、後付けされたものも数多くあります。

孔明のトレードマークマークともいえるこの基本スタイルやアイテムにはどんな意味があるのでしょうか?

また、実在の孔明もこのようなスタイルだったのでしょうか!?




丸い独特な帽子は『綸巾』(かんきん)

空城も計 孔明

 

他の登場人物とは違った、独特な帽子は綸巾(かんきん)と呼ばれます。

様々な孔明像で描かれる独特の形から、『諸葛巾』と呼ばれる事も。

 

この綸巾自体は、『青い紐などを組み合わせて作った頭巾。普段着用のもの。』という概念だそうです。

 

え?頭巾!?…と、思いますよね。

私達が多く知っている孔明の頭にあるものは、もっとポコっと山なりで食パンみたいで、素材も固そうです。

 

が、古い時代の孔明の人物画などでは孔明の帽子は頭巾らしくフニャフニャとした形に描かれているのです!

んん〜!?これどこかで似たような物…

 

そうだ!大黒頭巾!!

 

 

我らが(?)日本の七福神の一人、大黒様が被ってる大黒頭巾を見てみると…頭先ほどまでの違和感がすーっとどこかへ消えていきます。
還暦のおじいちゃんのアレです。

 

頭巾と言われると、どうしても時代劇に登場する、目元しか出していないほっかむりスタイルがお馴染みな為、あの山なり帽子とどうも一致しなかったのですが…

大黒頭巾を見ると納得。

当時で言う頭巾とは広い意味合いがあり、様々なタイプがあったのです。

確かに見方によっては孔明の山なりの帽子に見えますね。

 

後世で孔明の像を作る上で、大黒頭巾に似た孔明の綸巾を再現していくうちに、縦長の山なりな形になり、いつしか帽子のようになってしまったと考えられます。

絵と違って像だと頭巾は表現し難いし…

この当たりは詳しい資料や歴史書が殆ど無いので謎が多いのが現状のようです。

 

関連記事:実は孔明は墨者(ぼくしゃ)だった!?意外すぎる6つの理由

関連記事:孔明や荀彧が務めていた尚書(しょうしょ)ってどんな役職?女尚書も存在した?

関連記事:諸葛瑾(しょかつきん)ってどんな人?偉大な孔明の兄はどうやって乱世を生き抜いたの?

関連記事:司馬懿(しばい)ってどんな人?実は列伝が無い孔明のライバル

 

孔明の帽子を象ったと言い伝えられる寺院の屋根

孔明 軍師

 

実在の孔明像を探る上で非常に興味深い事実が存在しますよ。

 

後年、孔明は南征を行いました。

当時は未開の地でもあった南方の平定でしたが、孔明はその地に住む多くの民の生活の向上にも心を砕いたとされています。

その為、孔明から受けた恩恵を後世に伝える為に、多くの場所に諸葛亮孔明の名前をつけられた遺跡や伝説が残されているそうです。

ある部族の村にある寺院の屋根は、孔明の帽子の形をかたどったと言い伝えられてるそうです。

孔明の帽子がちょっと個性的な形だったのは間違い無いようですね。

 

関連記事:諸葛瞻(しょかつせん)ってどんな人?孔明が親バカになるほど可愛がった愛息子

関連記事:孔明君のジャングル探検?南蛮討伐前哨戦

関連記事:孔明君のジャングル探検?南蛮討伐本戦

関連記事:孟獲(もうかく)はインテリ男子?南蛮征伐は孔明と孟獲のヤラセだった件

 

実際の孔明の帽子は紺色だったと推測


蛇足ですが、綸巾は青い紐を組み合わせて作られ…という記述から、実際の孔明の帽子は紺色だったと推測されます。

ドラマや映画では黒も多いですね!

横山三輝先生の孔明は金色です。

 

【次のページに続きます】




ページ:

1

2

関連記事

  1. 【名将対決】雷神と恐れられた名将立花道雪VS呉の名将陸遜 Par…
  2. 王騎将軍は二人いた!キングダムのカリスマの真実
  3. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース26記事【1/1〜1/8】…
  4. 曹操を好きになってはいけない6つの理由
  5. 呉起(ごき)とはどんな人?各国を渡り鳥のように移った天才兵法家
  6. 蜀の武将・張達(ちょうたつ)と范彊(はんきょう)に同情の余地はあ…
  7. 日本の外交官も参考にすべき?三国志の外交交渉能力ベスト10
  8. 秦朗(しんろう)の人たらし術がハンパない!秦宜禄のバカ息子の意外…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 3話:秦が中華統一できたのは秦が三流国家だったから?
  2. 西郷隆盛が西南戦争を起こした理由とは?
  3. 韓玄(かんげん)とはどんな人?劉備に降伏した長沙太守
  4. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース23記事【10/10〜10/16】
  5. 【意外】古代中国では犬や山猫が鼠を捕っていた?
  6. 102話:成長した張飛、計略で張郃を撃ち破る

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【センゴク】想定外!織田信長を討った明智光秀の誤算ってなに? 鮑勛(ほうくん)とはどんな人?自分の意見をまっすぐに答え曹丕に恨まれてしまった政治家 【シミルボン】孔明も騙した?蜀に似合わないテキトー人間 何祇の人生 授業や教科書では教えてくれない長篠の戦いをセンゴクから見てみよう 裴松之(はいしょうし)の神編集!異論反論ブチ込みまくりで三国志が激アツに! 蜀(国家)が滅亡したら蜀の民や国に尽した人はどうなるの? 日本で一番すごい武将?敵中を突破して帰国した猛将・島津義弘の武勇伝 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十二話「おんな城主直虎」の見どころ紹介

おすすめ記事

  1. 漢の時代の人が考えるあの世は、どんなイメージ?
  2. 114話:蜀キラー陸遜、劉備を打ち破るための不気味な沈黙
  3. 衛青(えいせい)とはどんな人?前漢時代最強を誇っていた匈奴を打ち破って漢の領土を回復させた武人
  4. 34話:女好きの英雄曹操、危機一髪の大失敗
  5. 井伊直虎の許婚はどういう人?おんな城主 直虎をさらに楽しむ!
  6. 【江陵攻防戦】名将・曹仁が見せた粘り腰が周瑜に致命的な一撃を加える
  7. これは凄い!巨大な関羽像が荊州に現れる!実は二千年前から巨大像が好きだった中国人
  8. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース11記事【7/11〜7/17】

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP