【真田丸特集】なんと戦国武将の兜の前立てには意味があった!




真田丸

 

2016年のNHK大河ドラマ「真田丸」の主人公、真田信繁(幸村)と言えば、

真紅の鎧兜と、特徴的な、兜の前にある6枚の銅銭ですよね?

あれって、どういう意味があるか知っていますか?

 

真田丸に関する記事一覧:真田丸全記事




武将のパーソナルな部分を演出する兜の前立て

真田幸村&張遼

 

戦国武将の兜についている飾りは、正式には前立て(まえたて)と言います。

武将達は自分を強く見せると同時に、己の個性を出して、

ぶっちゃけ戦場で目立つ為に、奇抜な前立てを次々考案して戦場でかぶったのです。

命懸けだからこそ自分を目立たせたい。

戦国の男達は、目立ちたがり屋が圧倒的に多かった事になります。




真田の前立て六文銭(ろくもんせん)は、覚悟の証

真田丸

 

では、真田一族がかぶる、あの六枚の銅銭の前立てには、

どんな意味があるのでしょう?

実は、あの銅銭は六文銭と呼ばれて、三途の川の渡し賃なのです。

 

仏教の世界観では人は死ぬと、三途の川という大きな川の前に行きます。

ここを超えると、人は死が確定して、あの世の住人になるのです。

そこには、船があるのですが、レンタル料として、六文銭を払う決まりです。

 

もし、六文銭を支払わないと、その川岸にいる、脱衣婆という婆さんに、

六文銭の代わりに衣服を剥ぎ取られて、裸で川を渡る羽目になります。

あの世に行って、裸にされるのは嫌なので、死者の着物には、

あらかじめ、六文銭を縫いこんでいたようです。

 

つまり、真田の前立てには

「俺は、いつでも冥土に行く覚悟があるんだぜェ、ワイルドだろう?」

という命を惜しまずに戦うという意味があるのです。

 

関連記事:【真田丸特集】バツイチ女性が好きだった曹操と家康!

関連記事:【真田丸】幸村だけじゃない!曹操、孔明も使った赤備え!ザクとは違うのだよザクとは…

関連記事:ここを押さえれば大丈夫!NHK大河ドラマ『真田丸』を100倍楽しむ方法!

関連記事:三国志と日本史の『名城対決』真田丸と陳倉城が激アツすぎる!

 

織田の前立て、トンボの意味は?

織田信長

 

戦国時代を統一寸前まで持っていった革命児、織田信長、、

彼の兜の前立てには、トンボをモチーフにしたものがあります。

これは、一体、どういう意味なのでしょうか?

 

実は、トンボは別名を勝ち虫といい、前に進む事は出来ても

背を向けて、後退する事が出来ません。

つまり、退く時は前を向いたまま、車のようにバックします。

 

それから、トンボは、行った道と同じ軌道を通って、

戻ってくるという習性を持っています。

その事から、戦から無事に帰還する縁起の良い虫として、

兜の前立てにしたのです。

 

トンボに限らず、毛虫や、ムカデ、蟹のような、

昆虫や甲虫を前立てにしている兜は、全て、

敵に背中を見せないという縁起を担いでいるものが多いようです。

【次のページに続きます】




次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 夏侯惇

    デザイン担当:よりぶりん

    夏候惇と言えば独眼竜?

    曹操(そうそう)のいとこにして、腹心の夏候…

  2. 曹嵩
  3. 孫姫

    はじめての変

    曹操の妻はどんな人達だったの?13人を紹介 Part3

    曹操の13人の妻を一挙公開! その3です。以下にご紹介…

  4. 劉備と郭嘉
  5. 馬超をフルボッコする閻行

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“脱税の歴史

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

ASMR

PAGE TOP