架空戦記
ビジネス

はじめての三国志

menu

はじめての変

【ネオ三国志】第5話:兗州騒乱の終結と天子の擁立【蒼天航路】

この記事の所要時間: 324




極厚 蒼天航路(12) <完> (KCデラックス モーニング)

 

曹操(そうそう)は500の歩兵と騎兵の混合部隊を率いて呂布(りょふ)軍に攻撃を開始。

呂布は陳宮(ちんきゅう)の制止を振り切り、曹操軍に単騎で切り込んでいきます。

呂布は曹操軍の中に曹操を発見。

彼は曹操めがけて渾身の一撃を見舞いますが、躱されてしまいます。

呂布はそのまま曹操を追撃。

陳宮は夏侯惇率いる曹操軍の対応する軍と呂布の後を追う軍勢とに分けます。

 

前回記事:【ネオ三国志】第4話:孫家の跡継ぎ、天下へ向けて出陣




呂布を罠に嵌めるが…

極厚 蒼天航路(4) (KCデラックス モーニング)

 

曹操は郭嘉(かくか)の進言通り自らが囮となることで、呂布を引きずり出すことに成功し、

狭隘な場所に彼を引き込みます。

郭嘉は追撃してきた呂布軍を落石で圧死させ、呂布と軍勢の分断に成功。

曹操は呂布を追い詰めると、埋伏させていた青州軍に呂布を攻撃させます。

しかし呂布は青州軍を蹴散らし逃亡。

曹操は呂布と陳宮がいなくなった兗州各地の領土を取り返し、

兗州騒乱は終結します。




天子の逃亡生活

極厚 蒼天航路(3) (KCデラックス モーニング)

 

董卓(とうたく)は長安に都を移しますが、彼の死後長安(ちょうあん)は大いに乱れます。

天子である劉協(りゅうきょう)は漢の旧都であった洛陽に帰るため、長安脱出を決行。

彼に付き従うのは皇后である伏皇后(ふくこうごう)と皇后の兄である伏徳(ふくとく)

そして数十人の家臣だけでした。

彼らは長安を占拠している李傕(りかく)や郭汜(かくし)らの西涼軍から逃れるため、

厳しい逃亡生活を送ります。

そんな厳しい逃亡生活を乗り越え、何とか漢の旧都である洛陽(らくよう)に戻ります。

しかし洛陽は焼け野原になっており、人が住める状態ではありませんでした。

 

関連記事:洛陽に続き、長安でも好き放題をした董卓

関連記事:偶然の遭遇から因縁の仲へ!孫堅と董卓は元同僚だった!?

関連記事:董卓はどうしてデブになったの?真面目に考察してみた

 

曹操との会談

蒼天航路(3) (モーニングコミックス)

曹操は洛陽に群臣を率いて到着すると早速、天子である劉協に挨拶。

その後、許に都を移すように進言します。

劉協の周りの側近達は曹操の進言に反論を行いますが、

彼は天子の側近を意に介さず、洛陽にとどまる危うさを説きます。

劉協はその後曹操と二人きりで会談を行うため、焼け残った嘉徳伝へ曹操をいざないます。

そして劉協は嘉徳伝に着くと曹操に色々な質問を投げかけます。

曹操は彼の質問に丁寧に答え、劉協も彼の答えに満足します。

こうしたやり取りをした後、

劉協は曹操にいきなり「なぜお前は私を求める。お前が自分で作った都で皇帝になれば

いいではないか」と質問を投げかけます。

すると曹操は「私は皇帝になる者ではなく、陛下の元で政治を行うものです。

曹孟徳!!劉協皇帝陛下を推戴致します。」と言い放ちます。

劉協は曹操の求めに応じて、彼が立てた都・許に向かいます。

 

袁紹の激怒

炎 s

 

曹操は劉協を推戴した後、袁紹に太尉の官位を送ります。

袁紹は太尉の位を曹操から送られると一度満足した後、使者に曹操の官位を聞きます。

使者は「曹操殿の官位は大将軍です」と聞くなり、彼はものすごい表情で激怒。

袁紹は使者に「官位の序列を今一度見直した後、ここに参れ。」と大声で叫び

使者を送り返します。

曹操は返ってきた使者の報告を聞き、大将軍の位を袁紹にあげる事にします。

そして自らは袁紹より下の位である司空の位に就任することにします。

ついでに司空は後漢時代、土木工事などをつかさどる役職でした。

なぜ袁紹はあんなに激怒したのでしょうか。

 

袁紹がキレた理由

袁紹VS袁術

 

