架空戦記
李傕祭り

はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【袁家ファン必見】袁家はどうやって名門になったの?汝南袁氏の基礎を築いた袁安(えんあん)が超苦労人だった

この記事の所要時間: 637




袁家ヒストリー01 袁術 袁紹

 

三国志でも屈指の名家である、汝南袁氏(じょなん・えんし)ですが、

どんな家でもいきなり、名門であるという事はなく、そこまでには、

幾多の光と影のヒストリーがあります。

そこで、今回のはじさんは、袁紹(えんしょう)袁術(えんじゅつ)を生み出した

汝南袁家のヒストリーを追っていきたいと思います。




汝南袁氏の祖は、袁安という人物

袁家ヒストリー02 袁安

 

汝南袁氏の基礎を築いたのは、袁安(えんあん)という人物です。

袁氏は、袁安の祖父の袁良(えんりょう)が儒学者で、

見出されて、前漢の末に成武県(山東省)の令にまで昇進しました。

 

つまり、袁家は庶民ではなく、ある程度の地位に昇れる、

豪族の家柄であったという事になります。




大雪の日に餓死寸前で寝ていて、出世のチャンスを掴む袁安

袁家ヒストリー03 袁安

 

袁安の父は、役人にならず、記録はありませんが、

袁安は、若いころから勉学に励んでいました。

 

そんな袁安の若い頃、彼の故郷が記録的な大雪に見舞われます。

それにより、作物は大ダメージを受け、その年は大凶作になりました。

餓死者も続出する大惨事の中、市中を巡回していた県令は、

大雪に埋もれたままの袁安の屋敷を発見します。

 

「もしや、餓死した人間がいるのでは・・」

 

県令が雪をかきわけて、家に入ると、

そこで袁安が絶食状態で寝ていました。

 

「どうして、街中に出て食糧を求めようとしなかった?」

県令が不思議に思って、尋ねると袁安は、

 

「市中は、わずかな食糧を奪い合う人であふれていましょう。

そこに加わり迷惑を掛けたくないのです」と答えます。

 

県令は、袁安の態度を賢者であると気に入り、考廉で推挙します。

こうして、思いがけず、袁安は役人になります。

 

関連記事:みんなが名乗りたがる最高の位!皇帝と王の違いについて分かりやすく解説

関連記事:【三国時代】英雄の地位はどの位?

関連記事:【蜀漢建国の正統性を斬る】中華を戦慄させた革命家・孔明の後漢イデオロギー

 

袁安、冤罪で捕まった人々を釈放し、帝の信頼を得る

罪人

 

袁安は、小さな県の令を歴任しますが、どこでも真面目に勤めて

実績を積み上げていきます。

そして、西暦71年には、明帝に反乱を起こして処断された、

楚王、劉英(りゅうえい)が除かれた直後の楚郡に太守として派遣されます。

 

そこで、袁安は、劉英に連座したとされている人々を調べあげ、

数百名という無実な人間がいる事を知り、これらを釈放しました。

 

通常ならば、皇帝に媚びるために、無実の人間でも処断して、

自分の忠誠をひけらかしそうですが、儒学者としての教育を受けた

袁安は公明正大だったのです。

 

それを聞いた、明帝は、時局や欲に流されない見事な態度であると

賞賛して、袁安を中央に呼び出します。

 

こうして、洛陽都知事である、河南尹(かなんいん)になった袁安は、

厳しくも、寛容な態度で洛陽を治め、むやみに刑罰に訴えなかったので、

乱れていた洛陽の人心は整然としたそうです。

 

関連記事:こんなの絶対に入りたくない!三国志の時代の牢獄は酷すぎた…当時の刑罰も合わせて紹介

関連記事:【素朴な疑問】三国志の時代のお葬式とは、どんなものだった?

関連記事:三国志時代の兵士はどうやったら憧れの騎馬兵になれたの?当時の馬事情を徹底紹介!

関連記事:絶対ダメ!三国時代に流行していたドラッグ!?漢方薬を違法ドラッグにした何晏

 

袁安、ついに三公に昇り詰める

宦官集合 

 

袁安が河南尹である期間は10年に及びました。

西暦83年、袁安は九卿の一つである太僕(たいぼく)に昇進して、

高級官僚の仲間入りを果たします。

そして、次には、三公の司空、司徒を歴任したのです。

 

その後、88年、章帝が崩じて、幼い和帝が即位すると、

前漢同様に、外戚の竇氏(とうし)がのさばるようになります。

袁安は、しかし、竇氏に媚びず、それを弾劾するなどしたので、

竇氏に恨まれますが、清流派官僚のトップ袁安を殺すと、

返って反発が強まると考えた竇氏は、これを殺しませんでした。

 

やがて、袁安は病にかかり、朝廷の行く末を心配しながら病死します。

 

竇氏は打倒され、袁安は再評価される

袁紹が宦官を惨殺に行く

 

竇氏は、袁家を冷遇したので、袁安の息子達は、しばらく不遇でした。

ところが、和帝(わてい)が成長して竇氏を誅殺すると、

竇氏に媚びなかった袁安が再評価され、息子達も引き立てを受けるようになります。

 

ここで、浮上してきたのが、袁京(えんけい)と袁敞(えんしょう)という

袁安の二人の息子達です。

両者とも、袁安から儒教道徳を教えこまれた清流派の官僚でした。

袁京の家系からは、大尉に上った袁湯(えんとう)が登場し、

弟の袁敞も司空に昇っています。

【次のページに続きます】




ページ:

1

2

関連記事

  1. 曹操「なんでも上手に使えばいい!屯田制と兵戸制じゃ!」
  2. 字で考える三国志 「字(あざな)」について詳しく解説
  3. 104話:黄忠vs夏侯淵|定軍山の戦い
  4. ええっ!曹操と劉備は元々は仲が良かったって本当?
  5. 【母は偉大なり】三国志の英雄を支えた偉大な母たちを紹介!
  6. もうやってられない! 三国志の時代ではどのような理由で主を変えて…
  7. 曹丕、女心を詩で歌う ごめんねディスしてキャンペーン
  8. 三国志の著者・陳寿のミステリー 前編:蜀滅亡

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 81話:赤壁の戦い後の劉備と孫権の関係はどうなったの?
  2. 【お知らせ】新企画第3弾「はじめての九品官人法」をリリースします。
  3. 元祖そこまで言って委員会!孔融と禰衡の議論がカオス
  4. 83話:劉備は荊州四郡をゲット!怒涛の快進撃
  5. 藏洪(ぞうこう)とはどんな人?袁紹が可哀想になるくらい逆恨み男の人生
  6. よりぶりんって、何者?

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

月刊はじめての三国志2017年8月号 (桃園出版 三国舎)の販売を開始しました 恩賜の御衣ってなに?三国志や源氏物語にも出てくるエピソードを紹介 呉が好きな皆さんへ!五分でわかる孫呉の逸話を紹介【三国志逸話列伝】 王連(おうれん)とはどんな人?蜀の経済を支え、国庫の充溢を果たした名官僚 孟宗とはどんな人?孟宗竹(もうそうちく)の由来は呉の親孝行ものであるこの人から! 61話:曹仁が繰り出した高度な陣形 八門金鎖の陣を繰り出す。劉備軍はどうやって攻略したのか? 【英雄亡き三国志の見どころ】司馬師vs王基の壮絶な舌戦:勝利の軍配はどちらに!? 【九州三国志】『三國志』は中国だけじゃない!日本の三国志事情 Part.3【完】

おすすめ記事

  1. 呂布、ナイスシュート!
  2. 面白いのに何故かアクセスが少ない記事まとめ【2016年総集編】
  3. 孫権が張昭を呉の丞相に任命しなかったのはどうして?
  4. 三国志ベストコンビネーション賞!感心・感動したコンビ10選
  5. 若し頃の劉備は暗殺されそうになったり、カッコ悪かったりと散々だった!?
  6. 黒田家を支え続けた後藤又兵衛はなぜ出奔することになったの?
  7. 正史三国志と三国志注に出てくる趙雲はビックリするくらい全然違う!
  8. 董允(とういん)ってどんな人?蜀の黄門様、劉禅の甘えを許さず!

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP