キングダム
官渡の戦い




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【袁紹と袁術の関係を正す】其の2・勢力図からの考察




反董卓軍010

 

董卓(とうたく)が天子を擁して洛陽を占拠し、東から反董卓連合が攻め寄せてくると、

はるか西方の長安遷都したことは有名な話です。

董卓の関東諸侯軍は兵糧も尽き、約一年で自然消滅します。

この間、まともに董卓を攻めた軍勢はわずかだと云われています。

袁紹(えんしょう)は幽州牧の劉虞を新帝に掲げ、戦わずとも天下の形勢を逆転しようと試みますが、

袁術曹操に正論を説かれ、劉虞自身にも断られて断念します。

 

前回記事:【袁紹と袁術の関係を正す】其の1・字からの考察




遠交近攻の政治

袁紹VS袁術(犬猿)

 

打倒董卓の声はどこへやら、関東諸侯は黄巾の残党を交えながら勢力争いを繰り広げます。

袁紹公孫瓚(こうそんさん)に怯える韓馥から冀州の牧の座を譲りうけ、河北に一大勢力を築いていきます。

これに脅威を感じた公孫瓚は南の袁術と手を結びます。

同時に袁紹は荊州牧の劉表と手を結んで袁術を牽制するのです。

徐州牧の陶謙は静観していましたが、黄巾の反乱に手を焼き、袁術に救いの手を求めて協力するようになりますし、

兗州牧の劉岱は黄巾の反乱で戦死し、曹操がその後釜に座ることになります。

関東は、袁紹劉表曹操張楊と、袁術―孫堅公孫瓚陶謙の勢力に二分されていくことになります。




幽州の支配者、公孫瓚

朝まで三国志 公孫瓚

 

幽州牧である劉虞を倒した公孫瓚は幽州を勢力下に治めます。

隣国である冀州の袁紹とは河北の勢力を巡って戦い続けます。

しかし防御の固い袁紹軍を破ることができず、逆に攻め込まれる立場になり、

地下道から易京を攻められ199年に自害しています。

本来であれば、北から公孫瓚が、南から袁術が攻める手はずでしたが、袁術は曹操に敗れ、

公孫瓚も袁紹に敗れ衰退していってしまったのです

 

徐州の牧、陶謙

陶謙

 

反董卓連合には与しなかった陶謙(とうけん)ですが、都への奉納は欠かさず、牧の称号を得ます。

袁術派として袁紹や曹操と敵対しますが、曹操に敗れています。

またその後、逆に攻め込まれ徐州大虐殺を招きました。

194年に病死し、徐州を公孫瓚からの援軍である劉備に託しています。

 

荊州の牧、劉表

劉表 三国志 ゆるキャラ

 

遠交として袁紹と結び、近隣の袁術と敵対します。

191年には攻め込んできた先兵、孫堅を討ったことでも有名です。

193年、袁術が、兗州牧の座をかけて曹操と戦った際には、袁術軍の兵站を断ち、曹操の勝利に貢献しました。

袁術死後、曹操と袁紹が対立した際には袁紹側についています。

 

兗州の牧、曹操

曹操

 

劉岱亡き後、鮑信の強い推しもあり、兗州の牧となり黄巾の残党百万を打ち破ります。

193年には、別の人間を兗州牧に立てて攻め込んできた袁術を袁紹と組んで返り討ちにしています。

袁術は劉表に糧道を断たれ、本拠地の南陽を捨てて揚州の寿春に逃げ込んだと云われています。

この時、袁術と同時に曹操・袁紹陣営に攻め込んだのが公孫瓚と陶謙です。

結果は袁紹、曹操の大勝利に終わります。

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

袁紹VS袁術

 

袁術と袁紹が一枚岩であったら、関東によけいな群雄割拠は起きなかったでしょう。

董卓もおいそれとはしていられなかったはずです。

三国志史上最大の「離間の計」、それが董卓陣営からの袁術・袁紹への謀略だったように思えます。

また、それを踏み台にして勢力を拡大していくのが曹操です。

曹操の台頭は、袁家の家督争いがあったからこそのものだったといえます。

この間隙さえ突かれなければ、袁家の天下は間違いなくきていたのです。

董卓亡き後も李傕は袁術を懐柔しようと努めます。

そして袁術と袁紹を組ませないようにするのです。

もし袁紹が偽りをもって袁術に手を貸すよう働きかけていたとしたら、

袁術は有頂天になって即、皇帝即位を実行に移すでしょう。

袁術の皇位専称はもしかすると袁術を孤立させるための袁紹の計略だったかもしれませんね。

だとしたら大成功です。

または袁紹を取り込もうとする袁術の最終手段だったのか。

だとするとまったく意味がなかったことになりますね。

 

関連記事:曹操の字はうそつき小僧?複雑な氏+名+字の成りたちを深く広く解説!

関連記事:三国志好きならニヤリとできる!諱、字、一番多い姓、珍しい姓を紹介しちゃいます♪

関連記事:字で考える三国志 「字(あざな)」について詳しく解説

関連記事:『三国志』人気を数字から考えてみる




よく読まれている記事

袁術

 

よく読まれている記事:【これは悲しすぎる】今や忘れさられた袁術の墓

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

kawauso 投壺

 

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

 

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:ろひもと理穂

ろひもと理穂

■自己紹介:

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。

 

■好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

 

■何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 黄月英と孔明 諸葛孔明と黄月英の間に生まれた子供達を一挙紹介!
  2. 陳寿(晋) 三国志の著者・陳寿のミステリー 後編:三国志はどうやって完成した…
  3. 曹芳 魏の三代目皇帝・曹芳(そうほう)就任により魏は滅びの道を歩んだ?…
  4. 魯粛、孫権、張昭 三国志を否定するのは呉の張昭?三国間の不毛な争いを終わらせようと…
  5. 愛馬に乗り敵を粉砕する張遼 張遼の一騎打ちは本当なの?史実の一騎打ちを紹介
  6. 父・関羽とともに亡くなる関平 正史三国志の関平が不憫すぎる!最期しか描かれていない関平がそれで…
  7. 全員主役級!三国志を日本で映画化するならキャスティングはこれだ!…
  8. 旅 バイク 曹操も思わずツイート!三国志の時代に造られた精巧な地図

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 三国夢幻演義バナー 龍の少年
  2. 魏を破る朱然
  3. 司馬師と司馬懿は晋建国の功労者
  4. 新選組の土方歳三
  5. 魏の忠臣・徐宣(じょせん)
  6. キングダム53巻
  7. 孔明
  8. 夷陵の戦いで負ける劉備

おすすめ記事

  1. 孟獲(もうかく)はインテリ男子?南蛮征伐は孔明と孟獲のヤラセだった件 孟獲
  2. 【シミルボン】すでにキャラ立ちしている、民話の中の三国志 京劇の格好をした関羽
  3. 蒙古襲来!鎌倉武士はあまりやる気が無かった?
  4. 小早川秀秋は関ヶ原の戦いでなんで西軍を裏切ったのか?
  5. 許靖(きょせい)とはどんな人?天才軍師・法正が認めた蜀の名士
  6. 【初心者向け】反董卓連合軍はどこに布陣していたの? 呂布VS劉備三兄弟

三國志雑学

  1. まだ漢王朝で消耗しているの? お金と札
  2. 陸遜と孫権
  3. 曹操に仕えることを検討する荀彧
  4. 張飛にお酒はだめだよ
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 袁紹
  2. はじめての三国志編集長 kawauso
  3. 孔明君のジャングル探検
  4. 司馬朗と司馬防
  5. 馬謖に魏打倒を叩き込む諸葛亮孔明

おすすめ記事

三国時代にも「ザ・たっち」は存在した?後漢時代に存在した双子についての記録が凄い! おんな城主 直虎 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十八話 「あるいは裏切りという名の鶴」の見どころ紹介 曹操 孔明をチェック 66話:曹操、孔明の実力を確認すべく劉備討伐の兵を挙げる 大久保利通や西郷どんもビールを飲んだ!明治4年山口での文明開化 明智光秀が剣を持って戦っているシーン 明智光秀はどんな武器を使っていたの?戦国無双から武器を考察してみる 山頂に陣を敷いた馬謖 馬謖の功績を数えてイメージ回復を図ってみた件 孫権が張昭を呉の丞相に任命しなかったのはどうして? 陶淵明は変態さん?閑情賦のエロ妄想が止まらない!

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP