【男の嫉妬は怖すぎる】スーパーエリート袁術 VS スター劉繇(りゅうよう)





太史慈 逃走

 

呉郡にあって猛将である太史慈(たいしじ)を上手くつかえず、

孫策(そんさく)に大敗を喫して逃げ出したとされる劉繇(りゅうよう)

確かにお粗末です。

三国志のゲームでも使えない武将のひとりとして有名です。

しかし、皆さんが思っているほど力量のないものに異民族ひしめく揚州刺史の詔がくだされるでしょうか。

恐らくは息のかかったもので周囲を固め、勢力を拡大しようとしたのが、

徐州の牧である陶謙(とうけん)の推薦の狙いだろうと思われています。

詳しくこの年を記してはいませんが、初平三年(192年)ごろではないでしょうか。

と、すると劉繇36歳の頃ということになります。




王族・劉家のスター劉繇

袁術と劉繇

 

劉繇の祖先は、「斉の孝王」です。誰?って感じですよね。

高祖(劉邦)の八人の男子の中で長子である劉肥は妾腹の子だったために家督を継げずに、東方の斉の国王となりました。

そこにまた九人の男子がおり、その四子が劉将閭(しょうりょ)です。

しかし劉肥の長子である劉襄に子が無くお家は断絶。

皇帝は領地を劉肥の子らに分割しました。

劉将閭はそこで斉の孝王となります。

漢に謀反を起こした王族に加わらず籠城して守りぬき、その後に疑いをかけられて服毒死したそうです。

後に罪がなかったことがわかり、国が再興します。

漢帝国にために戦い、無実の罪で死んだこの斉の孝王のことは、ほとんどのひとがよく知っています。

つまりスーパースターです。

皆があの「斉の孝王」の裔遜か!と嬉々として迎い入れるのです。

そんなスーパースターの威光もあって、叔父の劉寵は三公である太尉に、

その弟で劉繇の父である劉輿は山陽太守に、劉繇の兄である劉岱は兗州刺史に任じられています。

やっぱり劉繇はエリート一家なんですね。




揚州の実態

袁術

 

しかし、劉繇が働くべき揚州の州府がある北の寿春には、こともあろうにあのスーパーエリート袁術がいました。

当時の袁術は左将軍です。

しかも名門中の名門。勝てません。

そこそこエリートのスター劉繇は、唇を噛み締め、泣く泣く長江を渡り、呉郡に新しい州府を建てます。

それを補佐したのが呉景と孫賁といわれています。

どちらも孫策の血族者です。

呉郡は孫策の誕生の地でもあります。

ちなみに192年4月に兄の劉岱が戦死していますから、

劉繇は一族を連れて、呉郡の曲阿県に向かったのでしょう。

 

関連記事:【数奇な人生】三国志演義には登場しない臧洪(ぞうこう)と袁術の奇妙なニアミス!

関連記事:エリート袁術が逃げ込んだド田舎の揚州に住む異民族とはどんな民族だったの?

関連記事:【袁術のちょっとイイ話】袁術(えんじゅつ)と蜜柑のお話

関連記事:スーパーエリート袁術!理由はファミリーにあり?スーパー名家を探るよ

 

フラフラする呉景と孫賁

photo credit: I’m only happy when it rains… via photopin (license)

 

呉郡は孫策の父、孫堅の故郷ですから、その棺と共に孫賁は一族を守っていました。

呉景は孫堅の妻の弟です。

孫賁、呉景ともに朝廷の印綬をもっているこのスター劉繇を素直に歓迎しました。

呉郡の豪族や名士たちは「あの斉の孝王」の末裔がきたと大喜びです。

周辺からもその声を聞きつけてやってくるものがいました。

孫卲(のちの呉国の宰相)や太史慈(武勇抜群・孫策と引き分けるほど)や

許劭(人相見の第一人者)などがこぞって集まってきたのです。

そうですスター劉繇には「人望」「名声」があったのです。

それは隣国の徐州牧、陶謙以上だったようです。

許劭は陶謙を見限り、劉繇のもとを訪れています。

歓迎ムードの中で微妙なのは二人。

袁術の息のかかった孫賁と呉景でした。

【次のページに続きます】



次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 司馬懿
  2. 実は頭がイイ賢い張飛
  3. 13人の妻達(曹操)
  4. 孔明
  5. 不合格になる張角
  6. 北条氏康

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

3冊同時発売




PAGE TOP