時代によって官位の重さや位置づけは変わってきますが、

三国時代の太尉は大将軍より下であったようです。

そのため名門出身の袁紹は曹操に激怒したと思われます。

 

関連記事:【袁家ファン必見】袁家はどうやって名門になったの?汝南袁氏の基礎を築いた袁安(えんあん)が超苦労人だった

関連記事:【袁術の戦いを振り返る】徐州・豫州の戦いには人間ドラマが盛り沢山

関連記事:袁術の前をガン無視で通り過ぎた漢達が予想以上に多かったのでまとめてみた

 

劉備の元に天下無双の武がやってくる

極厚 蒼天航路(5) (KCデラックス モーニング)

 

劉備は天子が洛陽に逃げてきていると聞くと、下邳(かひ)城を飛び出そうとします。

しかし彼の第六感が働き、城門を出ることができませんでした。

城門の前には曹操に敗れた呂布が佇んでいました。

劉備は早速呂布を城内に招き入れ、宴会を行います。

この宴会の時に劉備は呂布に小沛(しょうはい)の城を与え、彼を厚遇。

張飛は呂布に城を与えることに反対しますが、

関羽は劉備の器量の大きさを褒めたたえます。

こうして天下のお尋ね者である呂布は、劉備の元に落ち着くことになります。

 

次回記事:【ネオ三国志】第6話:曹操美女にうつつを抜かして大敗北【蒼天航路】

関連記事:何から読めばいいの?三国志入門向けの小説と漫画を紹介!

関連記事:【キングダム好き必見】漫画をより面白く読める!始皇帝と秦帝国の秘密をまとめてみました

 



よく読まれている記事

真田丸 劉備

 

よく読まれている記事:みんな大好きウ◯チの話!三国志時代のトイレ事情

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

 

kawauso 投壺

 

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

 

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:黒田廉(くろだれん)

 

黒田廉

■自己紹介:

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

■歴史人物:

張遼孟嘗君、張作霖など

■何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 東方明珠って、何者?
  2. 曹操孟徳と織田信長の共通点!あなたはいくつ当てはまる?
  3. キングダムと三国志の豪傑を対比|王騎と言えば誰?
  4. 【劉恒に課せられた使命】ボロボロになった漢帝国を立て直せ!!
  5. もう一人の夏候、夏候淵(かこうえん)はどうして地味なの?
  6. 【シミルボン】孔明も騙した?蜀に似合わないテキトー人間 何祇の人…
  7. 今更聞けない!水魚の交わりとは何?三国志に由来する故事成語
  8. 呂布の裏切りについて考察してみた

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 曹仁(そうじん)ってどんな人?熱血と沈着冷静、大人な大将軍の人生
  2. 【誕生秘話】西遊記は実話だった!?一人の僧侶の苦難の旅を記した記録から始まった
  3. 孫権の本拠地である建業は始皇帝の嫉妬によって街の名前が変わった?
  4. キングダム 517話 ネタバレ予想:最近、河了貂がポンコツになっている理由は?
  5. 孫皎(そんこう)とはどんな人?孫氏一族の文武兼備な将軍。しかし関羽の呪いで……
  6. 【三国志の誤植集】何平や喬国老や橋玄って誰?うっかりミスが大惨事!

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【衝撃の事実】孫策の○○で孫呉が滅びる原因となった! 民話に出てくる司馬懿がまるで昔話のいじわる爺さんレベル! 本当は好きなんでしょ?一騎当千の最低男、呂布の最強伝説 秦の始皇帝ってどんな人だったの?晩年期編 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース18記事【5/15〜5/21】 【三国志で例えるよ】初心者でも『ジャンヌ・ダルク』『百年戦争』が分かる。基礎&豆知識! 袁術が天下を獲るためにみんなで考えよう【第3回】 董卓は何で李儒や賈詡がいたのに賈詡を重用しなかったの?

おすすめ記事

  1. 99話:荊州を餌に孫権に合肥を攻めさせる劉備
  2. 68話:劉表死す、そして偽の遺言書で劉琮が後継者に
  3. 中国人が冷たいビールを飲まないのは三国志の曹操のせいだった!
  4. 袁術が天下を統一するためにみんなで考えよう【第2回】
  5. はじめての三国志スタッフが選ぶ三国志おすすめゲーム3選
  6. そんなカバな!!赤兎馬はカバだった?関羽は野生のカバに乗って千里を走った?(HMR)
  7. 稀代の豪傑 魯粛(ろしゅく)|演義と正史では大違い?
  8. 【劉邦暗殺計画】劉邦の態度のでかさに激怒した家臣達

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP