編集長日記
HMR

はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【三国志群雄列伝】3分でわかる:三国志の群雄達の名言

この記事の所要時間: 311




曹操 詩

 

三国志には多くの群雄達が出現し、数々の名言を残しております。

今回はその中から曹操や劉備、孫権以外の群雄達の名言を厳選し、

忙しい人達がすぐに三国志の世界に触れられるように3分で分かる

三国志の英雄達の名言を集めてご紹介します。




名家の出身袁術の最後の名言「名門袁家出身の袁術がここまで落ちぶれるとは」

朝まで三国志 袁術

 

袁術(えんじゅつ)は名門袁家出身の武将です。

彼はその名門出身の名声を利用して、

黄巾の乱以降、乱れた中華国内で屈指の強さを誇る群雄でした。

そんな彼は孫策から皇帝の証である玉璽(ぎょくじ)を手に入れると

皇帝として新たな国家を設立します。

しかしこの新しい国を作った事に諸侯が反発し、

袁術の勢力は周りから攻撃を受ける事になります。

その結果今まで大勢力を誇っていた袁術ですが、

各地の諸侯からの攻撃によって勢力は一気に衰弱。

最終的には妾の子として批判していた袁紹の元へ身を寄せようとします。

彼は袁紹の元へ向かう途中、彼は部下に匿ってもらおうとしますが、裏切られてしまいます。

袁術が袁紹の元へ向かう時はひどく暑い時期で、

彼は途中付き従っていた部下に「はちみつなめたいんだけどある」と聞きます。

すると部下は「そんな物はありません」と答えます。

袁術は落胆し「名門袁家出身のこの袁術がここまで落ちぶれてしまうとは」と

大声で怒鳴り、その後吐血して亡くなってしまいます。

名門の出身であったが、落ちぶれると部下からも見放され、

かわいそうな最期を表した名言です。

 

関連記事:【袁術のちょっとイイ話】袁術(えんじゅつ)と蜜柑のお話

関連記事:袁術が評価される日も近い?スーパー袁術の凄い所7連発!!

関連記事:呉書を斬る!袁術に帝位を勧めたのは魯粛だった!?




意外とバカではなかった事が分かる呂布の名言

袁術 呂布

 

呂布(りょふ)は何回も主を殺してはその都度裏切っている人物です。

また彼は武勇のみに秀でて頭はよくないと思っている方も多いと思います。

しかし実は呂布頭が良かったのではないかと思わせる言葉を残しています。

この言葉を言ったときは呂布が早々に捕らえられた時の話です。

呂布は曹操に捕らえられると、曹操へ「昔斉の桓公は管仲(かんちゅう)が自らに矢を放った罪を許して、

用いた事で天下の覇者となることができました。もしここで私を許して用いれば、

天下に覇を唱える事が簡単にできるでしょう」と説得しています。

この言葉は「献帝春秋(けんていしゅんじゅう)」という書物に乗っているのですが、

もしこの言葉が事実であれば呂布は古典を知っている事になり、

バカではなかったという証左になるのではないでしょうか。

 

関連記事:呂布だけじゃない!こんなにいる董卓の優秀な側近4選

関連記事:【三国志の素朴な疑問】呂布は何歳だったの?

関連記事:【架空戦記】時空を超えた最強対決!人中の鬼人・呂布VS楚の覇王・項羽

 

文学をこよなく愛した曹丕の名言

曹丕

 

曹丕(そうひ)は三国志の中で父曹操に似て悪いイメージを持っている方が多いと思いますが、

悪い事ばかりしている人ではありません。

実は彼、中国で初めて文学を評価した人なんです。

彼は様々な詩を評価した「典論」と言われる書物を編纂した人物で、

「典論」に書かれている「論文」と言われる直筆の文芸評論があります。

この中で彼は「文章は経国の大業にして、不朽盛事なり」と名言を書き連ねております。

この名言の意味は詩文がつくれられて、文学が栄えることで、

国家の基盤となる政治と社会の平和が訪れるという意味です。

 

関連記事:意外!実は剣術家だった曹丕の自叙伝が凄い

関連記事:【火鼠の皮衣】曹丕、とんだ赤っ恥!燃えない布などあり得ない(キリッ!

関連記事:魏の初代皇帝・曹丕はいったいどんな仕事をしていたの?

 

三国志ライター黒田廉の独り言

黒田廉

 

今回は三国志の群雄達の逸話と名言を紹介しました。

このような逸話を知っている事で、

より三国志を深く知る事ができるのではないでしょうか。

最後におまけで曹植が兄と違った考えを持っていた事を表すエピソードをご紹介します。

曹丕は文学を大事にすることによって国が安定すると考えておりましたが、

弟の曹植は曹丕と違った考えを持っており、

ある時曹植は曹丕に「兄上。男に生まれたからには、やっぱり政治にかかわるか、

武功をあげないとだめだよね。」と述べております。

意外にも曹植は文学好きであるにも関わらず、兄曹丕と違った考えを

持っておりました。

「今回の三国志のお話はこれでおしまいにゃ。

次回もまたはじさんでお会いしましょう。

それじゃあまたにゃ~」

 

関連記事:さよなら2015年!年忘れだよ♪三国武将の名言・珍言語録

関連記事:群雄の名言から知る三国志の世界【小覇王孫策の名言】

関連記事:【諸葛亮孔明の心に残る名言】「好尚同じからずと雖も公義をもって相取る」

 




よく読まれている記事

曹操01

 

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

kawauso 投壺

 

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

 

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:黒田廉(くろだれん)

 

黒田廉

■自己紹介:

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

■歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

■何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 【素朴な疑問】三国志の時代にも居酒屋ってあったの?
  2. 本当に病弱?実は健康に自信があった孔明、寿命を縮めた大誤算とは?…
  3. 【ビジネス三国志】孟獲から学べ!相手の心を掴むビビッドなキャッチ…
  4. 羌・鮮卑・烏桓だけではない!南の異民族を徹底紹介
  5. 十面埋伏の計とはどんな作戦?倉亭の戦いで程昱が発案した最強の伏兵…
  6. 【曹操の人心掌握術】身内よりも部下を優先せよ
  7. 魏の諸葛誕が反乱に失敗した原因ってなに?
  8. 【キングダム ネタバレ注意】史上最悪の宦官 趙高(ちょうこう)誕…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. まるで現在の政治批判、商鞅の改革論がヤバすぎる
  2. 長宗我部元親「四国の蝙蝠(こうもり)」の四国統一戦を分かりやすく紹介!
  3. 鄭渾(ていこん)とはどんな人?民衆の利益を第一に考えた魏の行政官
  4. 【ネオ三国志】第8話:新たな人材と張繡軍との再戦【蒼天航路】
  5. 漢帝国樹立に尽くした名軍師・張良は仙人になるために◯◯を取り入れていた!
  6. 【諸葛亮の心に残る名言】強弩の末、勢い魯縞をも穿つあたわず

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

白眼視の元になった竹林の七賢の阮籍、三国時代の故事成語 三国時代にも「ザ・たっち」は存在した?後漢時代に存在した双子についての記録が凄い! 袁術祭り開催日程のお知らせ 【衝撃の事実】死せる孔明、生ける仲達を走らせるは司馬懿の芝居だった!?英雄の波瀾万丈な人生に迫る! 【シミルボン】孔明も騙した?蜀に似合わないテキトー人間 何祇の人生 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース27記事【2/13〜2/19】 郭嘉(かくか)ってどんな人?|曹操が最も愛した人物 【三国志界の絶対王者】袁術の『陽人の戦い』は頑張らなくても成果がついてくる。その理由とは?

おすすめ記事

  1. 三国志の英雄で上司にするなら誰にしたい!?
  2. 海音寺潮五郎の小説『孫子』ってどんな作品なの?【はじめての孫子 番外編】
  3. 【九州三国志】『三國志』は中国だけじゃない!日本の三国志事情 Part.1
  4. 【すこやか三国志】やばい!乗馬をやめてデブった董卓と劉備
  5. 司馬懿討伐をもくろんだ王陵の反乱はなぜ失敗に終わったの?
  6. スーパーマンも驚き!三国志時代の仙人はびゅんびゅん空を飛んでいた!【古代中国の仙人事情】
  7. 三国志の徐州争奪戦が何だかややこしい!仁義なき徐州争奪戦を分かりやすく解説
  8. 公孫度(こうそんたく)とはどんな人?幸運に恵まれ、遼東の王になった男【遼東三代記】

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP