広告募集
ビジネス

はじめての三国志

menu

はじめての晋

司馬懿討伐をもくろんだ王陵の反乱はなぜ失敗に終わったの?

この記事の所要時間: 512




孔明 司馬懿 役職

 

王陵(おうりょう)・毌丘倹(かんきゅうけん)・諸葛誕(しょかつたん)の三人は

司馬家を憎んで反乱を起こしますが、三人とも反乱に失敗して悲惨な結末を辿っています。

今回は王陵が起こした反乱に着目、

反乱を起こした経緯と反乱が失敗した原因を調べてみたいと思います。




魏の軍事においてトップに立つ司馬懿

司馬懿対孔明

 

司馬懿(しばい)は蜀の天才丞相である諸葛孔明率いる蜀軍が北伐してきた際、

魏軍の総司令官として蜀軍との対決に臨みます。

 

孔明と司馬懿

 

孔明率いる蜀軍を幾度も退け、ついに孔明との戦いに勝利を収めます。

孔明を退けることに成功した司馬懿は、魏の政権において軍事のトップとして、

立つことになります。

こうして司馬懿は魏の政権内において重要な存在として、

認識されていく事になります。




司馬懿が曹氏一族を排除

司馬懿

 

司馬懿は孔明を退けた後も、遼東の公孫淵(こうそんえん)討伐の総司令官として、

反乱鎮圧に大いに貢献。

また魏の二代目皇帝である曹叡(そうえい)から三代目皇帝となる曹芳(そうほう)を

補佐するように頼まれると、共に遺言を受けた曹爽(そうそう)と一緒に、

幼い皇帝曹芳を補佐していきます。

曹爽は始めこそ司馬懿と共に幼い皇帝を補佐していましたが、

彼の側近に「あなた様は曹氏一族であるのですから、司馬懿の力など借りずに

皇帝陛下を補佐して行けばいいじゃないですか。」と進言します。

曹爽は側近の進言を採用し、司馬懿を蔑ろにして、一人で曹芳を補佐して行きます。

司馬懿は自らの家を守るために、曹爽の勢力を切り崩すためにクーデターを起こし、

曹氏一門の排除しようと試みます。

このクーデターによって曹爽の勢力を追い落し、曹氏一門を没落させることに成功。

こうして司馬家が魏の政権内で力を持ち、魏の政権を徐々に私有化していく事になります。

 

関連記事:曹叡(そうえい)とはどんな人?曹丕の息子で二代目魏の皇帝

関連記事:【三国志歴史ミステリー】魏の二代目皇帝・曹叡(そうえい)は誰の息子か分からない!?

関連記事:司馬朗(しばろう)とはどんな人?司馬懿でさえ頭が上がらない偉大な兄の生涯

 

呉と魏の国境を守る王陵が司馬家に反感を持つ

陸遜 兵士

 

王陵は曹叡の時代から呉と魏の国境沿いを守り、魏の重鎮として重きを成しており、

呉軍が魏の領土である寿春近辺に侵攻してくるが彼のおかげで領土を取られることなく、

しっかりと守っていた功績により、

魏の揚州近辺の軍事を行使することができる役職に就任。

こうして重役に就いた王陵ですが、彼は都から離れていたこともあり、

魏の政権の状況を客観的に見ることができました。

彼の目から見た魏の政権の状況は司馬家によって私有化されている事に気付きます。

彼は魏の政権を曹氏に取り戻させる為、反乱の計画を考え始めます。

 

関連記事:公孫淵(こうそんえん)とはどんな人?遼東の王として君臨するも自らの力を知らずに過信した男【遼東三代記】

関連記事:公孫度(こうそんたく)とはどんな人?幸運に恵まれ、遼東の王になった男【遼東三代記】

関連記事:公孫康(こうそんこう)とはどんな人?虚を捨て、実を取り遼東に安寧をもたらした男【遼東三代記】

 

司馬家討伐作戦を決行しようとするが…

司馬懿

 

王陵は司馬家の専横を憎みますが、

皇帝が幼いことにも曹家が自らの権力を維持することができない原因であると考え、

司馬家を打倒した後に新たな皇帝を立てようと画策。

彼が新たな皇帝として選んだ人物は、曹操の息子である曹彪(そうひょう)を

皇帝に立てようと考えます。

王陵はこの計画を実行に移すため曹彪に皇帝になってもらえるかと打診すると、

彼は快くこの計画に賛同。

またこの時、呉軍が川をせき止めて魏に攻撃をしようとする気配を見せてきたことを

きっかけとして、呉を討伐するため、軍を動かしてもいいか上奏します。

王陵は軍を動かしてもいいと司馬懿から知らせが来たら、

すぐに司馬懿の討伐に向かおうと考えます。

しかし司馬懿は王陵に軍を動かすなと指示を出してきます。

そのため王陵は司馬懿討伐の挙兵を思いとどまり、仲間集めに奔走します。

 

仲間集めが仇となり、司馬懿に反乱を企んでいるとバレる

司馬懿 仲達

 

王陵は近隣の城主に司馬懿討伐の軍勢に加わってくれないかと使者を送って誘います。

彼はこの時兗州(えんしゅう)の刺史である黄華(こうか)にも仲間に加わってくれないかと

使者を送ります。

黄華は王陵の使者を迎えると、司馬懿にこの反乱計画を知らせようではないかと

使者達を説得。

王陵の使者達は黄華の説得を受け入れ、王陵の計画を司馬懿にバラしてしまいます。

こうして王陵の計画は司馬懿に知れ渡る事になります。

 

司馬懿に計画がバレてしまい、王陵は処断される

炎 s

 

王陵は司馬懿が大軍を率いて寿春近辺に南下してきている事を知ると、

彼は自らの計画が破綻した事を知り、司馬懿に降伏します。

王陵自ら司馬懿の元に行き、許しを請うつもりでしたが、司馬懿は彼を許さず

処断されてしまいます。

こうして王陵の計画は失敗に終わってしまいます。

【次のページに続きます】




ページ:

1

2

関連記事

  1. 司馬炎(しばえん)ってどんな人?三国時代を終わらせたスケベ天下人…
  2. 杜預(どよ)ってどんな人?破竹の勢いで有名になった政治家
  3. 司馬攸(しばゆう)とはどんな人?司馬家の秀才として認められていた…
  4. 文鴦(ぶんおう)ってどんな人?趙雲に匹敵した勇将
  5. 鍾会(しょうかい)ってどんな人?蜀を滅ぼして独立を目指した男
  6. 董卓は実は名将軍であるという根拠
  7. 【晋の皇帝 司馬炎の悩み】司馬家の後継者問題
  8. 何で曹操は漢中で劉備に負けたの?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 裴松之(はいしょうし)の神編集!異論反論ブチ込みまくりで三国志が激アツに!
  2. 蜀漢の外戚・呉懿(ごい)は有能なのに地味で実は孔明に敬遠されていた?
  3. 孫香(そんこう)とはどんな人?そんな人いたんだ!最期まで袁術に尽くした孫家の将
  4. 【センゴク】西の覇者毛利水軍vs織田水軍の戦い「木津川口の戦い」
  5. 曹洪(そうこう)ってどんな人?地味で目立たないが、曹操を支え続けた忠臣
  6. 【新事実】漢の時代の市場はヤンキーの溜まり場だった!

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

杜預(どよ)ってどんな人?破竹の勢いで有名になった政治家 武田勝頼の自信を信長・家康連合軍に打ち砕かれた長篠の戦い 【九州三国志】『三國志』は中国だけじゃない!日本の三国志事情 Part.2 ひとりしかいない筈なのにたくさんいた? 『皇帝』のお話 【ネタバレあり】映画ドラゴンブレイドを三国志ライターkawausoが徹底的に斬る!! 【シミルボン】意外!あの曹丕は大の甘党、スイーツ男子だった 司馬懿(しばい)ってどんな人?実は列伝が無い孔明のライバル 小覇王・孫策のお母さん「呉夫人」は偉大すぎた

おすすめ記事

  1. 【ファン必見】2016年スーパーエリート袁術君の活躍まとめ26選
  2. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース15記事【10/3〜10/9】
  3. 【驚愕の事実】三国志ではなく五国志だった!士燮(ししょう)勢力の台頭
  4. 【曹操の人心掌握術】身内よりも部下を優先せよ
  5. 老荘思想の創設者|老子と荘子の二人を分かりやすく解説してみた
  6. 華麗なる中華世界を彩る三国志の武器
  7. ここを押さえれば大丈夫!NHK大河ドラマ『真田丸』を100倍楽しむ方法!
  8. なんで三国志の時代には封禅の儀式が行われなかったの?

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP