編集長日記
ビジネス

はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【男の嫉妬は怖すぎる】スーパーエリート袁術 VS スター劉繇(りゅうよう)

この記事の所要時間: 320





太史慈 逃走

 

呉郡にあって猛将である太史慈(たいしじ)を上手くつかえず、

孫策(そんさく)に大敗を喫して逃げ出したとされる劉繇(りゅうよう)

確かにお粗末です。

三国志のゲームでも使えない武将のひとりとして有名です。

しかし、皆さんが思っているほど力量のないものに異民族ひしめく揚州刺史の詔がくだされるでしょうか。

恐らくは息のかかったもので周囲を固め、勢力を拡大しようとしたのが、

徐州の牧である陶謙(とうけん)の推薦の狙いだろうと思われています。

詳しくこの年を記してはいませんが、初平三年(192年)ごろではないでしょうか。

と、すると劉繇36歳の頃ということになります。




王族・劉家のスター劉繇

袁術と劉繇

 

劉繇の祖先は、「斉の孝王」です。誰?って感じですよね。

高祖(劉邦)の八人の男子の中で長子である劉肥は妾腹の子だったために家督を継げずに、東方の斉の国王となりました。

そこにまた九人の男子がおり、その四子が劉将閭(しょうりょ)です。

しかし劉肥の長子である劉襄に子が無くお家は断絶。

皇帝は領地を劉肥の子らに分割しました。

劉将閭はそこで斉の孝王となります。

漢に謀反を起こした王族に加わらず籠城して守りぬき、その後に疑いをかけられて服毒死したそうです。

後に罪がなかったことがわかり、国が再興します。

漢帝国にために戦い、無実の罪で死んだこの斉の孝王のことは、ほとんどのひとがよく知っています。

つまりスーパースターです。

皆があの「斉の孝王」の裔遜か!と嬉々として迎い入れるのです。

そんなスーパースターの威光もあって、叔父の劉寵は三公である太尉に、

その弟で劉繇の父である劉輿は山陽太守に、劉繇の兄である劉岱は兗州刺史に任じられています。

やっぱり劉繇はエリート一家なんですね。




揚州の実態

袁術

 

しかし、劉繇が働くべき揚州の州府がある北の寿春には、こともあろうにあのスーパーエリート袁術がいました。

当時の袁術は左将軍です。

しかも名門中の名門。勝てません。

そこそこエリートのスター劉繇は、唇を噛み締め、泣く泣く長江を渡り、呉郡に新しい州府を建てます。

それを補佐したのが呉景と孫賁といわれています。

どちらも孫策の血族者です。

呉郡は孫策の誕生の地でもあります。

ちなみに192年4月に兄の劉岱が戦死していますから、

劉繇は一族を連れて、呉郡の曲阿県に向かったのでしょう。

 

関連記事:【数奇な人生】三国志演義には登場しない臧洪(ぞうこう)と袁術の奇妙なニアミス!

関連記事:エリート袁術が逃げ込んだド田舎の揚州に住む異民族とはどんな民族だったの?

関連記事:【袁術のちょっとイイ話】袁術(えんじゅつ)と蜜柑のお話

関連記事:スーパーエリート袁術!理由はファミリーにあり?スーパー名家を探るよ

 

フラフラする呉景と孫賁

 

呉郡は孫策の父、孫堅の故郷ですから、その棺と共に孫賁は一族を守っていました。

呉景は孫堅の妻の弟です。

孫賁、呉景ともに朝廷の印綬をもっているこのスター劉繇を素直に歓迎しました。

呉郡の豪族や名士たちは「あの斉の孝王」の末裔がきたと大喜びです。

周辺からもその声を聞きつけてやってくるものがいました。

孫卲(のちの呉国の宰相)や太史慈(武勇抜群・孫策と引き分けるほど)や

許劭(人相見の第一人者)などがこぞって集まってきたのです。

そうですスター劉繇には「人望」「名声」があったのです。

それは隣国の徐州牧、陶謙以上だったようです。

許劭は陶謙を見限り、劉繇のもとを訪れています。

歓迎ムードの中で微妙なのは二人。

袁術の息のかかった孫賁と呉景でした。

【次のページに続きます】



ページ:

1

2

関連記事

  1. 【三国志歴史ミステリー】魏の二代目皇帝・曹叡(そうえい)は誰の息…
  2. 夏侯覇(かこうは)の妻は誰だったの?蜀に亡命した魏の夏侯一族
  3. 甘寧や袁術もびっくり!実は大事にされた料理人(厨師)
  4. 蜀軍キラーとして名を挙げることになった陳泰の戦いに痺れる!
  5. 正当防衛なのに・・孫家に恨まれ続けて殺された黄祖(こうそ)
  6. 沮授(そじゅ)とはどんな人?袁紹に献策するも採用されなかった悲運…
  7. 魏の名臣・荀彧(じゅんいく)はなぜ亡くなったの?【謎の死を遂げた…
  8. 孔明や荀彧が務めていた尚書(しょうしょ)ってどんな役職?女尚書も…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【転職で悩んだら】転職の不安は呂布マインドで吹き飛ばせ!
  2. 始皇帝が中国統一後、なんで中国全土を巡幸したの?全巡幸をストーキングしてみた
  3. 「垂沙の戦い」がきっかけで孟嘗君は天下に実力を認めさせた!
  4. 【三国志演義】赤壁の戦いはどこまで実話なの?
  5. もし劉備が夷陵の戦いに勝っていたら歴史はどうなった?
  6. 霍弋(かくよく)とはどんな人?蜀の滅亡まで司馬昭に屈しなかった隠れた名将

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

遊牧民の衝撃の髪型 辮髪(べんぱつ)って何? 呂布の裏切りについて考察してみた 【シミルボン】すでにキャラ立ちしている、民話の中の三国志 曹操の塩対応に張松ブチ切れ!曹操が冷たく扱ったのは傲慢ではなく驚くべき理由が隠されていた! 118話:孔明君のジャングル探検?南蛮討伐前哨戦 【真田丸】幸村だけじゃない!曹操、孔明も使った赤備え!ザクとは違うのだよザクとは… 騰(とう)は実在したの?史記に全く記されてない謎の天才将軍 【本当は怖い家庭ノ医学】首が180度回る?司馬懿の特徴に隠された怖い病気とは

おすすめ記事

  1. 留賛(りゅうさん)とはどんな人?自ら足の筋を切断し治療をした呉の英雄
  2. 【列異伝】なんと!曹丕は中国初オカルト小説の作者だった?
  3. 【センゴク】織田信長と伊勢・長島の一向一揆衆の戦いを解説するよ
  4. 「豎子に名を成せり」とはどのような意味なの?龐涓(ほうけん)の名言
  5. 赤兎馬ってどんなウマ?呂布も関羽も愛した名馬
  6. 呂布だけじゃない!こんなにいる董卓の優秀な側近4選
  7. 世説新語に書かれている曹操と袁紹の花嫁略奪がシュールすぎ(笑)
  8. 劉備だけじゃない、漢王室の末裔 劉虞

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP