編集長日記
北伐

はじめての三国志

menu

はじめての変

荀彧だけじゃない!?王佐の才と呼ばれた漢を紹介!

この記事の所要時間: 453




劉備玄徳 三国志と肉

この言葉を見ると三国志ファンは胸がザワザワする…

そんな特別なフレーズでもある『王佐の才』




王佐の才とは何?

㈱三国志 劉備 孔明

 

この【王佐】とは『王を佐(たす)ける』という意味です。

【王佐の才】とは、『君主を補佐し、君主を偉大たらしめる事ができる優れた才能』という事なんですね。

 

元々は十八史略の唐の章で出てくる杜如晦にまつわる逸話から出た成語と言われています。

ちょっと三国志から脱線して、簡単にお話を説明…

 

唐の初代皇帝である高祖の次男・世民の名補佐役であったのが杜如晦です。

世民を妬んだ兄弟が世民の名補佐役である杜如晦を地方に飛ばしてしまおうと、高祖にまで色々と働きかけ画策しました。

しかし、世民の忠臣が高祖に「杜如晦は王佐の才がある有能な人物です。本当に唐の国を大国にしたいと思うなら、有能な杜如晦を遠ざけてはいけません。他に代わる人物はいません!」

と進言し、結果的に世民は第二代の唐の皇帝になりました。

というお話です。

他人に代えがたい、君主の補佐の素質をもった人を【王佐の才がある】と評すようになるきっかけとなった話です。

 

関連記事:諸葛孔明の影に隠れる劉備

関連記事:【軍師特集】三国志、中国史、日本史にみる君主を支えた敏腕軍師たち

関連記事:軍師ってどんな職業なの? <三国志豆知識>




王佐の才といえば荀彧!!

荀彧

 

『乱世の奸雄』といえば曹操(そうそう)、『美髯公』といえば関羽(かんう)、『小覇王』といえば孫策(そんさく)…というように、

三国志ファンにとって『王佐の才』といえば荀彧(じゅんいく)

彼の代名詞のような肩書きです。ゲームなどでは荀彧の技だったり、特別なスキルだったりしますね。

荀彧 はじめての三国志

 

荀彧はまだ幼い頃に政治家である何顒(カギョウ)から『王佐の才を持つ』と称揚されています。

多く名士を輩出していた名門・荀家に生まれた荀彧は、幼い頃からズバ抜けた頭角を現していたのだと推測できますね。

 

関連記事:孫策も憧れた「西楚覇王」項羽が残した伝説の戦いベスト3

関連記事:太史慈(たいしじ)ってどんな人?孫策とマジで一騎打ちした勇将

関連記事:はじめての三国志 4コマ劇場 「三国志の英雄たちのアダ名」

 

司馬懿も荀彧を絶賛

曹操 ヨイショ

 

曹操はデキる人材を集めるのが好きでしたが、荀彧が自分の元に来た時には

 

「我が子房(張良)が来た!」

 

と、これで天下を取れるぞ!とばかりに喜びました。

 

荀彧は戦でも政でも曹操を支え、更には自らの人脈を生かして多くの名士を推挙しています。

荀彧によって登用された人物で大成しなかったのは、若くして戦で命を落とした者くらい…

それほど人物鑑定眼にも定評がありました。

 

荀彧の活躍があったからこそ、後漢は魏に禅譲という形で王位を譲り、その後も血筋を残す事が出来たと言われています。

後世の記録でも荀彧を伝えるものはその業績を絶賛する記述ばかりで、司馬懿(しばい)でさえも荀彧を越える人物は見たことが無いと評した位です。

 

関連記事:三国一のヨイショ男、曹操の部下の褒め方が半端ない

関連記事:諸葛亮孔明と戦略勝負を繰り広げた司馬懿仲達はどんな人だったの?

関連記事:【こんなに共通点】戦国一の智謀の持ち主・真田昌幸と魏の謀臣・司馬懿

 

補佐役は誰でも王佐の才と呼ばれたの?

キングダムと三国志

 

この『王佐の才』とは補佐役に与えられる最高の賛辞でもあるのですが、

補佐役ならば誰でも言われたワケではありませんでしたし、優秀だからといってそのように評価されたワケではありません。

三国志中において数多の知将や軍師がいる中、『王佐の才』たる人物は結構居ると思うのですが…はっきりと『王佐の才』と評されたと記録されている人物はごく僅かです。

 

ん?僅か?

そうなんです。

荀彧の他にも実は『王佐の才』と評されていた人物がいるのです。

 

【次のページに続きます】




ページ:

1

2

関連記事

  1. 【涼州の錦vs魏の文官】果たして勝ったのはどっち?
  2. 三國クロスサーガ~蒼天の絆~とはどんなアプリゲーム?
  3. 三国志時代は拓本だらけでまるでスタンプラリー状態だった?石碑乱立…
  4. ええっ?曹操は歴史の先生として宮廷で採用されていた!?
  5. 遼来来!よりも呉は彼を恐れていた?呉キラー曹休(そうきゅう)
  6. 劉備の観察眼をもってしても見破ることのできなかった人物Xとは?
  7. もし関羽が曹操の元に留まり劉備の元に戻らなかったらどうなっていた…
  8. 曹操、生涯最大の苦戦 白狼山の戦い|烏桓討伐編

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 1話:中国最古の王朝 殷とはどんな国だったの?
  2. 三国志の時代にダムがあった!蜀が豊かであったのはダムのおかげ
  3. 晩年の馬超が精神的にも燃え尽きていた事実が判明
  4. たかぎ七彦困惑?アンゴルモア元寇合戦記をガチネタバレ予想!
  5. 関羽のワガママ死は孫権の無節操が原因だった?
  6. 張紘(ちょうこう)とはどんな人?張昭と共に孫策・孫権を支えた補佐役

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

1800年前の古代中国に鉄軌道跡を発見、燃料不足解消か?長安から漢中までの鉄軌道 【シミルボン】三国志と彗星達の不思議な関係 趙達(ちょうたつ)とはどんな人?サイババか!?三国志に現れた天才占い師 【第二回 放置少女】これはやりすぎじゃね?新しく加わった黄月英はネコだった!? 馬場信春(ばばのぶはる)とはどんな人?鬼と呼ばれた武田四名臣の一人 【5分で分かるビジネス三国志】三言で田嬰(でんえい)を動かした男 【名将対決】雷神と恐れられた名将立花道雪VS呉の名将陸遜 Part.1 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース16記事【9/5〜9/11】

おすすめ記事

  1. 【優劣対決】戦国武将小早川秀秋 VS 蜀の二代目皇帝劉禅一体どちらが優れていたのか。PART2
  2. 9話:張角が太平道信者を増やした方法
  3. 【キングダム526話】馬南慈の体験した地獄の雁門とは?
  4. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース21記事【7/24〜7/31】
  5. 【無職の力恐るべし】漢帝国をぶち壊したのは清流派官僚とニートの袁術だった!?
  6. 【告知】諸葛亮孔明 VS 韓信夢の対決実現!前夜祭の両者インタビュー
  7. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第24話「さよならだけが人生か」の見どころ紹介
  8. 思ったよりエロい?…三国志時代の女性の下着

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP