なんじゃこりゃ?とツッコみたくなる三国志時代の職業別ユニフォーム


 

曹操 孔明をチェック

 

三国志の時代の衣装といえば、皆、長い上衣に裳(しょう)というスカートを巻いている。

そういう風にイメージしてしまいがちです。

 

孔明

 

しかし、実際には当時でも服装にはバリエーションがあり職業でも違っていたのです。

そこで、今回の『はじめての三国志』は、当時の服装を幾つか紹介してみましょう。

 

エントリーナンバー1 高級官僚の服装

後漢衣装

 

 

最初に紹介するのは、三国志の時代の高級官僚の服装です。

衣服はワンピースで、前で衣服の左右を合わせるタイプ、

全体的にかなりダボッとしています。この衣装だと、袖から手が出ず、

何か物を取る時には、片手で袖を引かないといけませんでした。

 

人物の腰の帯から下に垂れているのは、

綬(じゅ)といい役職の印(いん:印鑑)に結ばれていた紐です。

 

当時は、県令や県長、郡太守というような役職ごとに印があり、

それぞれの責任者が、肌身離さず印を保持していました。

綬だけでは、落とす可能性があるので、印を綬で帯に結び、

一方を印に結んで、印本体は懐に入れていました。

 

綬の長さや材質で、その身分の上下が分かるので、

当時の高級官僚は、これみよがしに綬を長く垂らして歩いています。

 

頭の羽子板のようなものは冠で、その下は頭巾です。

頭巾は2000年前頃から流行して、三国志の時代でも、

まだまだブームになっていました。

 

また当時の中国では、よそ行きの衣服は、襟や衣服の袖、

裾には別の生地を縁取りするという決まりがあり、

それが無い衣服は最低という不文律がありました。

この高級官僚の衣服も襟、袖、裾に幾何学文様の飾りがありますね。

 

エントリーナンバー2 一般兵士の服装

後漢の衣装2

 

次のイラストは、三国志の時代の兵士の服装になります。

上着の下にズボンを穿いているのが分かりますね。

 

手には、戈(か)という横に刃が出た武器を持っています。

戈の上から飛び出している赤いのは、戈の飾りです。

足には靴を履いていますが、当時の靴はダボダボだったので

脱げないように紐で縛って履いていたようです。

 

ただ、三国志の時代、戦車戦の武器として発展した戈は、

かなり時代遅れになっていたので、この兵士が実際に戈を使用したのか

あるいは儀礼用のアイテムとして持っていたかは分かりません。

 

こちらも、高級官僚と同じく、羽子板状の冠と頭巾をかぶっています。

冠は、当時の男性なら誰でも被っていて、むしろ、被らないのは、

裸を見られるような、とても恥ずかしい事とされていました。

 

関連記事:三国志時代の兵士の給料と戦死した場合、遺族はどうなってたの?

関連記事:【素朴な疑問】三国志の時代のお葬式とは、どんなものだった?

関連記事:そうだったのか!武器の特徴を知ると三国志の時代の戦い方が分かる!

 

エントリーナンバー3 精肉業者の服装

後漢の衣装3

 

三番目のイラストは、三国志の時代の肉屋の服装です。

服装というか半裸で、ハーフパンツという方が正解ですね。

 

石刻画では、このハーフパンツ、体のラインぴっちりに見えるので、

素材は麻ではなく、動物の繊維や革だったかも知れません。

それなら、まさしく革パンという事になります。

 

ハーフパンツには、紐がついていて、お腹の所で結んでいました。

 

当時の肉屋には冷蔵庫がないので、肉屋は注文が来た段階で

豚を屠畜しすばやくさばいてお店に出していました。

大抵、肉屋の裏は、養豚場で、そこで適当な豚を選んでいたのです。

 

顔良

 

当然、豚は暴れますし、殺す段階で血も出ますから、

通常の服を着ていたのでは、汚れて使い物になりません。

そこで、上半身は裸にして、短パンを穿き、

汚れても大丈夫なようにしてから、仕事をしていたのです。

 

さすがに仕事の邪魔になるので、冠は被っていませんが、

それでも、頭巾だけは被っているので、当時、頭巾というものが、

どれだけ普及していたか分かります。

 

関連記事:被らないのは裸で歩くようなもの?中国人が被っていた冠は何?

関連記事:三国時代の料理と酒って何を食べてたの?英雄たちの宴が気になる

関連記事:これだけ読めば丸わかり!孔明が身に着けている羽毛扇などのトレードマークの理由!

 

三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

 

こうしてみると、三国志の時代でも、職業、或いは身分により、

かなり服装は違っていたという事が分かります。

 

ちなみに、大将軍、何進(かしん)劉備(りゅうび)の義弟の

張飛(ちょうひ)は、いずれも前身が肉屋なので、おそらく、

ここで挙げたような服装で、毎日汗を流していた事だと思います。

 

両者とも巨体で髭顔のイメージが強いので、その仕事風景は、

さぞかし凄かったでしょう。

 

本日も三国志の話題をご馳走様・・

 

関連記事:蜀ファンに衝撃!実は関羽は劉備の部下ではなく群雄(同盟主)だった!?

関連記事:歴史上最も有名な義兄弟の誕生!桃園の誓い

関連記事:趙雲は何で桃園義兄弟ではないのか?

 

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 

よく読まれている記事

曹操01

 

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

kawauso 投壺

 

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

 

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。

もちろん、食べるのはサーモンです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

はじめての三国志

「ゆるく、たのしく、わかりやすく」をコンセプトにした 歴史エンタメメディアです。
(®登録商標:第5800679号)

-三国志の雑学, 執筆者:kawauso
-, , , , ,