春秋戦国時代

はじめての三国志

menu

執筆者:kawauso

中二病韓信 ヤクザ劉邦を大説得、神分析に漢軍大フィーバー

この記事の所要時間: 533




韓信 項羽

 

献策を使わない項羽に愛想を尽かし劉邦の所に行ったものの、

一向に大将軍に用いられない韓信は、また飽きっぽい性格が顔を出し、

劉邦の下からも逃亡しようとします。

しかし、韓信の才能を見抜いた䔥何が軍令違反をしてまで追いかけて

説得をした事で引きとめられ、ようやく念願の大将軍に任命されました。

 

韓信と劉邦

 

ですが、韓信を大将軍に任命した劉邦は、まだ半信半疑です。

ここで韓信は背筋が寒くなるような的確な状況分析を行い、

劉邦に反項羽の急先鋒になる事を決意させるのです。




気難しい韓信の為に祭壇を用意して丁重に扱え

韓信と鍾離昧

 

劉邦は䔥何の言い分を受け入れて、早速、韓信を呼びつけようとします。

しかし、䔥何は、それを見て渋い顔をして止めました。

 

䔥何「漢王は、ざっくばらんで親しみやすい、それは徳ですが、

韓信のようなプライドが高い気難しい男は、それでは逃げます」

 

劉邦「ほんじゃあ、どうすりゃ ええんじゃい?」

 

䔥何「祭壇を造り、盛大に韓信を大将軍にする儀式を行います。

漢王は、韓信に上座を勧め御自身は下座でへりくだるのです

そうすれば、韓信は満足し、漢王の為に必死で働きます」

 

劉邦「ちっ・・あの中二病が、、面倒くさいのぉ・・

わかった、わかった、言う通りにしよう」

 

劉邦は、䔥何の意見を容れ、吉日を選んで大将軍を任命する儀式を

大々的に行うと布礼を出します。

それは、全軍に知れ渡り「どうやら凄い人が大将軍になるらしい」

と兵士たちは噂をしあいました。

 

関連記事:簫何(しょうか)とはどんな人?内政なら私にお任せ!影で劉邦を支え続けた漢の三傑の一人




韓信、超感動! 人生最高の晴れ舞台

韓信

 

韓信には、最高級の鎧兜が与えられます、これまで佩いた事もない

上等な剣も用意されました。

もちろん、大将軍の待遇ですから、馬車も召使いも御者も付きます。

 

韓信「これだ!!俺様が求めていたのは、

まさにこういうものなんだ!」

 

韓信は人知れず感動していると、外には祭壇が用意され、

太った牛が殺されて、その血と肉が備えられます。

そして、漢中王である劉邦が、韓信の手を恭しく取り、

自ら上座へと案内し自身は下座についています。

 

劉邦「宰相の䔥何は、何度もあなたを

大将軍にするように私に進言しました。

では、大将軍、私のような徳の薄い男に、

どんな妙策を授けて下さるのでしょうか?」

 

韓信のもったいぶった情報分析炸裂!!

韓信 将軍

 

韓信は、劉邦の手厚い待遇に感謝して、こう言いました。

 

韓信「漢王 今、故郷に帰り天下を争っているのは

あなたと項羽大王のどちらでしょうか?」

 

劉邦「天下に近いのは確かに項羽じゃ・・」

 

劉邦は不愉快です、こっちは天下どころか、

ド田舎に左遷された身の上です。

 

韓信「漢王と項羽を比べて勇気が勝るのはどちらでしょう?」

 

劉邦「・・悔しいが項羽が上であろうな・・」

 

劉邦はしばらく沈黙して考えてから、嫌そうに言いました。

 

韓信「失礼ながら、私もそう思いますww

しかし、私は長年項羽を研究してみて、

思い当った事があります。

宜しければ、ここで語って宜しいですか?」

 

劉邦は、もったいぶった韓信の言い方を我慢して

それを許可しました。

 

韓信、項羽の欠点を次々に並べる・・

項羽

 

韓信「項羽大王は、武勇無双で、その声で怒鳴れば敵が千人でも倒れます。

故に彼は優秀な将軍を使って戦うという事が出来ません。

自分の力しか頼みにしないからです、よって彼の武勇は匹夫の勇に過ぎません。

また、項羽は人に対して親切で丁寧に接します。

身近に病気になっているものがいれば泣いて飲食物を分け与える程です。

ところが自分が使って手柄を立てた人間には、

恩賞を与えるのを惜しみ、その印綬がすり減るまで弄びます。

よって、項王の情愛とは、ああ可哀想という程度、

しょせんは、女子供の情に過ぎません・・」

 

劉邦も群臣もポカンとして、韓信を見ています。

無理もありません、鬼のように強く無敵であるように見えた項羽に、

このような弱点があるとは知らなかったのです。

 

韓信の名言炸裂 その強さは弱め易し!!

韓信 PR

韓信の状況分析は、さらに続きます。

 

韓信「また項王は、天下を治めやすく反乱鎮圧にも便利な関中を捨て、

辺鄙な彭に都を置きました、彼は戦略よりも故郷を取るボンクラです。

それに、項羽はかつて義帝が約束した、手柄があるものに公平に

領地を分けよという言葉を反故にして身内にばかり厚い恩賞を与えました。

 

その義帝まで邪魔になると江南に放逐して殺してしまう有様、、

かつては、自らも崇めていた主をあっさり捨てる事、草履のようです。

これには、諸侯も呆れて、領地に帰るや否や項王に背きました。

彼は、自らの行いが自分の首を絞めている事に気づきません。

 

項王は、自分に離反した諸侯を必死に攻めていますが、その戦いは

残酷そのもの、民百姓まで皆殺しで、彼が通った後には、何も残りません。

百姓は項王を憎悪し、彼に従っている者は、ただ、その力を恐れて、

離れる事が出来ないというだけに過ぎません。

 

確かに項王は、百戦百勝し強そうに見えます、だが内容はお粗末で

敵を増やし味方を減らしているだけです。

項王は、強そうに見えますが、ふん、、それを弱めるのは簡単です!!」

 

ここに至って、漢軍に漂っていた敗北ムードは一掃されてきました。

「なんだ韓信か・・」とバカにして見ていた諸将も驚きを隠せません。

 

関連記事:【意外な事実】天才将軍・韓信は数学にも強かった事が判明!

関連記事:【衝撃の事実】国士無双と言われた韓信に子孫がいた?

 

悪逆を尽くした項羽に従うものは少ない・・

劉邦と項羽

 

韓信「項羽大王は、絵に書いたような悪逆を繰り広げています。

天下の武勇に任せればどこであろうと誅殺されない所はなく

その功臣に領地を与えても、どこの民でもそれに従わず、

義兵を集めて、諸侯を攻撃しようとしても兵は離散してしまいます。

 

また現在、かつての秦を治めている、司馬欣、章邯、董翳は

かつては秦の人民を率いて、何度も戦い、多くの兵を殺しながら

最後には項王に降伏しました。

そして、項王は、その投降した秦兵を邪魔に思い新安で

二十万余の秦兵を虐殺しました。

その時脱出して項王にへつらうのが司馬欣、章邯、董翳の3名です。

秦の人民で、これを恨まない者は誰ひとりもいません」

 

秦は、漢中の険しい桟道を越えた先にあります。

その三秦の王が人民に憎まれているというのは、これから

漢中を抜ける漢軍にとっては、最も有り難い情報でした。

 

関連記事:項羽はあれだけ最強だったのに何故、天下を取れなかったのか?

関連記事:項羽(こうう)ってどんな人?史上最強の孤独な戦術家 Part.1

関連記事:【架空戦記】時空を超えた最強対決!人中の鬼人・呂布VS楚の覇王・項羽

 

劉邦、韓信を激賞! 俺はあんたを得るのが遅すぎた!!

韓信 将軍

 

韓信は、しきりに感心する劉邦を前に、すっと立ち上がります。

 

韓信「君達も覚えていよう、漢王は武漢に入城しても略奪をせず、

秦兵を一人も殺さなかった事を!!

また過酷な秦の法律を優しく簡単なものに造り替えて秦人を歓喜させた事を!

あの時、漢王に関中王になってほしいと願わない者はいなかった。

秦の人民は、漢王が義帝との約束で関中王になる筈であった事を知っている。

そして、項王の横やりで、漢王が僻地に左遷された事を恨んでいる。

今、万難を排して、ここを脱出し関中に入城できれば、

秦人は歓喜してこれを迎え、三秦は労せずして漢王の手に入る!

かつて義帝は申された事がある、関中を制するものが天下を制すと!

ならば、天下は、まさに今、漢王の手の中にあり!!」

 

興奮した漢軍の兵は皆、片肌を脱いで声を挙げました。

 

「漢中王!ばんざーい!!」

 

「韓信大将軍ばんざーい!!」

 

劉邦は思わず、持っていた杯を地面に叩きつけていいました。

 

劉邦「大将軍よ!!俺はあんたを得るのが遅すぎた!!」

 

韓信「戦の支度をしましょう、こんな田舎は早く出た方がいい(笑)」

 

関連記事:【架空戦記】時空を超えた対決!韓信VS 諸葛亮孔明の一本勝負

関連記事:人材を使いこなす事で天下を取った劉邦

 

春秋戦国ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

以上は、ほぼ史記の淮陰侯伝から抜き出して書いたものです。

どうでしょう、韓信のドラスティックな状況分析に、

こちらも、目の前の霧が晴れるような気分になりませんか?

色々面倒くさい韓信ですが、やはり一代の英傑だったのですね

 

関連記事:漢の400年は、たった8年の激しい戦いから生まれた?三国志の前哨戦、楚漢戦争!

関連記事:これは酷い!韓信、あっさりと親友鐘離昧を売る。韓信の性格に難あり親友はブチ切れ

関連記事:【真田丸】真田信繁も背水の陣を敷いた?国士無双と謳われた天才武将・韓信との共通点

 

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代バナー

 




よく読まれている記事

キングダム 40巻

 

よく読まれている記事:【キングダム好き必見】漫画をより面白く読める!始皇帝と秦帝国の秘密をまとめてみました

兵馬俑 kawauso

 

よく読まれている記事:知らないと損する!始皇帝と大兵馬俑を100倍楽しむための外せないポイント

 

キングダム 政

 

よく読まれてる記事:【衝撃】秦の始皇帝陵は実は完成していなかった!壮大な地下宮殿と兵馬俑の謎

 

兵馬俑

 

よく読まれてる記事:戦術マニア必見!兵馬俑の戦車で2200年前の戦略がわかる!

 

始皇帝

 

よく読まれてる記事:中華統一後の始皇帝は大手企業の社長並みの仕事ぶりだった!?彼が行った統一事業を紹介

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。

もちろん、食べるのはサーモンです。

関連記事

  1. 三国志の時代のお祭りは、どんな様子だったの?
  2. 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.3
  3. 菫卓が死んだ後、長安はどうなったの?
  4. 【戦神】昭襄王の兄は無類の筋肉マニア?筋肉へのこだわりがハンパじ…
  5. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第3部
  6. 悲惨!呉のエクスペンダブルズ甘寧のストレス爆発人生を振り返る
  7. 蒙恬(もうてん)はどんな性格なの?真面目さの照れ隠しの軽い性格
  8. 呆れた!油断も隙もない!孔明にもつばをつけていた曹操?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【三国志事件簿】名探偵コナンもお手上げ?二宮の変とは一体どんな事件?
  2. 【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第五話「亀之丞帰る」の見どころ
  3. 78話:龐統初登場、連環の計発動!
  4. 【キングダム ネタバレ注意】史上最悪の宦官 趙高(ちょうこう)誕生秘話
  5. 曹叡が孔明をDISる文章を発見!孔明はマゾでドけちだ!
  6. 曹彰(そうしょう)とはどんな人?勉強嫌いだが、武を磨いて将来を期待された曹操の4男

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

69話:迫りくる曹操軍50万、絶望的な退却戦 長坂の戦い 文鴦(ぶんおう)ってどんな人?趙雲に匹敵した勇将 【初めての戦国史】武田家を継いだ晴信に新たな試練が訪れる 秦の宰相として歴史に名を刻んだ名宰相・范雎(はんしょ)【丞相編】 【優劣対決】戦国武将小早川秀秋 VS 蜀の二代目皇帝劉禅一体どちらが優れていたのか。PART3 封神演義(ほうしんえんぎ)って何?殷末の武将たちの戦いをもとに書かれた小説 「キングダム」に学ぶ成功哲学!先んずれば人を制すって何? 人材大好きの曹操が欲しがるほどに惚れた敵将は誰?

おすすめ記事

  1. 116話:劉備、失意の中白帝城に没す!
  2. 許褚はどんな顔をしていたの?三国志のそもそも論
  3. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第2部
  4. 徐宣(じょせん)とはどんな人?魏の三代に仕えて歴代の君主に褒められた忠義心の塊
  5. 決して褒められぬ悪の華!三国志に登場する暗殺者6選
  6. 三国志 Three Kingdomsのここがすごい!スリーキングダムズを楽しむ3つのポイント
  7. 公孫康(こうそんこう)とはどんな人?虚を捨て、実を取り遼東に安寧をもたらした男【遼東三代記】
  8. はじめての三国志チャンネル 第1回目 – 三国志カレンダー 【004】

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP