夏侯玄(かこうげん)とはどんな人?夏候家の逸材として称えられた名士

2016年3月12日


 

監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



【無料告知希望の皆様へ】 はじめての三国志無料告知希望



曹爽一族が倒される

司馬懿

 

曹爽は司馬懿が起こしたクーデターに敗れ、彼の一族や側近らは処断されます。夏侯玄は曹爽の側近でありましたが、処罰の対象になりませんでした。しかし彼は曹爽の側近であった過去をもっており、司馬家にいつ処断されるか分からない、不安な日々を過ごします。この不安は司馬懿が亡くなっても続きます。

 

連座によって捕まる

李豊

 

魏の名士として国内や呉にその名声を轟かせていた李豊(りほう)は夏侯玄にある計画を告げられます。李豊は「君を大将軍に張揖(ちょうゆう)を驃騎将軍(ひょうきしょうぐん)に任命して司馬家を打倒し、魏の政権を曹氏の元に戻したいのだが、どう思う」と告げられます。

 

李豊と張緝

 

すると彼は「綿密な計画を立てろよ」と賛成も反対もせず、ただアドバイスのみを行います。その後李豊の計画は司馬師にバレてしまい、李豊は処刑。夏侯玄もこの計画に加わったとされ、捕えられてしまいます。

 

堂々とした態度で処断される

 

夏侯玄は捕えられた後、取り調べを受けます。この時取り調べを行ったのは鍾会の兄・鍾毓(しょういく)です。彼は夏侯玄の供述書を作らねばならないため、取り調べますが、夏侯玄は「供述することなど何もない。君が供述書を書けばいい」と伝えます。鍾毓はその後も取り調べを行いますが、彼を屈服させる事は不可能であると悟り、自ら供述書を書き、夏侯玄に見せます。夏侯玄は供述書を見て、頷きます。その後彼は処刑場へ連れて行かれ、処断されます。彼は処断される前、一切顔色を変えず、挙措も普段通りであった為、刑を執行する役人がたじろいでしまう程でした。

 

三国志ライター黒田廉の独り言

黒田廉

 

夏侯玄は夏侯家の秀才で、曹爽が蜀征伐の軍を起こした時彼も従軍しますが、軍事の才能はあまりありませんでした。しかし土地を統治する才能は当時の魏国の人材の中でもトップクラスに入るほどの逸材で、魏の国を良くしようと考えていた人です。しかし司馬家を除くクーデター計画に巻き込まれ、処罰されてしまいます。このクーデター計画に反対し、彼が皇帝曹芳を支えていれば曹家の世をもう少し長く保つことができたかも知れません。

 

関連記事:【教科書に載らない歴史ミステリー】徐福は神武天皇になったってホント?

関連記事:【日本最大ミステリー遂に解明か?】邪馬台国・卑弥呼の正体につながる新たな手がかりを発見!

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

三國志が大好きです。オススメのマンガは曹操を描いた蒼天航路がオススメです。三國志の小説のオススメは宮城谷昌光氏が書いた三國志です。好きな食べ物はマグロ、ぶり、アジが大好きな猫です。

-はじめての魏
-